« 2012年9月24日 | トップページ | 2012年9月26日 »

2012年9月25日

2012年9月25日 (火)

千葉県警が新指針「旅行は日帰りに」 (25日)

去年発生した長崎県のストーカー殺人事件で、警察の対応に重大な問題があったことを受け、千葉県警は組織運営のための新たなガイドラインを公表しました。
 ガイドラインでは、習志野警察署の署員が被害届の受理を先延ばしにして、北海道に2泊3日の旅行をしていたことを踏まえ、「旅行は日帰りにする」、「スポーツ、食事会なども前後の勤務日に影響を及ぼさないようにする」などと明記されています。

Logo1_5 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5140555.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

シティカード顧客情報売却容疑、3人逮捕 (25日)

去年8月、シティカードジャパンの顧客情報が流出した問題で、警視庁はおよそ6万5000人分の顧客情報を不正にコピーし、第3者に売り渡したとして、シティカードジャパンと委託契約を結んでいた会社の元社長、菊地浩介容疑者(38)ら3人を逮捕しました。
 警視庁によりますと、菊地容疑者らは顧客情報のべ21万人分が入ったハードディスクを通信業務仲介会社社長(31)に売り、その後、この会社社長が名簿屋に販売したということで、警視庁は、会社社長も近く書類送検する方針です。取調べに対し、菊地容疑者は一部容疑を否認しています。

Logo1_4 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5140559.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

改造バイクで集団暴走行為を繰り返していたグループ摘発(25日)

改造したバイクで集団暴走行為を繰り返していたグループが、首都高速で危険運転をした疑いで摘発された。
道交法違反などの疑いで逮捕された建築会社社長・川島和樹容疑者(27)ら2人は、2012年2月、およそ80人で首都高速のおよそ4kmにわたり、暴走行為を繰り返し、危険運転をした疑いが持たれていて、2人のほかに10~40代の男女28人が書類送検されている。
川島容疑者らは、「ミクシィ」などで仲間を募り、毎週金曜日の夜に集団暴走行為を繰り返していて、「反省している」と供述しているという。

Logo4_4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00232229.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

高級外車も…生活保護144世帯に車153台(25日)

さいたま市は24日の市議会保健福祉委員会で、車の保有が認められていない生活保護受給144世帯で、153台が保有されていたことを明らかにした。
 市の処分指導にもかかわらず、4年以上も高級外車を保有していた例もあった。
 市保護課によると、厚生労働省通知などで、障害がある場合などを除き、生活保護世帯の車の保有は制限されている。市内では2011年度末時点で、障害者の通院などに31台の保有が認められていたが、153台は認められておらず、うち10台は就労収入で購入するなど、生活保護費の受給開始後に保有していた。
 市は売却や廃車などの処分指導を継続しているが、69台は1年以上も保有されたままだった。悪質な場合は保護の廃止処分なども検討するという。
 ただ、大半は実質的に使用されず、資産価値も低下しているとみられ、同課は「処分費用に困っている事例もある」とみている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25、26日単位・レベル)
制服警察官によるパトロール
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120917155231

 警視庁が実施した「犯罪の起きにくい社会づくり」への取り組みについてのアンケートのなかで、積極的に推進してほしい取り組みは何かを問う設問で最も多かったのは「制服警察官によるパトロール活動」で73.7%だった。
 以下「防犯カメラの設置・運用」が65.0%。「少年がルールやマナーを身に付けるための取り組み」が62.2%。「自転車利用時や喫煙時のルールやマナーを改善するための取り組み」が51.8%。「地域住民による防犯ボランティア活動の活性化」が43.9%と続いた。
 その他では「万引きなど軽い気持ちで手を染めてしまう犯罪抑止への取り組み」や落書き消去など街の環境浄化活動などが挙げられた。
 やはり都民は制服警察官の姿を見せることに安心感を持っており、自転車によるパトロール活動の推進を提言したい。
 また防犯カメラの設置を望む声が多いが、そのカメラについてどんなイメージを持っているかを尋ねたところ94%の人が「事件が起きた際に犯人が捕まりやすくなる」と回答した。このほか「犯罪の発生を抑止する効果がある」が87.5%で、「監視されている気がする」31.3%、「プライバシーが侵害される」が17.0%と低いが、一方で「データの管理をしっかりしてほしい」とする声が75.5%あった。
 やはり都民の多くは犯罪をいかに無くするかを真剣に考えていると言うか切実な願いなのかもしれないと思わせる回答だった。

2006_0810_004208nisho 25日午前3時前、東京・足立区の「すき家」に客を装った男が押し入り、「マネー、マネー、プリーズ」と包丁のようなものを男性店員に突きつけてレジから現金およそ2万7000円を奪って逃走する強盗事件があった。身長175センチくらいでマスク姿、黒色ニット帽をかぶり、灰色ジャンパーに紺色のジーパンを着ていたという。
  それでも首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

オレンジ色のバンダナ男、10万円奪う(25日)

茨城県笠間市でオレンジ色のバンダナを頭にかぶった男がコンビニに押し入り、現金10万円を奪って逃げました。
 25日午前4時15分ごろ、笠間市のコンビニエンスストアに刃物を持った男が押し入り、「金を出せ」と男性店員を脅したうえ、売り上げ金などおよそ10万円を奪って車で逃走しました。店員にけがはありませんでした。
 警察によりますと、逃げた男は年齢40歳から50歳ぐらい、身長165センチから175センチぐらいのがっちりとした体型で、白いジャージの上下にオレンジ色のバンダナを頭にかぶっていたということです。

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5140237.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

国際手配の元組員射殺事件 タイで同行の男、近く日本に帰国へ(25日)

東京・港区で2006年、男性殺害容疑で国際手配されていた元暴力団組員が逃亡先のタイで射殺された事件で、タイで元組員に同行していた男が、近く国外退去処分を受け、日本に帰国することがわかった。
この事件は、2006年3月、港区北青山の路上で、男性を殺害した疑いで国際手配されていた元山口組系組員の近藤 毅容疑者が、2011年4月、逃亡先のタイで射殺されたもの。
警視庁などによると、タイで近藤容疑者と同行していた61歳の日本人の男が、不法滞在などで、タイ当局から近く国外退去処分を受け、帰国する見通しであることがわかった。
警視庁は、男が一連の事件に関連した情報を知っている可能性があるとみて、帰国後に男から話を聴く方針。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

浮気の慰謝料と200万円詐取…大学名簿悪用か(25日)

奈良県警は24日、同県大和高田市の無職の女性(63)が息子を名乗る男に200万円をだまし取られたと発表した。
 県警によると、13日午後9時30分頃、女性方に大阪府に住む会社員の長男(36)を名乗る男から「妻に浮気がばれ、携帯電話を取り上げられた。会社の携帯からかけている」と電話があった。
 翌14日午前10時15分頃、「浮気相手の夫から慰謝料を請求された。現金自動預け払い機(ATM)から振り込んで」と指示されたため、女性は同日午後0時55分頃、市内の銀行のATMから100万円を振り込んだ。その後も男から要求があり、同2時20分頃、さらに同額を振り込んだという。
 19日にあった電話を聞いた女性の夫が不審に思い、長男の勤務先に問い合わせて発覚した。長男は甲南大の卒業生で、8月以降、同大学卒業生の実家に同様の電話が県内で1件、兵庫県内で8件確認されていることから、県警は、卒業者名簿が悪用されているとみて注意を呼びかけている

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・足立区のすき家に刃物強盗 (25日)

牛丼チェーン「すき家」に刃物強盗です。
 警視庁によりますと、午前3時前、東京・足立区の「すき家 足立一ッ家店」に客を装った男が押し入り、「マネー、マネー、プリーズ」と包丁のようなものを男性店員(23)に突きつけてレジから現金およそ2万7000円を奪って逃げました。店内には当時客はおらず、店員にもけがはありませんでした。
 男は身長175センチくらいでマスク姿、黒色ニット帽をかぶり、灰色ジャンパーに紺色のジーパンを着ていたということです。Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5140346.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

台湾側全船、領海外へ…海保船と放水しあった後(25日)読売・写真あり

201209255361681n1

25日午前7時40分頃、沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島沖の領海内に、約40隻の台湾漁船が相次いで侵入した。
 日本の海上保安庁に相当する台湾海岸巡防署の巡視船8隻も同行しており、海上保安庁の巡視船艇が、日本の領海から出るよう無線などで警告した。周辺海域では、計約50隻の台湾の漁船、巡視船と海保巡視船艇が入り乱れ、双方の巡視船が放水しあう事態となったが、約4時間後、台湾側の全船が領海の外に出た。
 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、25日午前6時頃、魚釣島沖の接続水域(領海の外側約22キロ)内で、漁船40~50隻と台湾の巡視船約10隻を海保巡視船が確認。船団は直径約13キロのエリアに広がって魚釣島方向に航行し続け、このうち漁船約40隻と巡視船8隻が同7時40分頃~同8時45分頃に領海内に侵入した。
 11管は巡視船のほか、小回りの利く小型の巡視艇なども投入し、約30隻規模で対応。巡視船で台湾漁船団を包囲し、巡視艇が進路をふさぎながら放水などを行って、同諸島に近づかないよう警告を続けた。これに対し、台湾巡視船は無線などで「ここは台湾の海域で、正当な業務を行っている。直ちに退去してください」などと応答したという。漁船は領海内で操業する様子はなく、「釣魚台(尖閣諸島の台湾名)は台湾のものだ」といった趣旨の中国語が記されたのぼりなどを掲げ、魚釣島に向かって進んでいたが、同島手前で反転。午前11時45分頃までに巡視船を含むすべての台湾船が日本の領海外に出た。その後は台湾方面に向かっているという。
 一方、中国の監視船も尖閣諸島の周辺海域で活動を続けており、25日午前9時現在、海洋監視船「海監」4隻と漁業監視船「漁政」2隻の計6隻が久場島北側の接続水域内を航行。このほか漁政4隻が周辺海域を航行しているという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

教諭2人相次ぎ逮捕、わいせつ行為か (25日)

東京の有名私立中高の教諭を相次いで逮捕です。早稲田高校と青山学院中等部の男性教諭2人がいずれも10代の少女にわいせつな行為をした疑いで相次いで警視庁に逮捕されていたことがわかりました。
 逮捕されたのは、早稲田高等学校の37歳の男性教諭と青山学院中等部の33歳の男性教諭です。このうち早稲田高校の教諭は今年4月、東京・文京区の自宅マンションで18歳未満と知りながら17歳の少女とみだらな行為をした青少年育成条例違反の疑いがもたれています。教諭は容疑を認めているということです。
 一方、東京都の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された青山学院中等部の教諭は今年7月、東京・世田谷区の路上で帰宅途中の女子高校生のあとをつけ後ろから尻を触ったうえ、胸の間に1万円札を入れてさらに胸を触った疑いが持たれています。この教諭は容疑を認めているということです。2人の教諭はいずれも送検後釈放されています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5140223.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバンク下取りキャンペーンに警視庁が中止求める(25日)

ソフトバンクモバイルの下取りキャンペーンについて、警視庁が古物営業法違反にあたるとして、中止を求めていたことがわかった。
警視庁が中止を求める指導をしたのは、ソフトバンクモバイルの旧型「iPhone」などが対象の「スマホ下取りプログラム」。
警視庁によると、機種ごとに価格をつけて買い取り、「iPhone 5」の利用料金から割り引くサービスは、古物営業にあたるとして、古物営業の許可を持たないソフトバンクモバイルに対し、サービスの中止を求める指導をしたという。
警視庁の指導を受け、ソフトバンクモバイルは、中古の「iPhone」などの下取り方法を変更した。
25日から店頭での回収をやめ、代わりに顧客に封筒を渡して、古物商の許可を受けているグループ会社のソフトバンクテレコムに発送してもらうという。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00232209.htmlLogo4_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

台湾漁船が領海侵入 中国語で「防衛を誓う」(25日)

尖閣諸島(沖縄県)周辺の日本の接続水域で25日午前、台湾漁船約50隻が、台湾の海岸巡防署の巡視船10隻とともに航行しているのが確認された。第11管区海上保安本部(那覇市)によると、午前7時40分から漁船数十隻と、巡視船6隻が領海に侵入した。尖閣国有化後、台湾船団による抗議活動や領海侵入は初めて。
 11管によると、25日午前6時ごろ、尖閣諸島・西南西の日本の接続水域周辺で約50隻の台湾漁船を巡視船が確認。「魚釣島の防衛を誓う」などとする横断幕を掲げているという。
 台湾巡視船10隻も周辺を航行し、領海に入らないように警告する海上保安庁の巡視船に対し、「ここはわれわれの領海で正当な業務だ」などと中国語で応答したという。
 台湾巡視船「和星101」など計6隻と台湾漁船数十隻は25日午前7時40分から同8時ごろにかけ、魚釣島西南西22キロの領海内に次々と侵入。11管の巡視船が電光掲示板などを使い、領海外に退去するように求めている。
 一方、尖閣周辺海域に展開を続ける中国公船は25日午前も、中国国家海洋局所属の海洋監視船「海監」4隻と農業省漁業局所属の漁業監視船「漁政」6隻の計10隻がとどまり続け、日本の接続水域への出入りを繰り返している。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120925/crm12092509200004-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

京浜急行 土砂に乗り上げ脱線10人重軽傷(25日)

25日午前0時ごろ、神奈川県横須賀市の京浜急行で、崩れた土砂に下りの特急電車が突っ込み、先頭の車両など合わせて4両が脱線しました。
この事故で乗客と運転士、あわせて10人が重軽傷を負い、警察や国の運輸安全委員会が事故の原因を調べています。

25日午前0時ごろ、横須賀市追浜町の京浜急行の追浜駅と京急田浦駅の間で、線路脇の崖が崩れて流れ込んだ土砂に、8両編成の下りの特急電車が突っ込みました。
この事故で、電車の1両目から3両目と、5両目の合わせて4両が脱線して一部が土砂に乗り上げ、先頭車両に乗っていた男性2人が腕や腰の骨を折るなどの大けがをしたほか、乗客7人と運転士の合わせて8人が軽いけがをしました。
当時、電車には乗客およそ700人が乗っていて、ほかの乗客は全員が電車を降りて近くの京急田浦駅に歩いて向かいました。
警察によりますと、電車の運転士は当時の状況について、「土砂が見えてブレーキをかけたが間に合わず、倒木などを引きずりながら乗り上げた」と話しているということです。
現場は京急田浦駅から追浜駅よりに600メートル近く離れた場所で、横須賀市付近ではレーダーによる解析で、24日午後11時までの1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったと見られ、気象庁が記録的短時間大雨情報を出して警戒を呼びかけていました。
警察は国の運輸安全委員会とともに関係者から事情を聞くなどして、事故の原因を調べています。
脱線事故の影響で、京浜急行線は、25日朝の始発から横浜市の金沢八景駅と横須賀市の堀ノ内駅の間で、上下線とも運転を見合わせています。
これ以外の区間では、始発から折り返し運転を行っています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120925/t10015258151000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

尖閣諸島付近の海域を中国監視船11隻が航行 台湾漁船も接近中(25日)

沖縄県の尖閣諸島付近の海域では、25日朝も中国の監視船11隻が確認されているが、午前4時半時点で接続水域を航行している船はない。
一方、台湾漁船70数隻が接近していることから、海上保安庁が警戒にあたっている。
24日、尖閣諸島周辺の海域では、中国の監視船あわせて4隻が一時日本の領海内に入った。
海上保安庁が外に出るよう警告したところ、このうち1隻から「ここは中国の領海である」などの回答があったという。
尖閣諸島付近では、25日午前4時半の時点で、中国の監視船11隻が確認されているが、接続水域を航行している船はない。
一方、台湾の漁船70数隻が接近しており、海上保安庁が監視・警戒を続けている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00232193.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

中1女子、鼻を骨折…上級生少女ら5人が暴行(25日)

和歌山県紀の川市で3月、当時、市立中学1年の女子生徒(14)が上級生の少女から暴行を受け、鼻の骨を折る重傷を負っていたことがわかった。
 周囲で暴行の様子を動画で撮影した少女もいたといい、女子生徒の母親と弁護士は24日、記者会見を開き、「暴力や嫌がらせによるいじめの被害に遭っていた」と訴えた。
 弁護士によると、女子生徒は3月1日の放課後、上級生から、態度が生意気などとして呼び出され、近くの駐車場で殴られた。別の4人の少女が取り囲んではやし立て、携帯電話で動画撮影したという。
 女子生徒は同日、同県警に被害届を提出。上級生ら4人は7月末、傷害の非行事実で和歌山家裁に送致され、14歳未満の1人は児童相談所に通告された。(

2012年9月24日22時21分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

79歳女性、架空請求で2千万円超だまし取られる(25日)

東京都江戸川区の女性(79)が、架空の商品売買などの名目で現金計2306万円をだまし取られていたことが24日、警視庁小松川署への取材で分かった。同署は詐欺容疑で捜査している。
 同署によると、今年6月~7月、女性方に複数の男から「あなたの個人情報がある企業に漏れ、商品の売買にあなたの名義が使われた」「名義を使った人間は逮捕された。このままだとあなたも警察に逮捕される。すぐにお金を用意してください」などと数回にわたり電話があった。
 女性は電話の男らに指示され、静岡県や福岡県などの民家あてに現金計2306万円を宅配便で送ったが、その後に連絡がとれなくなったという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川・三浦市で男女刺傷で2人死亡 近隣トラブルか(25日)

24日午後4時半ごろ、神奈川県三浦市南下浦町松輪の民家で、訪問介護に来た女性から「人が刺されている」と110番通報があった。県警三崎署員が駆け付けたところ、男女3人が家の中や近くの民家の敷地内で血を流して倒れているのを見つけた。3人は病院に運ばれたが、80代の女性と60代の男性が間もなく死亡、50代の男が重傷となった。
 同署などによると、死亡した男性が搬送時に「現場にいた別の男性に刺された」と話していたという。同署は近所同士の3人の間に何らかのトラブルがあり、重傷の男がほかの男女2人を刺し、その後に自殺を図った可能性もあるとみて、殺人事件として詳しい状況を調べている。
 女性が倒れていたのは一戸建ての市営住宅の屋内。また、死亡した男性はこの家の近くの敷地内で、重傷の男は女性宅の隣の家の敷地内で、それぞれ倒れているのが発見されたという。現場付近からは凶器とみられる血の付いた刃物も見つかった。
 現場は三浦市の中心市街地から約4キロ離れた三浦半島の農村地帯。県道215号沿いで、江奈湾に面した海岸近く。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120925/crm12092500400000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

サトイモ、国産と偽装疑い 3人逮捕、約440トン販売か(25日)

中国産のサトイモを千葉県産と偽って販売したとして、千葉県警は24日、詐欺と不正競争防止法違反の疑いで、同県八街市の農産物販売会社「味来」社長、岡本順一容疑者(61)ら3人を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年11月から今年3月にかけ、中国産と県産のサトイモを混ぜて産地を偽り、千葉県の卸4社に約280トンを計約4千万円で販売した疑い。
 千葉県警によると、栃木、茨城、埼玉、静岡の卸5社にも約440トンを計約7千万円で売った疑いがあり、裏付けを進めている。3人は容疑を否認している。
 サトイモの一部は、千葉県の契約農家が栽培していたが、大半は国内の輸入代理店から仕入れた中国産だった。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120924/crm12092422170035-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

17年間の警視庁“オウム捜査終結宣言”に 被害者「解決したとは思わない」(25日)

「国民の皆さんからいろいろな情報をいただいたことに感謝しています」。警視庁捜査1課の龍一文課長は、目黒公証役場事務長監禁致死事件で本格化した17年間にわたる警視庁のオウム事件捜査を、こんな言葉で締めくくった。
 3人の特別手配容疑者を除いて終結していた捜査は昨年12月31日、平田信被告(47)が警視庁に出頭したことで、再び大きく動き出した。警察当局は、平田被告の防犯カメラ映像を積極的に公開。残る菊地直子(40)、高橋克也の両被告に対する懸賞金は1千万円に倍増された。
 その結果、市民からの情報提供は急増し、菊地、高橋両被告も逮捕された。一方で、死者13人、負傷者6千人超を出した地下鉄サリン事件では、菊地被告の役割を解明できず、起訴も見送られた。捜査関係者は「17年間という長い年月が当時の関係者の記憶を薄れさせ、捜査を難しくした」と振り返る。警視庁公安部がオウムの犯行とみていた警察庁長官銃撃事件(22年3月に公訴時効)についても、3人から新たな事実を得ることはできなかった。
 捜査は終結したが、教団はいまだに存続し、被害者への賠償も十分に行われないまま。教団主流派「アレフ」と分派した「ひかりの輪」に対して公安調査庁が観察処分を継続するなど、公安当局は今後も警戒を続ける方針だ。
 VX事件の被害者で「オウム真理教家族の会」会長、永岡弘行さん(74)は「麻原彰晃死刑囚を信じている人々がいる限り、事件が解決したとは思わない」と話した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120924/crm12092423300036-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月24日 | トップページ | 2012年9月26日 »