« 帝国ホテル駐車場から車転落 警視庁(27日) | トップページ | 同級生を立件の方向 大津中2自殺、暴行容疑軸に(27日) »

2012年8月27日 (月)

最大級台風が直撃、6万1千世帯停電…空港閉鎖(27日)

大型で非常に強い台風15号は26日、沖縄本島や鹿児島県・奄美大島などを風速25メートル以上の暴風域に巻き込みながら、那覇市の東の海上を北上、日本を襲った台風としては過去最大級の勢力に発達し、同日午後9時前に沖縄本島を通過した。
 沖縄、鹿児島両県で停電が計6万1000世帯に上り、那覇空港(那覇市)では全便が欠航した。台風は依然として強い勢力を保っており、気象庁は、27日も引き続き暴風や大雨への警戒を呼びかけている。
 沖縄気象台の発表では、27日午前0時現在、那覇市の北約80キロの海上を時速20キロで西北西に進んでいる。中心気圧は930ヘクト・パスカルで、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。26日午後には鹿児島県・沖永良部島で最大瞬間風速42・7メートル、沖縄県名護市で同38・1メートルを観測した。
 同気象台によると、同日午後8時時点は910ヘクト・パスカル。沖縄県を通過した台風で中心気圧が最も低かったのは、1959年の台風14号(908・1ヘクト・パスカル)で、それに匹敵する勢力だった。気象庁によると、本土に上陸した台風で中心気圧が最も低かったのは、61年の台風18号で925ヘクト・パスカル。
 沖縄県では、宜野湾市の男性(78)が転倒して頭をけがするなど4人が軽傷。鹿児島県徳之島町では木造平屋の空き家1棟が倒壊した。同県では与論町の全域(2450世帯5480人)と徳之島町亀津地区の一部(170世帯)に避難勧告が発令され、両県で900人以上が避難した。
 那覇空港では、午後3時に空港ターミナルビルも閉鎖。本島と離島を結ぶ航路もすべて欠航した。
 気象庁によると、台風15号は27日にかけ、強い勢力を保ったまま東シナ海を北上する。同日午後6時までの24時間雨量は、多いところで沖縄県で400ミリ、奄美地方で250ミリを予想している。

« 帝国ホテル駐車場から車転落 警視庁(27日) | トップページ | 同級生を立件の方向 大津中2自殺、暴行容疑軸に(27日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/55516831

この記事へのトラックバック一覧です: 最大級台風が直撃、6万1千世帯停電…空港閉鎖(27日):

« 帝国ホテル駐車場から車転落 警視庁(27日) | トップページ | 同級生を立件の方向 大津中2自殺、暴行容疑軸に(27日) »