« 丹羽大使襲撃 日本人学校は警戒強化(29日) | トップページ | 振り込め詐欺 加害者の後悔 被害の涙 電話で見えず(29日) »

2012年8月29日 (水)

DVで避難したのに…女性の情報、夫に誤送付(29日)

神戸市内の二つの区役所が、夫から家庭内暴力(DV)の被害を受け、民間の一時避難所に入所している女性2人の居住地が分かる書類を、それぞれの夫に誤って送付していたことが28日、わかった。
 市こども家庭支援課によると、区役所の職員が5月2日、夫からの暴言に苦しんで避難していた30歳代の女性宛ての入所決定通知を、夫が住む旧住所に誤って郵送。別の区役所でも同30日、40歳代の女性に宛てて乳幼児医療費補助の書類を送る際、職員が封筒の表書きに旧住所を間違えて書き、夫の住まいに発送した。いずれも夫が女性側に接触を図ろうとして発覚した。
 本多章浩課長は「職員の単純ミスが原因で申し訳ない。書類を送る際は、複数の職員による確認を徹底したい」と話している。

« 丹羽大使襲撃 日本人学校は警戒強化(29日) | トップページ | 振り込め詐欺 加害者の後悔 被害の涙 電話で見えず(29日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVで避難したのに…女性の情報、夫に誤送付(29日):

« 丹羽大使襲撃 日本人学校は警戒強化(29日) | トップページ | 振り込め詐欺 加害者の後悔 被害の涙 電話で見えず(29日) »