« 邦人の男、事件に関与か マカオの日本人女性殺害(1日) | トップページ | 盗難:大阪地下鉄の駅から売上金189万円なくなる(1日) »

2012年8月 1日 (水)

東電OL殺害、再審確定へ…特別抗告断念の方針(1日)

東京電力女性社員殺害事件で無期懲役となったネパール国籍のゴビンダ・プラサド・マイナリ元被告(45)の再審請求審で、再審開始決定に対する異議を棄却した東京高裁の31日の決定について、検察当局は最高裁への特別抗告を断念する方針を固めた。
 近く正式表明する。再審開始が確定し、同高裁で年内にも再審公判が開かれる見通し。
 特別抗告は、高裁の判断に憲法違反や判例違反がある時にだけ認められる。検察側は、再審開始決定について「新証拠と直接関係ない公判段階の証拠(旧証拠)まで再評価したのは判例の趣旨に反する」と主張していたが、この日の決定で退けられ、特別抗告しても認められる可能性は低いと判断した。
 再審公判は、再審開始決定を出した裁判部が担当し、ネパールに帰国した元被告が不在でも進められる。〈異議棄却要旨13面、関連記事3・38面〉(

2012年8月1日05時20分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

« 邦人の男、事件に関与か マカオの日本人女性殺害(1日) | トップページ | 盗難:大阪地下鉄の駅から売上金189万円なくなる(1日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東電OL殺害、再審確定へ…特別抗告断念の方針(1日):

« 邦人の男、事件に関与か マカオの日本人女性殺害(1日) | トップページ | 盗難:大阪地下鉄の駅から売上金189万円なくなる(1日) »