« 1億5千万円盗まれる 熊本の女性会社役員宅(15日) | トップページ | 46歳男性ホテルに誘い、財布盗んだ17歳少女(15日) »

2012年8月15日 (水)

教育長襲撃の大学生「殺してやろうと思った」(15日)

15日午前7時50分頃、大津市御陵町の同市役所別館2階の教育長室で、出勤してきた沢村憲次・市教育長(65)が、男に鉄製のハンマー(柄の長さ30センチ)で頭を殴られ、右目の上を切る軽傷を負った。騒ぎを聞きつけた市教委の男性職員(28)がその場で男を取り押さえ、駆け付けた大津署員が殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。
 発表では、自称、さいたま市に住む男子大学生(19)で、調べに対し、「いじめについて教育長が真実を隠していると思い、許せなかった。殺してやろうと思った」と供述。2週間前にさいたま市の自宅を出発し、ホテル暮らしや野宿をしながら大津市に来た、と話しているという。
 大学生はハンマーのほか、針金(長さ約50センチ)の両端に木片を取り付けて握れるようにした自作の道具も所持。首を絞めるためのものとみられる。大津署は動機を詳しく調べている。
 大津市では昨年10月、いじめを受けていた市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺した問題があり、沢村教育長は対応にあたってきた。この中学で実施された全校生徒アンケートでは「(男子生徒が)自殺の練習をさせられていた」との回答があったのに、市教委が公表していなかったことが今年7月に発覚。
 沢村教育長は当初、「いじめと自殺の因果関係はわからない」と発言して批判された。その後、越直美市長が「いじめがあったから自殺したと思う」と述べた後、沢村教育長は「自殺の要因の一つにいじめがあると思う」と発言を変えていた。

« 1億5千万円盗まれる 熊本の女性会社役員宅(15日) | トップページ | 46歳男性ホテルに誘い、財布盗んだ17歳少女(15日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育長襲撃の大学生「殺してやろうと思った」(15日):

« 1億5千万円盗まれる 熊本の女性会社役員宅(15日) | トップページ | 46歳男性ホテルに誘い、財布盗んだ17歳少女(15日) »