« 2012年8月28日 | トップページ | 2012年8月30日 »

2012年8月29日

2012年8月29日 (水)

副議長らを逮捕、副議長選で贈収賄 三重・伊賀市議会(29日)

三重県警捜査2課と伊賀署は29日、伊賀市議会の副議長選挙をめぐり金銭授受があったとして、贈賄容疑で副議長の奥邦雄容疑者(71)を、受託収賄容疑で市議の坂井悟容疑者(59)を逮捕した。奥、坂井両容疑者は同日、議員の辞職願を提出した。
 逮捕容疑は、平成22年10月上旬ごろ、奥容疑者が副議長選に当選するため、他の市議へ投票の働きかけを依頼した見返りに伊賀市内で現金数十万円を坂井容疑者に贈った疑い。
 副議長選は23年4月に行われ、奥容疑者は10票を集めたが落選。今年4月の副議長選に再び立候補し当選した。副議長と市議はいずれも3期目。
 議会関係者によると、贈った現金は80万円で、坂井容疑者は23年の選挙の約1週間後に奥容疑者に返したという。
 奥容疑者は19年4月の副議長選をめぐり、複数の議員にコロッケなどを配ったとして、市議会政治倫理審査会に問われ、「議会を混乱させた」として文書注意の処分を受けている。この影響で選挙は1カ月延期されたが、立候補はしなかった。
 捜査関係者によると、24年に副議長になるまで、議長や副議長経験がなかった奥容疑者が、議長経験があり議会内で発言力を持つ坂井容疑者に多数派工作を依頼したとみられる。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

出産直後に乳児殺害 約5年前、風俗店従業員の母親逮捕(29日)

出産直後の女児を浴槽に沈めて殺害したなどとして、大阪府警は29日、殺人と死体遺棄容疑で、大阪市浪速区敷津西、風俗店従業員、笹尾和代被告(27)=覚せい剤取締法違反罪で起訴=を再逮捕した。
 府警によると笹尾容疑者は「約5年前、当時の交際相手の家で赤ちゃんを産んだが、ばれたくなかったので殺した」などと供述しているという。
 再逮捕容疑は平成18年11~19年2月のいずれかの日に、同府熊取町のハイツで、女児を浴槽に沈めたり、首を絞めたりして殺害。今年7月16日まで、旅行かばんなどに入れて隠したとしている。笹尾容疑者は今年7月、「覚醒剤を打った」と府警浪速署に自首した際、女児の殺害も自供したという。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120829/crm12082920200027-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

別の基金からも詐取か、社長ら再逮捕へ (29日)

AIJ投資顧問の年金資産消失事件で、警視庁は、社長の浅川和彦被告ら3人が別の基金からもあわせておよそ100億円をだまし取った疑いが強まったとして、近く再逮捕する方針を固めたことがわかりました。
 AIJの浅川和彦被告ら3人は、実質的に経営が破綻していた2010年9月以降、水増しした価格でファンドを販売し、6つの年金基金からあわせておよそ100億円をだまし取った罪で逮捕・起訴されていました。
 警視庁は、浅川被告らが他の複数の基金からもおよそ100億円をだまし取った疑いが強まったとして、30日にも再逮捕する方針を固めたことが、警視庁などへの取材で新たに分かりました。
 3人は依然、容疑を否認していますが、警視庁は、だまし取った金を解約を希望する基金への解約金にあてていたとみて、調べを進める方針です。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5118563.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(29、30日単位・レベル)
治安の根幹は地域社会から
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120816090455

内閣府の調査によると、ここ10年間で日本の治安が悪くなったと感じている人が81.1%で「良くなった」の15.8%を65.3ポイントも上回ったが、その原因と見られているのは「地域社会の連帯意識が希薄となったから」が54.9%。これは前回(平成18年)調査の49.0%より5.9ポイントも増加した。
 次いで原因に挙げられたのは「景気が悪化したから」が47.4%で同17.7ポイントも上昇している。さらに「国民の規範意識が低下したから」が42.8%で同5.6ポイントの増。
 逆に前回調査より減少したのは「青少年の教育が不十分だから」が43.8%で前回調査の-4.3ポイント。「犯罪に対する刑罰が軽いから」が29.1%で同-10.2ポイント。「来日外国人犯罪が増加したから」が28.2%で同-26.9ポイントと治安悪化の原因として外国人犯罪を挙げた人は大幅に減少した。
 さらに「交番での警戒やパトロールする制服警察官が少ないから」は17.6%で同-3.3ポイントとなった。
 全体的に刑法犯の認知件数が減少傾向にある中で国民の犯罪に対する考え方が微妙に変化してきていることが伺える。
 なかでも「地域社会の連帯意識」は、東北大震災で再認識させられた「絆」の部分であり、隣近所との連携意識の再構築が求めらる。
 治安は警察官による犯罪抑止というよりは、国民一人ひとりの意識の改革の段階にきており、古き時代のあの「地域社会の絆」の復活こそが求められているようだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
2006_0810_004208nisho

 【警戒・警報】28日夜から29日にかけて、西東京市内に、市役所の保険課をかたる者からウソの電話が入っている。内容は「医療費の還付があります。社会保険事務局に連絡してください」
 また28日には小金井市内に、小金井市役所職員をかたる者からウソの電話が入っている。内容は「49221円の還付金があります。市役所では手続きができませんので社会保険事務所に電話してください」
 さらに28日、高井戸警察管内の杉並区内に、杉並区保健課 をかたる者からウソの電話が入っている。内容は「医療費の還付があります。本日までに手続きをしないと還付されません。社会保険事務所に連絡をして下さい」さらに、こう付け加える「携帯電話とカードを持ってコンビニのATMに行って下さい。着いたら連絡して、操作を教えます」など、還付金詐欺の電話が横行している。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

建築会社の女性社長刺される 東大阪、殺人未遂で捜査(29日)

29日午後2時20分ごろ、大阪府東大阪市御厨栄町の建築会社「エムティプラン」で、「社長が右脇腹を刺され、大量の出血がある。犯人は逃走した」と119番があった。東大阪市消防局によると、会社内の一室で同社長(71)とみられる女性が倒れており、両肩と首の後ろなどの4カ所に刺し傷があった。病院に搬送するときは意識はあったという。大阪府警布施署は殺人未遂事件として捜査している。現場は近鉄奈良線河内小阪駅から北に約500メートル。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120829/crm12082916250022-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

「自分が刺して燃やした」高校生の長男が話す、民家火災2人死亡 静岡(29日)

29日午前7時55分ごろ、静岡市清水区の木造3階建ての男性(51)方で「2階から炎が出ている」と、近所の住民から119番があった。焼け跡の3階部分から2人の遺体が見つかり、高校2年の長男(17)が病院へ搬送された。
 男性の母(78)と妻(50)が行方不明となっており、清水署は遺体はこの2人とみて、身元の確認を急いでいる。長男のけがの程度は不明で、同署によると、搬送時に「自分が刺して燃やした」などと話したという。清水署は長男が2人の死亡に関与したとの見方を強め、殺人容疑での立件も視野に回復を待って長男から詳しく事情を聴く方針。
 清水署によると、遺体は損傷が激しく、性別などは不明。同署は遺体の刺し傷の有無などを調べるとともに、消防と出火原因を捜査している。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120829/crm12082917330023-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽ブランドナイフをネット販売、夫婦逮捕 1万3,000本押収(29日)

インターネットで偽ブランド品のナイフを販売したとして、夫婦が栃木県警に逮捕された。
自宅からは、1万3,000本以上のナイフが押収されている。
商標法違反などの疑いで逮捕された宇都宮市の無職・竹澤安雄容疑者(50)と、妻でタイ国籍の竹澤ラーワンスィー容疑者(37)は、2012年4月から5月にかけて、インターネットオークションで東京都内などに住む男性2人に、偽ブランド品のナイフ3本を販売するなどした疑いが持たれている。
2人は、調べに対して、「本物だと思っていた」と、容疑を否認しているという。
自宅からは、1万3,000本以上のナイフが押収されている。
娘の口座には、およそ7,000件、総額2,740万円の振り込みが確認されていて、警察は余罪を調べている。http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00230437.html

Logo4_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

黒紙を紙幣に復元と1,500万円詐取しようとしたカメルーン人起訴(29日)

特殊な薬品で黒い紙に変えた1万円札を復元させるのに金がいるなどとうそを言って、現金1,500万円をだまし取ろうとしたカメルーン人の男が、逮捕・起訴されていたことがわかった。
カメルーン国籍のティゴング・ポール被告(47)は7月8日、神奈川・横浜市の60歳の会社役員の男性に対し、黒い紙を1万円札に復元させる様子を見せ、「この黒い紙が2億円分ある」、「黒い紙を元に戻すのにお金がかかる。戻した2億円のうち、3割を渡す」などと言って、現金1,500万円をだまし取ろうとしたとして、逮捕・起訴された。
ティゴング被告は「道具は用意したが、犯行については知らない」と、容疑を否認しているという。
ティゴング被告は、自称アメリカ人の黒人の男と共謀しているが、男は現在も逃走中だという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00230440.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

特殊バッグ使いDVD万引きか(29日)

万引き防止のセンサーが作動しない特殊なバッグを使って、少年2人にDVDを万引きさせて換金していたとして、埼玉県の無職の男が逮捕され、警視庁は男が670本あまりのDVDを盗んでは、換金を繰り返していたとみて調べています。
逮捕されたのは、埼玉県草加市の無職、鈴木涼太容疑者(24)と、草加市と川口市に住む18歳と17歳の無職の少年2人です。
警視庁の調べによりますと、3人はことし6月、東京・葛飾区の販売店でDVD4枚、およそ15000円分を万引きした疑いがもたれています。
これまでの調べによりますと、3人は遊び仲間で、ことし6月ごろから鈴木容疑者が見張り役となって少年2人にDVDを万引きさせては、買い取り店に持ち込んで換金を繰り返していたということです。
3人は万引き防止のセンサーが作動しないようにするため、内側を加工した特殊なバッグの中にDVDを入れていたということです。警視庁によりますと、鈴木容疑者は「万引きしていない」と容疑を否認し、少年2人は「ゲームセンターで遊ぶ金がほしかった」と供述しているということです。
鈴木容疑者はおととし10月から2年近くの間に、670本あまりのDVDを同じ系列の買い取り店に持ち込み、およそ120万円を得ていたということです。
警視庁は、店側が盗品と知りながら買い取りを続けていた疑いがあるとみて調べています。

News_pic1_4

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20120829/4609351_20120829120853_e789b9e6ae8ae38390e38383e382b0e4bdbfe38184efbca4efbcb6efbca4e4b887e5bc95e3818de3818b.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁独身寮で空き巣の被害(29日)

警視庁の独身寮で窓ガラスが割られて、現金などが盗まれる空き巣の被害があったことがわかりました。
周辺では空き巣の被害が相次いでいて、警視庁が窃盗事件として調べています。
被害にあったのは、東京・足立区にある警視庁綾瀬警察署の独身寮です。
警視庁によりますと、今月、寮の1階の部屋で窓ガラスが割られて部屋の中が荒らされているのをこの部屋に住む警察官が見つけ、被害を届け出ました。
警視庁が調べたところ、部屋にあった現金およそ2000円や腕時計がなくなっていて、警察の備品などは盗まれていなかったということです。
当時、独身寮には非番の警察官ら10人程がいたほか、寮内の見回りや緊急の電話を受ける当番の警察官もいましたが、誰も不審な人物や物音には気づかなかったということです。
この寮の周辺では空き巣の被害が相次いでいるということで、警視庁が捜査しています。 http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20120829/4611321_20120829111852_e8ada6e8a696e5ba81e78bace8baabe5afaee381a7e7a9bae3818de5b7a3e381aee8a2abe5aeb3.html

News_pic1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅火災、焼け跡から2遺体見つかる 静岡・清水(29日)

29日午前7時55分ごろ、静岡市清水区日立町の木造3階建て民家で「2階から炎が出ている」と、近所の住民から119番があった。火は約1時間半後に消し止められたが、焼け跡から2人の遺体が見つかり、1人が病院へ搬送された。
 清水署などによると、搬送されたのは男性で、けがの程度は不明。同署が身元の確認を進めている。
 近所の女性は「3階に火が燃え移り、バチバチと大きな音がして煙がすごかった」と話した。 現場はJR清水駅から南に約3キロの住宅街。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120829/dst12082911320003-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

グルメ券偽造転売 県警、容疑の3人再逮捕(29日)

大量の偽造切手が組織的に全国各地の金券ショップに転売されていた事件で、県警捜査2課などは27日までに、食事券「ジェフグルメカード」の偽造券を金券ショップに転売したとして、詐欺容疑などでグループの3人を再逮捕、岐阜地検に追送検した。
 3人は偽造切手のほか、名古屋港水族館(名古屋市港区)の入館券や、子供服メーカー「ミキハウス」の商品券(額面2000円)の偽造券も愛知県などの金券ショップで不正に転売し、少なくとも約1000万円を売り上げていたとみられる。同課は既に計約50件を摘発、送検している。
 再逮捕したのは、いずれも住所不定の自称サーバー管理技術者齊藤友克(51)、無職野津悠太(34)、無職赤木丈浩(28)の3容疑者。いずれも郵便法違反罪などで公判中。
 3人の逮捕容疑は、共謀し、今年2月、兵庫県神戸市の金券ショップでジェフグルメカード(額面500円)約190枚を売り、現金約8万5000円をだまし取った疑い。
 同課によると、3人は昨年10月ごろから、いずれも中国の上海で製造されたとみられる5種類の偽造券を入手。換金役の野津、赤木被告が金券ショップの店頭で「偽造券に注意」などの張り紙を見つけると、摘発を逃れるために転売する金券の種類を次々と変えていたという。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20120828/201208281041_17908.shtml

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺 加害者の後悔 被害の涙 電話で見えず(29日)

 「振り込め詐欺に走るのは意志の弱い人間。自分もそうだった」。振り込め詐欺が広く知られていなかった二〇〇三年に犯行を繰り返し、警視庁に逮捕された男性(30)が本紙の取材に応じ、手を染めた経緯を語った。逮捕後、被害者の苦しみを知り、「必ず後悔する日が来る」と加害者に訴える。 (樋口薫)
 男性が詐欺を始めたのは二十歳だった〇三年。東京・渋谷のセンター街に入り浸って高校を中退。合コンやナンパに明け暮れた。数十万円の借金を抱え、ヤミ金融業者で働くようになった。
 ある日、同僚が債務者の祖母にかけた電話で、事務所の空気が一変する。「おれだけど、無免許で事故を起こしちゃって」。翌日には数十万円が口座に入金された。「何それ、おいしいじゃん」とまねを始めた。
 毎日、渋谷区や港区の局番を狙い、手当たり次第に電話をかけた。孫や息子の演技をして、怪しまれたら電話をすぐに切る。心配する気持ちにつけ込んだが、良心は痛まなかった。「ゲーム感覚で罪の意識もなかった」
 警察に逮捕されるまでの約一年間に、十数人で計約一億八千万円をだまし取った。逮捕後、刑事から被害者の話を聞き、初めて罪の実感がわく。
 だまされたショックで倒れ、入院中の高齢者がいる。蒸発した息子からの電話だと信じ続けている母親もいる-。「そんなにつらい思いをさせていたなんて」。被害者のことが脳裏から離れなくなった。
 男性は懲役三年の実刑判決を受け、二〇〇七年に出所。北関東の故郷に戻り、実家の仕事を手伝いながら暮らす。今も連絡を取り合う刑事に「詐欺に手を染めそうなやつに、経験を語ってやってくれ」と言われ、四月に「悪魔のささやき『オレオレ、オレ』」(光文社)を藤野明男のペンネームで刊行した。
 「手軽に金を稼ぎ、楽しい生活ができればよかった。面と向かってだませと言われたらできない。弱い人間だからできるひきょうな犯罪だった」と男性は振り返る。
 「今、詐欺をしている若者も同じ気持ちでは」と推察し、こう呼びかける。「欠けていたのは被害者が苦しんでいるという想像力。必ず後悔する日が来ることに気づいてほしい」(東京新聞)

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012082890135515.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

DVで避難したのに…女性の情報、夫に誤送付(29日)

神戸市内の二つの区役所が、夫から家庭内暴力(DV)の被害を受け、民間の一時避難所に入所している女性2人の居住地が分かる書類を、それぞれの夫に誤って送付していたことが28日、わかった。
 市こども家庭支援課によると、区役所の職員が5月2日、夫からの暴言に苦しんで避難していた30歳代の女性宛ての入所決定通知を、夫が住む旧住所に誤って郵送。別の区役所でも同30日、40歳代の女性に宛てて乳幼児医療費補助の書類を送る際、職員が封筒の表書きに旧住所を間違えて書き、夫の住まいに発送した。いずれも夫が女性側に接触を図ろうとして発覚した。
 本多章浩課長は「職員の単純ミスが原因で申し訳ない。書類を送る際は、複数の職員による確認を徹底したい」と話している。

| コメント (0) | トラックバック (0)

丹羽大使襲撃 日本人学校は警戒強化(29日)

沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張する反日デモ中国国内で繰り返されるなか、丹羽宇一郎中国大使(73)の公用車が襲撃され、日の丸が奪われるという前代未聞の事件が、現地の邦人社会に不安を広げている。デモに乗じて日本料理店が襲撃されるなどの被害も出ており、平成22年の漁船衝突事件時の混乱と似た状況に。航空路線のキャンセルが懸念され、日系企業や日本人学校などは警戒を強めている。
 在北京大使館は28日、大使の公用車襲撃事件を受けて、在留邦人に対し、(1)反日デモが行われている場所に近寄らない(2)公衆の場での言動や態度に注意する-などと注意を呼びかけた。同大使館の注意喚起は16日に続き2度目。
 小学生510人と中学生127人が通う北京日本人学校も警戒。同校では2年前の中国漁船衝突事件の際、通学バスが投石被害に遭っている。
 22日から2学期が始まっているが、佐藤稲子(いねこ)教頭(52)によると、28日朝には普段より8人多い計16人の教職員が校門前で子供らの登校を見守った。
 同校によると、中国国内では反日デモについて、現地テレビは積極的に報道していない。佐藤教頭は「子供たちが事件に巻き込まれてけがでもしたらいけない」と話し、日本の報道機関のホームページなどで情報収集を続けている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

国内未流通の欧州新種脱法ドラッグも初の「違法」指定へ 厚労省(29日)

幻覚や興奮作用があるが薬事法で規制できていない「脱法ドラッグ」をめぐり、厚生労働省は、欧州各国で流通し、健康被害が指摘されているものの、国内ではまだ流通が確認されていない新種を、薬事法に基づく「指定薬物」に指定する方針を固めた。国内で流通していない薬物の指定は今回が初めて。指定薬物になると、薬事法で輸入や製造、販売が罰則付きで禁止される。
 30日に開かれる薬事・食品衛生審議会の部会で審議し、意見公募を経て正式に指定する。厚労省は部会で、国内流通が確認されている薬物を含めた十数種類の薬物を「指定薬物」とする予定で、うち、欧州のドラッグは数種類の見込み。
 指定予定の薬物で、国内流通が確認されたものの中には、覚醒剤に似た成分で幻覚作用が強く、海外では摂取者がさまざまな事件を起こすなど社会問題化している、通称「バスソルト」と呼ばれる薬物の一種も含まれているという。
 厚労省によると、現在「指定薬物」は73種類あるが、規制を逃れるため成分構造を一部変えただけの脱法ドラッグを販売・流通するケースが横行しており、規制との“いたちごっこ”が続いている。
 脱法ドラッグは海外から輸入されるケースが多いことから、厚労省は今年4月の薬事・食品衛生審議会の部会で、海外で流通実態がある薬物なら国内流通前に違法薬物に指定するなどといった対策強化を行うことを決めていた。
 また、指定薬物と成分構造が似ていれば一括で規制対象にできる「包括指定」についても、現在導入を検討している。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120828/crm12082821480025-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホストクラブ元経営者が「週末帰る」と言い残し一昨年から失踪 警視庁が捜査 (29日)

 東京都八王子市で平成22年11月、ホストクラブの元経営者の男性(45)が行方不明になっていたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は、事件に巻き込まれた可能性があるとみて捜査している。
 男性は当時、ホストクラブ元店長の男(30)らと店の経営をめぐってトラブルを抱えており、同課は男性の携帯電話を壊して捨てたとして、この男ら2人を器物損壊容疑で逮捕。男性失踪の経緯も知っているとみて取り調べたが、捜査関係者によると、2人は「男性の行方は知らない」と話したという。
 男性は22年11月25日朝、妻に「仕事に行ってくる。週末には帰る」と言い残し、自宅から車で出かけた。同日昼ごろ、知人と仕事の打ち合わせをする約束をしていたが、「間に合わない」と携帯電話で連絡した後、行方不明になった。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120829/crm12082900500000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月28日 | トップページ | 2012年8月30日 »