« 2012年8月16日 | トップページ | 2012年8月18日 »

2012年8月17日

2012年8月17日 (金)

韓流アイドルのパスポート 盗まれる (17日)

韓国の人気アイドルグループ「BIGBANG」のマネージャーの車が、今月15日、東京・豊島区の駐車場で車上荒らしに遭い、メンバー2人のパスポートが入ったバッグが盗まれていたことが警視庁への取材で分かりました。
 今月15日午前8時半ごろ、東京・豊島区の駐車場で韓国の人気アイドルグループ「BIGBANG」のマネージャーの車が車上荒らしに遭っているのが見つかりました。
 警視庁が調べたところ、車の窓ガラスが割られていて、グループメンバーのディー・ライトさんとヴィー・アイさんのパスポートなどが入ったバッグがなくなっていたということです。
 マネージャーが車を駐車したのは、今月15日午前3時半ごろだったということで、警視庁は窃盗事件として捜査しています。 「BIGBANG」は、2009年に日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞するなど、韓国や日本などで活躍する人気ダンスボーカルグループです。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5108759.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

妻に首をつらせた疑い 夫を逮捕、殺意は否認 宮城(17日)

 妻に首つりをさせて殺したとして、宮城県警気仙沼署は17日、気仙沼市西中才、無職穀田貞四士容疑者(76)を殺人容疑で逮捕した。穀田容疑者は「手を貸しただけだ」と殺意を否認しているという。
 県警によると、穀田容疑者は16日、自宅の物置で、妻勝子さん(69)が首にロープをかけたところで、踏み台にしていたプラスチック製の箱を蹴り、首つりをさせて殺した疑いがある。
 穀田容疑者は勝子さんと2人暮らしで、17日午前4時半ごろ「家族が物置で首をつって自殺した」と110番通報した。勝子さんは1人では歩けないため、警察官が穀田容疑者に事情を聴いたところ「自分が踏み台を蹴った」と話したという。「妻は糖尿病だったうえ、1年ほど前に骨折して歩けなくなり、『死にたい』と言っていた」とも供述しているという。 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Logo2_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

【尖閣上陸】「また釣魚島に行く」 活動家、上陸の正当性強調(17日)

沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)へ上陸後、逮捕され、強制送還が決まった香港の活動家らは17日、那覇空港で香港行きの飛行機に乗り込むと「釣魚島は中国固有の領土。日本側はわれわれを違法に拘束した」と口々に批判。日本を離れる直前まで上陸の「正当性」を主張し「また釣魚島に行く」と語気を強めた。
 香港のテレビ局は17日夕、同空港に駐機中の機内から活動家らのインタビューを生中継した。
 香港の活動家は「私たちには釣魚島に上陸する権利がある。日本側からの許可など必要ない」と強気の発言に終始。
 抗議船に同乗し、逮捕された香港のフェニックステレビの記者も「不法入国であるとは認めない」と言い切った。(共同)

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/world/news/120817/chn12081720410010-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17、18日単位・レベル)
これが法治国家?
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120813071324

尖閣諸島の魚釣島に不法上陸した香港の活動家ら14人が起訴されることなく強制送還された。
 海上保安庁では、レンガやボルトを投げられ船体の一部が破損したにもかかわらず「損傷は僅かで巡視船乗員に直接危害がないので公務執行妨害や器物損壊容疑は適用しない」と判断。沖縄県警も「政治的な判断ではない」という。
 海保も警察も本当にそう判断したのか疑問である。今回の場合は政府が最初から筋書きを描いており、そう判断させたのか国会で真実を明らかにしてほしい。
 法治国家であるなら、結果的に起訴猶予になるとしても厳格な捜査はすべきだった。現に中国では「日本は交渉で降伏」というネット上で話題になっているという。
 今、反原発運動で国会をうん万人が取り囲むデモが一触即発の状態。そのデモ隊がレンガを投げればどうなる?「警察官に当たらない。実害がないので逮捕しない」となりますかね。沖縄県警の判断のように…警察庁はしっかりして下さいよ。
 日本は陸地は警察。海上は海保が管轄する。今回は事前情報で無人島に警察官が待機していたので入管難民法違反で身柄を拘束できたからいいが、警察官がいなければ無人島に上陸しても海保は逮捕できない。政府は1日も早く海上保安庁法改正法案を成立させよ。
 平成10年前後だったと思うが、尖閣諸島に何者かが不法上陸した場合は機動隊の出動となるが九州管区が出動するのかなど話題になったことがあった。
 「右翼や極左集団なら機動隊でも良いが、外国の武装集団なら訓練をしていないので…」と困っていた。まあ自衛隊ということになるだろうが、その前に機関砲積載の巡視船を配備するなど国境を守る体勢の整備が必要だろう。
 欧米など諸外国の部隊と合同訓練をしている警察の特殊急襲部隊(SAT)なら海中からでも空中からでもなんでも対処できるが、弱腰外交で「即退去」では出動の意味がない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・町田市で高齢者からバッグをひったくったとして男逮捕(17日)

東京・町田市の路上で、高齢者からバイクで追い抜きざまにバッグをひったくった男が、警視庁に逮捕された。
窃盗の疑いで逮捕されたのは、無職・小関正俊容疑者(40)。
小関容疑者は2012年5月、町田市大蔵町の路上で、歩いていた70代の男性に背後からバイクで近づき、追い抜きざまに、男性が持っていたバッグをひったくった疑いが持たれている。
小関容疑者は、調べに対し「身に覚えがない」と、容疑を否認しているという。
警視庁によると、2012年の春ごろから、付近で同様のひったくり事件が複数起きていて、警視庁は、小関容疑者に余罪があるとみて調べている。

Logo4_2

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00229726.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

尖閣上陸:領土侵害目的、厳しい罰則を…国家公安委員長(17日)

松原仁・国家公安委員長は17日午前の閣議後会見で、尖閣諸島への不法上陸・入国事件に関し「今回のようにわが国領土、主権の侵害を目的とする行為は通常の不法入国と区別し重く罰するべきだ。そうした法整備も検討していくべきではないか」と述べた。送検ではなく入国管理局に引き渡した判断については「首相も了としたと承知している」と語った。【村上尊一】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20120817k0000e010177000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄県警、送検見送り「政治的な判断ない」(17日)

沖縄県警は17日、逮捕した香港の活動家ら5人の身柄を入管当局に引き渡したが、送検を見送ったことについて県警幹部は「政治的な判断はない。総合的な判断だった」などと繰り返した。
 県警は同日午前、送検の見送りを発表。県警幹部は「取り調べの結果、不法上陸以外の犯罪嫌疑がなかったため」などと説明した。報道陣からは「日中関係を考慮したのか」などの質問も出たが、「具体的な捜査内容は言えない」と答えるにとどまった。
 警察当局では、2004年3月に魚釣島に上陸した中国の活動家7人が逮捕された後に強制送還された事件や、今回の5人を送検しても起訴になる可能性が低いことなども考慮し、検察当局とも協議の上で引き渡しを決めた。(

2012年8月17日12時47分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

「尖閣、日本は交渉で降伏」中国ネット意見殺到(17日)

 【北京=関泰晴、香港=吉田健一】沖縄県の尖閣諸島に不法上陸して逮捕された香港の活動家らの強制送還が17日、決まったことについて、国営新華社通信は同日、論評を加えず、事実関係のみ速報した。中国のインターネット上には活動家を「英雄」とたたえる書き込みが殺到。「日本は活動家を巡る交渉で中国に降伏した」との意見が目立った。
 17日付中国各紙は、強制送還になるとの見通しを伝えた中で、「中国内の激しい世論と、政府の積極的な交渉という組み合わせが(日本に圧力をかけるのに)有効なことが実証された」(「新京報」紙)などと指摘していた。
 北京の日本大使館前では17日午前、男性が卵を投げつけるなど、散発的な抗議行動が続いた。ただ、中国当局は大規模な抗議に発展しないよう、大使館周辺で厳戒態勢を取っている。
 一方、香港では、中国政府に近いメディアも批判的なメディアも、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国領」との立場で足並みをそろえ、活動家を英雄視する報道が目立った。
 中国系紙では、17日付の「文匯報」が「釣魚島は中国古来の領土で、活動家らの行動は道理にかない合法だ」との社説を掲載。普段は中国政府への批判的な論調で知られる「蘋果日報」も、活動家を「屈強で勇敢な人たち」と表現した。(2012年8月17日12時05分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

「歴然とした刑事犯罪」 石原知事が強制送還判断を批判(17日)

沖縄県・尖閣諸島の魚釣島に不法上陸した香港の活動家らを政府が強制送還としたことについて、石原慎太郎東京都知事は17日の定例会見で「歴然とした刑事犯罪だ」と指摘、刑事手続きで罪を問うべきだとの認識を示した。
 石原知事は「(上陸を)予告してきた。海上保安庁の巡視船に石を投げており器物破損や公務執行妨害。なぜ適用しないのか」と批判、8年前の不法上陸時に政治判断で強制送還とした小泉内閣時とは「ケースが違う」と強調した。
 また「法律があるのに適用しないとは国家の体をなしていない。シナさんこわい、問題起こしたくないという外務省の腰抜けが伝染している」と述べ、「同じこと(上陸)が繰り返される」と懸念を示した。
 都による尖閣購入手続きに向けた国への上陸申請に関しては「いろんなバリアがあったり国が勝手なことを言い出したりしている。近々また地権者と会った上で次のステップを考える」と述べた。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120817/plc12081716480020-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

少年2人が下級生恐喝で逮捕「特攻服欲しかった」(17日)

群馬県伊勢崎市で、中学校の男子生徒2人が同じ学校の後輩を殴ったうえ、「金を持ってこなかったら死ぬことを覚悟しろ」などと脅したとして逮捕されました。
 伊勢崎市の中学3年の男子生徒2人は先月26日の朝、同じ学校の1年生の男子生徒を公園に呼び出し、腹を殴ったり、首を絞めたりして、打撲などのけがをさせた疑いが持たれています。警察によりますと、2人はその際、現金10万円を持ってくるよう要求し、「金を持ってこなかったら許さない。死ぬことを覚悟しろ」などと脅していました。1年生の保護者が警察に通報して事件が発覚しました。警察の取り調べに対し、2人は「特攻服を買う金が欲しかった」などと供述しています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

大分市のアパートで19歳長男を絞殺した疑い 44歳母親を逮捕(17日)

大分市内のアパートで19歳の長男の首を絞めて殺害したとして、17日未明、母親が殺人容疑で逮捕された。
逮捕されたのは、大分市佐野の自営業・古長久美(こちょう・ひさみ)容疑者(44)。
警察の調べによると、古長容疑者は8月14日ごろ、娘が暮らしている市内のアパートで、長男・古長竜弥(たつや)さん(19)の首をひも状のもので絞めて殺害した疑いが持たれている。
16日夕方、古長容疑者が知り合いの警察官に「人を殺した」との電話をかけ、警察がアパートに駆けつけたところ、リビングで竜弥さんの遺体が見つかった。
調べに対して、古長容疑者は容疑を認めているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00229689.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

午後にも強制送還開始 活動家の一部、巡視船にれんが投げる(17日)

沖縄県・尖閣諸島の魚釣島に香港の「保釣行動委員会」の活動家ら14人が上陸するなどした事件で、福岡入国管理局那覇支局は17日午後にも強制送還を始める。
 海上保安庁が入管難民法違反(不法入国)容疑で逮捕、16日夜に身柄を入管に引き渡した9人に続き、沖縄県警も同法違反(不法上陸)容疑で逮捕した5人を17日午前に引き渡す。
 捜査関係者によると、14人のうち中国のテレビ局関係者2人を航空機で先に退去させ、抗議船の船長らは同船で海路帰国させるなどの分散送還も検討している。
 海上保安庁によると、活動家の一部は、上陸を阻止しようとした巡視船にれんがを投げるなどした。海保は、公務執行妨害罪などを適用するほどの激しい抵抗ではなく、刑法犯に問わないとして9人を送検せず、入管当局に対応を委ねた。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120817/crm12081707480002-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

火炎瓶事件で男を書類送検へ(17日)

東京電力の調布市の営業センターなどに相次いで火炎瓶が投げつけられた事件で警視庁は事件後に自殺した50代の無職の男が関わった疑いが強まったとして近く火炎瓶処罰法違反の疑いで書類送検する方針です。
ことし4月東京・狛江市にある「電力中央研究所」の通用門の脇で炎が上がり付近にガラス瓶の破片が散乱していたほか6月には調布市の東京電力調布営業センターで玄関のドアが焦げるぼやが起き近くに油のようなものが入ったガラス瓶が落ちているのが見つかりました。
警視庁はいずれも火炎瓶が投げつけられたものとみて捜査を進めてきました。
警視庁によりますと目撃情報や現場近くの防犯カメラの映像などから狛江市に住む50代の無職の男が浮かび男の自宅のパソコンには電力会社に対する恨みを書いた文書が保存されていたということです。
任意の事情聴取に対して男は容疑を否認し先月、自殺したということです。
警視庁は死亡した男が2つの事件に関わった疑いが強まったとして近く、火炎瓶処罰法違反の疑いで書類を検察庁に送る方針です。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1004333081.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

母親はパチンコ、車内の乳児死亡 2時間放置か 三重(17日)

 16日午後5時20分ごろ、三重県桑名市大仲新田のパチンコ店「マリオン桑名店」の駐車場に止めてあった軽乗用車の車内で、同市内に住む生後5カ月の男児がぐったりしているのを母親(45)が見つけ、病院に運んだが死亡が確認された。母親が男児を車内に2時間以上放置したままパチンコ店内にいた疑いがあり、保護責任者遺棄致死容疑での逮捕も視野に入れて、母親から任意で事情を聴いている。
 桑名署と県警捜査1課によると、母親は同日午後2時半ごろ、男児を車に乗せてパチンコ店に来た。午後4時ごろには、父親が「妻子がいない」と近くの交番に届け出た。母親とは、しばらく電話がつながらなかったが「マリオンにいる。子どもは車にいる」との連絡があった。同署が救急車を呼び、男児は同市内の病院に運ばれたが、死亡が確認された。車のエンジンは切って、施錠してあり、窓は閉め切ってあった。男児は後部座席のチャイルドシートに座っていたという。17日に司法解剖して、死因を特定する方針という。
 津地方気象台によると、この日の桑名の最高気温は32.9度(午後3時10分)だった。続きを読むhttp://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Logo2

| コメント (0) | トラックバック (0)

14人を強制送還へ 9人の入管引き渡しを完了 尖閣上陸(17日)

沖縄県・尖閣諸島の魚釣島に香港の団体「保釣行動委員会」の活動家らが上陸した事件で、沖縄県警と第11管区海上保安本部は16日、入管難民法違反(不法上陸・入国)で現行犯逮捕した14人を17日にも強制送還する方針を固めた。
 11管本部は16日夜、上陸後に抗議船へ戻った2人を含む9人の身柄を福岡入国管理局那覇支局に引き渡した。県警も魚釣島で逮捕した5人の那覇地検への送検を見送り、逮捕から48時間にあたる17日夕までに入国管理局に身柄を引き渡す方針だ。
 政府高官は16日、「ほかに容疑はない」と強制送還が妥当との認識を示したが、14人は日本の捜査当局からの本格的な取り調べや裁判を受けることなく、帰国することになる。
 14人は県警や11管本部の調べに対し、「尖閣は中国の領土で不法入国にはならない」などと容疑を否認しているという。
 政府は17日午前、玄葉光一郎外相や羽田雄一郎国土交通相らが出席する関係閣僚会議を首相官邸で開き、14人を強制送還することを最終確認する。
 海上保安庁によると、巡視船は抗議船の活動家らかられんがやボルトを投げられ、船体の一部が破損した。ただ損傷はわずかで、それ以上に巡視船を接触させ進路を変更させようとした際にできた損傷の方が大きかったと判断。巡視船の乗員に直接危害を加えようとしたとは認定できず、海保幹部は「公務執行妨害や器物損壊といった容疑は適用しない」と話している。

続きを読む "14人を強制送還へ 9人の入管引き渡しを完了 尖閣上陸(17日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

初代内閣安全保障室長の佐々淳行氏談話 「軟弱姿勢なら繰り返される」(17日)

平成22年9月の中国漁船衝突事件では、中国人船長が起訴されることもなく、仙谷由人官房長官(当時)の独断で「超法規的措置」により釈放された。今回もまた起訴前に活動家たちを強制送還するならば、土下座外交そのものだ。融和主義で強硬な措置は取らないという政治姿勢だからなめられる。
 日本が軟弱な姿勢で臨めばまた同じことを繰り返され、相手はさらなる強硬策に打って出る。今度こそ法と証拠に基づき、粛々と起訴してほしい。
 不法上陸した活動家に香港のメンバーが含まれているのは、中国当局が香港を利用する形で、日本がどのような対応を取るのか瀬踏みしているからだ。今回の事件は外交問題であり、最終的には野田佳彦首相の判断が問われる。今回、日本が毅(き)然(ぜん)たる対応を取れば、当分、尖閣諸島に近づくことはない。
 逮捕された活動家らは入管難民法違反の初犯のため、強制送還されるのが慣例との見方もあるが、国家としてみれば、16年3月にも中国人活動家らが尖閣諸島に上陸しており、再犯されたも同然。慣例にとらわれず起訴すべきだ。起訴後に勾留し、その上で外交交渉を進めればいい。
 今回は事前に上陸を予告していたために沖縄県警などの関係者も待ち伏せさせることができたが、予告がなければ現行法では対処できなかった。尖閣諸島のように沖合の無人島には警察官をすぐに呼ぶことはできない。海上保安庁法改正案が国会で審議中だが、無人島での犯罪行為は陸地でも海保の捜査権が及ぶようにするなど一日も早く領海警備態勢を強化する必要がある。尖閣諸島を管轄する第11管区海上保安本部に機関砲を載せた大型の巡視船を配置するなど「西の配備」も強化していくべきだ。(談)

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120816/crm12081622540023-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

中学時代のいじめの被害届受理 前橋市と係争中の18歳女性(17日)

前橋署は16日、中学時代にいじめを受けたとして前橋市の女性(18)が提出した被害届を受理したことを明らかにした。女性は、いじめで複雑性の心的外傷後ストレス障害(PTSD)になったとして、1月に損害賠償を求めて前橋地裁に提訴して市と係争中。
 被害届の内容について前橋署は「捜査に関係するため答えられない」としている。女性の代理人弁護士によると、同級生の男女4人からいじめを受けたとして、傷害容疑で調べるよう求めていた。
 訴状によると、中学2年だった平成19年、大半の同級生に無視され、ロッカーに生ごみを入れられるなどのいじめを受けたという。卒業まで不登校となり、PTSDや対人恐怖症と診断されたが学校側は対策を取らなかったと主張している。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120816/crm12081618110020-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

宝くじが当たる」と祈祷師になりすます 700万詐取の疑いで逮捕 埼玉(17日)

祈祷(きとう)で宝くじが当たると偽り現金約700万円をだまし取ったなどとして、埼玉県警西入間署は16日、詐欺の疑いで埼玉県深谷市国済寺、職業不詳、伊藤隆人容疑者(37)を逮捕した。同署によると「最初は祈祷していた。途中からだませると思った」と容疑を一部否認している。
 伊藤容疑者は、インターネットのウエブサイトで「会社経営者を救った」などとうたい、祈祷の希望者を募っていたといい、西入間署は同様の被害がなかったか裏付けを進めている。
 同署の調べでは、伊藤容疑者は人間関係に悩み相談を寄せた鶴ケ島市内の女性(44)に「2千人以上救った。祈祷で宝くじを当ててもらった人がたくさんいる」などと持ちかけ、平成22年3月4日から翌4月5日、金融口座に計約703万円を振り込ませ、だまし取った疑いがもたれている。
 同署によると、伊藤容疑者は詐取した金を競馬や競艇などに使い果たしていたという。現金を振り込んだ後、音信不通になったことを不審に思った女性が県警に相談を寄せ、事件が発覚した。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120816/crm12081621000021-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

自宅床下から男性遺体発見 川口(17日)

16日午前11時50分ごろ、埼玉県川口市道合の無職、井上正夫さん(68)方で、台所床下の収納の中に男性の遺体があるのを長女(28)が見つけ、武南署に通報した。同署は遺体は井上さんである可能性があるとみて死因や身元確認を急ぐとともに、死体遺棄事件として捜査を始めた。
 武南署によると、遺体は衣服を身に着けており、死後数日が経過。10日には長女から「父が車で出かけたまま帰ってこない」として同署に行方不明届が提出されていた。しかし実際は、車は自宅にあったといい、同署は井上さんの失踪前後の詳しい事情を聴いている。
 井上さんは長女と妻の3人暮らし。妻は入院中で、約1カ月前から不在だったという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120816/crm12081622120022-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月16日 | トップページ | 2012年8月18日 »