« 2012年8月1日 | トップページ | 2012年8月3日 »

2012年8月2日

2012年8月 2日 (木)

隣人を切りつけた疑いで35歳女逮捕 (2日)

2日未明、千葉県船橋市の路上で、隣りに住む男性をナタで切りつけたとして、フィリピン国籍の35歳の女が逮捕されました。
 午前2時半頃、船橋市高根台の集合住宅で住人の男性(61)から「ナタで切られた」と110番通報がありました。警察官が駆けつけたところ、路上で男性が血を流して倒れていて、病院に運ばれましたが、首や手の指を切られて重傷です。警察は、その場にいたフィリピン国籍のロエロ・エレン容疑者(35)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。
 警察によりますと、ロエロ容疑者は、男性の隣りの部屋に住んでいて、この日は、一緒に酒を飲んだ後に言い合いになり、自宅にあった折りたたみ式のナタで男性に切りつけたということです。
 取り調べに対し、ロエロ容疑者は容疑を認めているということで、警察は動機を調べています。

Logo2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5096908.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪市HPに殺人予告、日航脅迫メールの携帯か(2日)

大阪市のインターネットのホームページ(HP)に同市内で無差別殺人を起こすとの書き込みがあり、大阪府警が威力業務妨害容疑で府内の40歳代の男性から事情を聞いていることがわかった。
 書き込みには男性名義の携帯電話が使われたとみられるが、男性は「身に覚えがない」と関与を否定しているという。
 発表では、書き込みは7月29日夜、市政への意見募集欄にあり、「8月上旬、大阪市内で無差別に人をトラックでひき殺し、ナイフで刺した後、自殺する」との内容だった。翌30日に市職員が見つけ、府警に届け出た。
 書き込みは、場所などを指定しており、府警は付近を警戒する一方、送信元を捜査していた。
 一方、今月1日、オウム真理教の松本智津夫死刑囚(57)の釈放を求め、飛行機に爆発物を仕掛けたという内容のメールが日本航空に届き、米国行きの便が引き返す事件が発生。この事件でも同じ携帯電話が使われた可能性があり、府警は警視庁とも連携して慎重に捜査している。(

2012年8月2日21時12分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺未遂容疑で少年を逮捕(2日)

長男を装い女性から現金をだまし取ろうとしたとして、警視庁田無署は詐欺未遂の現行犯で、住所不定、アルバイトの少年(19)を逮捕した。同署によると、少年は振り込め詐欺で、現金を受け取る「受け子」役とみられる。調べに「池袋駅で男に頼まれただけで何も知らない」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は、7月30日午後、東京都西東京市の介護福祉士の女性(52)方に長男を装って「株をやるために同僚から850万円借りたが、このカネは不正伝票を使ったものだった。上司から事件になるといわれ、カネを立て替えてほしい」などと電話し、現金500万円をだまし取ろうとしたとしている。
 女性は電話を受けた際、長男が目の前にいたことから、だまされたふりをして応対し、その後110番通報。1日に西武新宿線田無駅(西東京市)に、長男の友人と称して現金を受け取りに来た少年を、張り込んでいた捜査員が取り押さえた。

Msn_s1_9 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120802/crm12080218360020-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

四谷・母親殺害事件 少年の交際相手の少女も殺人容疑で逮捕 警視庁(2日)

同居する母親(44)の首を絞めて殺害したとして、殺人容疑でアルバイトの少年(18)=東京都新宿区=が逮捕された事件で、警視庁少年事件課は2日、同容疑で、新たに少年の交際相手で無職の少女(18)=千葉県大網白里町=を逮捕した。
 同課によると、少女と少年には知的障害があり、約1年前に都内の特別支援学校で知り合い、交際していたが、少年の母親に反対されていたという。少女は逮捕前の事情聴取に対して、「少年と母親の殺害について相談した」などと説明。少年も容疑を認めているという。
 同課は、少年が少女と相談した上で、殺害行為に及んだとみており、責任能力などについて慎重に調べる方針。
 逮捕容疑は、7月31日午前2時ごろ、新宿区の少年宅で、少年の母親の首を両手で絞めて死亡させたとしている。
 同課によると、少年は1日深夜、少女に付き添われて四谷署に出頭していた。

Msn_s1_8 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120802/crm12080219270021-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

「トラックで人ひいてナイフで刺す」 無差別殺人の書き込み男、大阪府警が事情聴取 日航機脅迫と同一人物か(2日)

大阪市のホームページ(HP)に「無差別殺人をする」という書き込みをした疑いがあるとして、大阪府警捜査1課が、威力業務妨害容疑で府内の40代の男から任意で事情聴取していることが2日、分かった。府警によると、男の携帯電話から、成田発ニューヨーク行きの日航機に爆発物を仕掛けたというメールが送られていた可能性もあり、慎重に捜査している。
 日航機の事件は、1日午後1時半ごろ、正午前に離陸した成田発ニューヨーク行き日航6便ボーイング777機に爆発物を仕掛けたとのメールが、日航に届いた。同機は成田空港に引き返したが、不審物は見つかっていないという。乗員乗客にけがはなかった。
 一方、府警によると、威力業務妨害容疑で捜査している男が使ったとみられる携帯は、所有者情報などを示す番号が、日航機の事件で使用された携帯と一致したという。
 男は先月29日夜、携帯から大阪市のHPに「8月上旬に無差別殺人をする。トラックで人をひいてナイフで刺す」などと書き込んだ疑いが持たれている。男は府警の任意の事情聴取に対し、書き込みを全面的に否定しているという。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120802/crm12080219590022-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2、3日単位・レベル)
なぜ多い?偽造五百円硬貨
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120729062913

 五百円の偽造貨幣(硬貨)が今年も多く出回っていることが警察庁がまとめた警察白書で明らかになった。
 今年に入って1~3月で295コインが発見されている。過去5年間でみると平成20年が476コインだったのが21年には515コインになり、22年は一気に増加2690コイン、さらに23年には3625コインと最も多かった。今年は4半期で三百コイン近く発見されており、過去最悪だった昨年よりペースは落ちている。
 五百円硬貨は昭和57年に紙幣から硬貨に変わって登場。当時は白銅貨だったが平成11年にニッケル黄銅貨に変わた。デザインも表面に桐の絵が入り、裏面は500の数字と竹葉の絵になっている。
 偽造コインが多く発見されている理由としては韓国のコインに重さが似ていることから自動販売機で利用されているのではないかと見られている。
 一方、偽札では今年3月現在で1万円札が563枚と最も多く、次いで千円札が51枚、五千円札が28枚の計642枚発見された。平成23年1年間で1536枚だったことから4半期での六百枚強はペース的には多すぎるようだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

“警察官の不祥事は極めて遺憾”(2日)

大阪府内の警察署の警察官が、海水浴場で知り合った10代の少女に酒を飲ませたうえ暴行したとして逮捕されるなど、警察官の不祥事が相次いでいることについて、警察庁の片桐長官は「極めて遺憾だ」と述べ、再発防止に改めて取り組む考えを示しました。

大阪府内の警察署の巡査長は、海水浴場で知り合った10代の少女に酒を飲ませたうえその場で暴行した疑いで1日、逮捕され、一緒にいた同僚の警察官2人も、別の10代の少女の体を触るなどした疑いが持たれています。
これについて、警察庁の片桐長官は、2日の会見で「極めて遺憾と言わざるをえない。捜査、調査を徹底し真相解明に努めているところで、今後、厳正な処分が行われるものと承知している」と述べました。
また先月、福岡県の警察署の警察官が、暴力団と関係している疑いがあるとされる男に捜査情報を漏らして現金を受け取ったとして逮捕されたことについては、「社会全体で暴力団を排除しようという機運が高まっているさなかの事件で誠に遺憾である。捜査の結果も踏まえて厳正に対処するとともに、再発防止の徹底を図ってまいりたい」と述べ、再発防止に改めて取り組む考えを示しました。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120802/t10014035101000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

運転手「脳梗塞で運転止められていた」 (2日)

宮城県の東北自動車道で高速ツアーバスが追突し、乗客ら31人がけがをした事故。運転手は「2か月前に脳梗塞で入院し、医師に運転を止められていた」と話しているということです。
 高速道路で動かなくなった、ツアーバス。フロントガラスは砕け、跡形もありません。すぐ近くのブルーシートには、乗客が座り込んでいました。 「ドーンと大きな衝撃。どこに座っている人もけがをした」
 「キャーという悲鳴が聞こえて、その後に急ブレーキがかかって 、2回ぐらい」(乗客)
 事故が起きたのは宮城県白石市の東北道・下り線で、ツアーバスがトラックに追突し、乗客とバスの運転手ら31人がけがをしました。
 事故を受けて、千葉県にあるバスの運行会社には国土交通省の関東運輸局が特別監査に入りました。また、その直後には労働基準監督署も・・・。安全管理に問題はなかったのでしょうか?
 今年4月、群馬県の関越道で起きた高速ツアーバスの事故。7人が死亡し、38人が重軽傷を負うという大惨事をきっかけに、こうしたバスを運行する基準は厳しくなっています。運転時間が午前2時から午前4時にかかり、走行距離が400キロを超える場合は、運転手の交代が義務づけられています。
 今回はどうだったのでしょうか。記録によりますと、バスは1日午後10時15分、東京ディズニーランドを出発。経由地の新宿を11時半に出て仙台駅の到着予定時間は午前6時10分でした。最短距離で検索すると、その道のりは394キロ。ぎりぎり400キロには達しません。事故が起きたのは午前4時すぎ。運転手は1人だけしか乗っていませんでした。運ばれた先の病院で、運転手はこう話しているといいます。
「2か月前に脳梗塞で入院していて、医師に運転を止められていた。事故の記憶がなく、運転中は若干眠かった」(バスの運転手)
 バスは走行車線を走っていました。そして前を走っていたトラックに追突。そのまま中央分離帯に衝突して止まりました。
 バスの運行会社はJNNの取材に対し、「運転手の具合が悪くなったことはわかっていたが、運転に問題はないと考えていた」と話しています。この会社はこれまでに、過労防止の記録漏れなどで2度の行政処分を受けていて、原因の調査は今後、本格化します。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5096839.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東電女性社員殺害事件 マイナリ元被告の再審公判が確定(2日)

15年前に東京電力の女性社員が殺害された事件で、東京高等裁判所によるネパール人の元被告の再審、裁判のやり直し決定について、東京高検は特別抗告を見送った。
これで、再審公判が開かれることが確定した。
ゴビンダ・プラサド・マイナリ元被告(45)の再審請求審では、犯行現場に第3者がいた可能性を示す新たなDNA鑑定結果が判明し、東京高裁は2012年6月、「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」として、再審開始と刑の執行停止を決定した。
東京高検は異議を申し立てたが認められず、2日、最高裁への特別抗告を見送ることを明らかにした。
これで、マイナリ元被告の再審公判が開かれることが確定した。
東京高検は「今後の再審においては、必要な主張・立証を行ってまいりたい」としている。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.htmlLogo4_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

失格問題、日本にも「飛び火」…「あり得ない」(2日)

中国や韓国などの4ペア8選手が1次リーグで「無気力試合」を行ったとして失格処分となった問題は、日本にも「飛び火」した。


 藤井、垣岩組が1次リーグ最終戦で敗れB組2位で決勝トーナメントに進んだことに対し、同組3位で敗退したインドペアのコーチが「2位になって中国との対戦を避けるため、日本は負けを望んだ」とコメント。この発言について外国メディアから質問を受けた藤井が「あり得ない。ショック」と気色ばむ場面があった。
 日本の舛田圭太コーチは「うちは純粋に戦って敗れた。世界バドミントン連盟も『日本は違う』とはっきり結論を出しているのを確認している」と強調した。準々決勝の直前に失格者が出たことを知ったという藤井は「スポーツでこういうことが起きて悲しい」と表情を曇らせていた。(時事)(2012年8月2日08時44分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

現場周辺に血痕か タクシー運転手殺害で(2日)

大分県杵築市の県道脇に止まっていたタクシー車内から、同県別府市大畑の運転手、尾割隆明さん(74)が他殺体で見つかった事件で、現場から数百メートルにわたり、路上に点々と血痕のようなものが残っていたことが2日、県警への取材で分かった。県警は犯人が逃走した際にできたものとして詳しく調べている。
 尾割さんは刃物のようなもので十数カ所傷つけられ血だらけで発見された。県警は犯人が返り血を浴びたり、尾割さんを襲った際に傷を負ったりしている可能性もあるとみて、鑑定を進めている。
 また捜査関係者によると、尾割さんの首には深い切り傷があった。県警は尾割さんが死亡したのは7月31日午前2時ごろと推定。同時刻ごろ、住民がクラクションを聞いていることから、襲われてから間もなく失血死したとみられる。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120802/crm12080214320016-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

駐車場で10代女性を集団強姦 容疑の少年ら6人逮捕「同意あった」 (2日)

松江署は2日までに、10代の女性を監禁し集団で暴行した監禁と集団強姦の容疑で、少年3人を含む男6人を逮捕した。
 逮捕容疑は、7月22日午前2時ごろ、知り合いの女性を「海に行こう」と松江市の大型スーパー駐車場に呼び出した上で軽乗用車に連れ込み、人けのない別の駐車場へ移動して集団で乱暴した疑い。
 同署によると、6人は松江市乃白町、塗装工坂本直哉容疑者(20)ら。土木作業員の少年(19)を除く5人は「同意があった」として、容疑を否認しているという。
 被害者の女性は、友人2人とともに呼び出された。複数の車で移動し、乱暴されたという。友人2人は無事だった。被害者が22日のうちに、松江署に相談し発覚した。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120802/crm12080214200015-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

男が暴れ5人負傷 ハーブ吸引か 東京・新宿(2日)

2日午前9時20分ごろ、東京都新宿区河田町のマンションの管理人から「男が暴れている」と警視庁牛込署に通報があった。牛込署によると、管理人ら5人が、男に棒で殴られるなどして負傷、うち4人が病院に運ばれた。いずれも軽傷とみられる。
 牛込署は傷害容疑で男を現行犯逮捕。近くにいた男性からも事情を聴いている。
 逮捕された男は「大麻を3人で吸った」と供述、一緒にいた男性は事情聴取に「ハーブを吸った」と話しており、同署が経緯を調べている。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120802/crm12080212040010-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

駐輪場で女子大生に突然抱きつく 容疑の税務署員逮捕(2日)

福岡県警粕屋署は2日、女性に突然抱きついたなどとして強制わいせつの疑いで、税務署職員大熊昌史容疑者(26)=同県古賀市千鳥=を現行犯逮捕した。「(酒を飲んだ後で)覚えていない」と容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は2日午前0時半ごろ、古賀市のJR古賀駅近くの駐輪場で、歩いていた女子大生(21)に背後から抱きつき、胸や尻などを触った疑い。
 通り掛かった男子高校生(17)が大熊容疑者を取り押さえ、粕屋署に引き渡した。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120802/crm12080210490007-n1.htmMsn_s1_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

同僚の男、前日に隣の部屋のチャイム押す(2日)

先月30日、愛知・小牧市で親子が殺害された事件で、2人を殺害したとみられる男が事件前日の夜、被害者の隣の部屋のチャイムを押していたことがわかった。
 この事件は、先月30日に小牧市のアパートに住む花塚一羊さん(43)と長女・彩乃さん(19)が首や胸などを刺され、殺害されたもので、彩乃さんと同僚の25歳の男が、彩乃さんらを刺した後、ベランダから飛び降りたとみられている。
 その後の警察への取材で、男が事件前日の夜、アパートを訪れ、彩乃さんらの隣の部屋のチャイムを押していたことがわかった。隣の部屋の住人がドアを開けて応対すると、男はその場を去っていったという。
 警察は、男が事件前日にも彩乃さんと接触しようとしたとみて、男の回復を待って、殺人の疑いで事情を聴く方針。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2012/08/02/07210814.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東北道事故“バスに追突された”(2日)

2日午前4時すぎ、宮城県白石市の東北自動車道下り線で、東京から仙台に向かっていたツアーバスとトラックが衝突する事故があり、1人が重傷、37人が痛みを訴えて病院で手当てを受けています。
警察によりますと、トラックの運転手は「バスに追突された」と話しているということです。
2日午前4時10分ごろ、宮城県白石市の東北自動車道下り線で、東京・新宿から仙台に向かっていたツアーバスとトラックが衝突しました。
消防によりますと、この事故で、バスの運転手の男性が大けがをしたほか、バスの乗客35人とトラックの運転手ら2人の合わせて37人が痛みを訴え、病院で手当てを受けていますが、全員意識はあるということです。
警察によりますと、トラックの運転手は「バスに追突された」と話しているということで、警察はバスがトラックと衝突したあと、中央分離帯にぶつかったとみて、事故の詳しい状況を調べています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120802/t10014024621000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

マカオ女性刺殺事件 埼玉県警、「国外犯規定」適用し捜査へ(2日)

中国・マカオで7月、日本国籍を持つ女性が腹部を刺されて死亡した事件で、埼玉県警は、「国外犯規定」を適用して捜査する方針であることがわかった。
この事件は7月19日、マカオの住宅街で、日本国籍を持つ中国系の女性が、腹部を刺され死亡しているのが見つかったもので、マカオ警察は、同居していた日本人の男について、事件に関与している可能性があると発表したもの。
男の関係先が埼玉県内にあることや、女性が以前、県内に住んでいたことから、埼玉県警は、刑法の「国外犯規定」を適用し、捜査に乗り出す方針だという。
同居していた日本人の男は、すでに日本に帰国しており、警察は、マカオ当局と連携して情報を集めるとしている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00228670.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

青森市で交際相手の女性をけった疑いで31歳の男逮捕 女性は死亡(2日)

青森市で、交際相手の女性をけってけがをさせたとして、31歳の男が逮捕された。女性は、病院で死亡が確認された。
傷害の疑いで逮捕された無職・後藤千尋容疑者(31)は、7月31日夜、自宅アパートの駐車場の車の中で、交際相手の27歳の女性の腹を数回けり、けがをさせた疑いが持たれている。
女性は、搬送先の病院で死亡が確認された。
警察は、容疑を傷害致死に切り替えて、動機などを調べる方針。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00228676.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察駐車場侵入:容疑で男逮捕 盗品の回収図り 名古屋(2日)

愛知県警中署(名古屋市中区)の駐車場で保管中のレンタカーからナンバープレートが盗まれた事件で、同署は1日、住所不定、改修工事業、尾関陽介被告(33)=別の窃盗罪で起訴=を建造物侵入の疑いで逮捕した。
 容疑は6月14日未明、違法駐車で同署に運ばれたレンタカーの車内にあった盗品のナンバープレート2枚を持ち出そうと、署のフェンスを乗り越えて駐車場に侵入したとしている。「ナンバープレートが見つかったらやばいと思った」と容疑を認めているという。レンタカーは別の男性名義で借りられており、同署はナンバープレートが盗まれた経緯についても調べている。
 また、尾関被告は1日、6月25日未明に同市千種区内山のビデオ店に押し入り売上金など2万4500円を奪ったとして、同市中区丸の内、無職、加藤正章容疑者(46)と強盗などの疑いで同署に逮捕された。市内では5〜6月、このほかに強盗事件が9件あり、同署が関連を調べている。【石山絵歩】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20120802k0000m040151000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヘルパー研修受講に本人確認…偽名取得受け(2日)

オウム真理教による東京都庁郵便爆弾事件で再逮捕された菊地直子容疑者(40)が偽名で介護ヘルパー2級を取得していた問題で、厚生労働省は1日までに、ヘルパー研修などの受講者について、住民票や運転免許証などで本人確認を行うよう各都道府県に依頼した。
 来年4月までの開始を求めている。
 対象は、都道府県が実施するヘルパーやケアマネジャーなどの養成研修の受講者。受講申し込みや初回講義などの際に確認するよう求めている。神奈川県の黒岩祐治知事からの要請に対応した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

巡査長、海水浴場で少女泥酔させ暴行した疑い(2日)

少女を酒に酔わせて暴行したとして、大阪府警は1日、布施署地域課の巡査長・永田昌也容疑者(27)を準強姦容疑で逮捕した。
「そういう行為をしたが、無理やりではなかった」と容疑を否認している。一緒にいた同僚の巡査2人(22歳と25歳)も、別の少女の体を触るなどした疑いがあり、府警は準強制わいせつ容疑で調べている。
 府警監察室によると、永田容疑者は7月31日午後4時頃、同府貝塚市内の海水浴場で、焼酎を飲ませて泥酔させた府内の専門学校生の少女に暴行した疑い。
 永田容疑者はこの日非番で、巡査2人を含む同僚4人と海水浴場でバーベキューをし、その場で知り合った少女3人と一緒に酒を飲んだ。うち1人が「気分が悪い」と訴えたため、永田容疑者が近くのゴムボートの中に寝かせた上で、暴行したという。目撃した通行人らが通報し、発覚した。(

2012年8月2日00時51分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

「死んだ兄を埋めた」死体遺棄容疑で無職男逮捕(2日)

埼玉県警武南署は1日、自宅近くの山林に遺体を埋めたとして死体遺棄の疑いで、同県川口市桜町、無職、笛吹邦博容疑者(61)を逮捕した。
 武南署によると「昨年夏ごろ、兄が死んだので埋めた。遺体は家から背負って運んだ」と供述している。
 逮捕容疑は、川口市の山林に穴を掘って遺体を埋めた疑い。遺体は性別不明で白骨化していた。武南署は遺体の身元や死因を調べている。
 笛吹容疑者と、同居する兄、喜一さんの生活保護申請が7月に川口市にあり、1日午前、市職員が面接調査のため自宅を訪問。喜一さんの所在を聞くと「死んだので埋めた」と話したため、警察に通報した。供述通り、同署員が遺体を見つけた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

「爆発物」メールで成田発NY行き日航機引き返し 麻原死刑囚釈放要求も(2日)

1日午後1時25分ごろ、正午前に離陸した成田発ニューヨーク行き日航6便ボーイング777機に爆発物を仕掛けたとの電子メールが日航に届き、同機は成田に引き返した。午後8時10分ごろに到着、不審物は見つかっていないという。
 日航によるとメールが届いたのは顧客対応窓口で、内容は「保安上の理由で明らかにできない」としている。捜査関係者によると、オウム真理教教祖の麻原彰晃死刑囚=本名・松本智津夫=の釈放を求める内容も含まれていたという。
 日航によると、引き返した航空機の乗客は幼児4人を含む247人で、乗員は18人。爆発物の連絡が入った時点で、同機はアリューシャン列島付近の上空を飛行していた。日航は安全確認のため、午後3時10分ごろに引き返しを決定した。
 全員けがはなく、安全確認の上、239人が別の日航機に乗り換えニューヨークへ再出発した。引き返した便の機体に異常はないが、機内を再度点検する。

Msn_s1_2

 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120802/crm12080200010000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

京大元教授へ贈賄側 交際費3年間で1億円、賄賂に? 所得隠し8000万円も(2日)

京都大大学院薬学研究科の元教授による汚職事件で、贈賄側の医療機器販売会社「メド城取(しろとり)」が昨年6月までの3年間で総額1億円超の交際接待費を計上していたことが1日、関係者への取材で分かった。交際接待費が元教授、辻本豪三(ごうぞう)容疑者(59)=収賄容疑で逮捕=への賄賂となった可能性もあるとみられ、東京地検特捜部は慎重に捜査を進めているもようだ。
 一方、同社が東京国税局の税務調査を受け、一連の不透明な経理処理について、平成22年6月期までの5年間で8000万円超の所得隠しを指摘されていたことも新たに判明した。
 関係者によると、同社は20年7月~23年6月の3年間で計約1億2400万円の交際接待費を計上。23年6月期は約1億3600万円の最終赤字にもかかわらず、交際接待費は約7200万円に膨らんでいた。
 同社は、同社名義のクレジットカードを辻本容疑者に「自由に使ってください」と手渡し利用させるなど長年、利益供与を続けていた。辻本容疑者以外の複数の大学研究者にも高級クラブなどで接待を繰り返していたという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120802/crm12080201340001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月1日 | トップページ | 2012年8月3日 »