« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 盗難エアコンにGPS機能付き携帯、追跡→逮捕(28日) »

2012年7月28日 (土)

警部が捜査書類32件放置 広島県警、訓戒処分(28日)

広島県警は28日、海田署生活安全課の少年係に勤務していた男性警部(59)が、被害届などの捜査書類32件を捜査後に適切に処理せず放置していたと発表した。18日付で訓戒処分にした。
 県警監察官室は「被害届の受理後に捜査せず放置していたものはなかった」と説明している。
 監察官室によると、放置したのは、捜査したものの容疑者が特定できないなどの理由で立件できなかった事件の書類。本来は捜査報告書を書いて上司の決裁を受けた後、未解決事件のファイルに保管することになっている。32件のうち窃盗事件1件は、今年4月以降に補充捜査を行い、書類送検した。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012072801001512.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 盗難エアコンにGPS機能付き携帯、追跡→逮捕(28日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/55301105

この記事へのトラックバック一覧です: 警部が捜査書類32件放置 広島県警、訓戒処分(28日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 盗難エアコンにGPS機能付き携帯、追跡→逮捕(28日) »