« 海に沈んだ車から男性遺体 横須賀(4日) | トップページ | 中2男子、ウイルス作成で補導 ハッカー掲示板を運営(4日) »

2012年7月 4日 (水)

取り調べ全面可視化デメリット大きい…検事総長(4日)

最高検は4日、試行中の取り調べの録音・録画(可視化)について、「適正な取り調べにつながり、有効」とする検証結果を発表した。
 ただ、容疑者の供述が後退するなどの弊害があるとして、笠間治雄検事総長は、取り調べ全過程の可視化(全面可視化)の導入は「デメリットが大きい」との見解を示した。
 検証対象は、今年4月までの1年間の特捜部などの独自捜査事件98件のうち91件と、昨年9月~今年4月の裁判員裁判対象事件2465件のうち1906件。容疑者が拒否するなどしたため、全面可視化は独自捜査で39件(約42%)、裁判員裁判対象で399件(約20%)にとどまった。(

2012年7月4日20時48分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

« 海に沈んだ車から男性遺体 横須賀(4日) | トップページ | 中2男子、ウイルス作成で補導 ハッカー掲示板を運営(4日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/55121603

この記事へのトラックバック一覧です: 取り調べ全面可視化デメリット大きい…検事総長(4日):

« 海に沈んだ車から男性遺体 横須賀(4日) | トップページ | 中2男子、ウイルス作成で補導 ハッカー掲示板を運営(4日) »