« 息子からの金で口論、妻を殺害…傷50か所以上(3日) | トップページ | 元宝塚歌劇団員の女と暴力団組員逮捕 「妊娠させた」と恐喝未遂容疑(3日) »

2012年7月 3日 (火)

脱法ハーブから指定薬物、販売目的貯蔵の疑いで元経営者を書類送検/神奈川県警(3日)

横浜市旭区の雑貨店で販売されていた巻きたばこ状の脱法ハーブから指定薬物が検出された問題で、県警薬物銃器対策課と旭署は2日、薬事法違反(指定薬物販売目的貯蔵)の疑いで、同店元経営者の男性(35)=同市港北区=を書類送検した。県警は6月、同店が閉店したことを確認したという。
 書類送検容疑は、3月22日、同店内で、指定薬物を含む巻きたばこ4本(販売価格1本約600円)を販売目的で貯蔵した、としている。同課によると、男性は「違法な成分が含まれているかもしれない可能性があるにもかかわらず、売っていたことになる」と供述している。
 同課によると、横浜市の男性会社員(22)が3月、同店で購入した巻きたばこを吸引後、救急搬送され、薬物の影響による中毒と認められ、全治3日間と診断された。県警が同店から押収した商品のうち、巻きたばこ4本から3種類の指定薬物が検出されたという。
 同課によると、同店は昨年11月に営業を始め、翌12月には店頭に脱法ハーブを販売する自動販売機を設置。元経営者の男性は「(閉店間際の)5月には月約100万円の利益があった」と説明しているという。

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1207030005/2010_0123_11120247newslogo1

« 息子からの金で口論、妻を殺害…傷50か所以上(3日) | トップページ | 元宝塚歌劇団員の女と暴力団組員逮捕 「妊娠させた」と恐喝未遂容疑(3日) »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脱法ハーブから指定薬物、販売目的貯蔵の疑いで元経営者を書類送検/神奈川県警(3日):

« 息子からの金で口論、妻を殺害…傷50か所以上(3日) | トップページ | 元宝塚歌劇団員の女と暴力団組員逮捕 「妊娠させた」と恐喝未遂容疑(3日) »