« 「停職は重い」巡査部長が静岡県警を提訴(9日) | トップページ | 内閣府調査会:「強姦は親告罪除外を」泣き寝入り防止求め(9日) »

2012年7月 9日 (月)

中1女子いじめ自殺訴訟、両親の請求を棄却(9日)

埼玉県北本市の市立北本中1年だった中井佑美さん(当時12歳)が2005年に自殺したのは、学校側がいじめ対策を怠ったためなどとして、佑美さんの両親が国と市に計約7600万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は9日、請求を棄却する判決を言い渡した。
 遺書に自殺原因が学校生活に関係することを示唆する記述はあったが、舘内比佐志裁判長は「原因がいじめであると認定することはできない」として、国や市の責任は認めなかった。原告側は控訴する。
 佑美さんは05年10月、登校中にマンション屋上から飛び降りて自殺。市は在校生のアンケート調査などから「いじめは確認できなかった」とした。原告側は「市と国は調査義務を果たしていない」とも主張したが、判決は「調査方法は自治体の裁量に委ねられるべきで、今回の調査に違法な点は認められない」と結論づけた。

« 「停職は重い」巡査部長が静岡県警を提訴(9日) | トップページ | 内閣府調査会:「強姦は親告罪除外を」泣き寝入り防止求め(9日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/55159047

この記事へのトラックバック一覧です: 中1女子いじめ自殺訴訟、両親の請求を棄却(9日):

« 「停職は重い」巡査部長が静岡県警を提訴(9日) | トップページ | 内閣府調査会:「強姦は親告罪除外を」泣き寝入り防止求め(9日) »