« 「アレフの進出は断固阻止」蓮田市声明(4日) | トップページ | 「ターゲットはAKB、ジャニーズ系掲示板」 サイト攻撃用ウイルス作成容疑で中2ら摘発 京都府警(5日) »

2012年7月 4日 (水)

強制送還中死亡:遺族に説明せず心臓保管 千葉地検(4日)

成田空港で一昨年3月、強制送還中のガーナ人男性(当時45歳)が東京入国管理局の入国警備官の制止を受けた後に死亡した事件で、千葉地検が遺族に説明せず男性の心臓を保管し続けていたことが4日、分かった。男性の妻(50)らが東京都内で記者会見して明らかにした。妻は「事件から2年以上たって初めて知らされた」と不満をあらわにしている。
 事件では遺族の告訴を受け書類送検された警備官10人を特別公務員暴行陵虐致死容疑で同地検が捜査し、3日に不起訴処分とした。
 妻らによると、担当検事は同日、「心臓を司法解剖し、保管していた。鑑定の結果、死亡は警備官の制止が原因ではなく不整脈だった」との趣旨の説明をしたという。ただし、心臓の返還には言及しなかったという。
 男性の遺体は10年6月に遺族に返還されたが、この時には心臓を保管するとの説明はなかったといい、母国のガーナで男性の葬儀・埋葬が済んでいる。妻は「本当に心臓が夫のものなのかさえ信じがたいが、本当なら早く返してほしい」と訴えた。【伊藤一郎】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20120705k0000m040075000c.html

« 「アレフの進出は断固阻止」蓮田市声明(4日) | トップページ | 「ターゲットはAKB、ジャニーズ系掲示板」 サイト攻撃用ウイルス作成容疑で中2ら摘発 京都府警(5日) »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強制送還中死亡:遺族に説明せず心臓保管 千葉地検(4日):

« 「アレフの進出は断固阻止」蓮田市声明(4日) | トップページ | 「ターゲットはAKB、ジャニーズ系掲示板」 サイト攻撃用ウイルス作成容疑で中2ら摘発 京都府警(5日) »