« 警部補が無断で交通事故当事者に目撃者の携帯番号教える 静岡(18日) | トップページ | いじめ対応の小学校長自殺 因果関係不明と教委「遺書なし」 津(18日) »

2012年7月18日 (水)

飼い犬26匹、団地に放置し転居した53歳女(18日)

団地の一室に飼い犬25匹を放置したとして、千葉県警環境犯罪課は17日、船橋市習志野台、舟串恵子容疑者(53)を動物愛護法違反(遺棄)の疑いで逮捕した。
 発表によると、舟串容疑者は6月8日頃、船橋市の高根台団地の自宅に雑種犬25匹を残して転居し、1か月近く放置した疑い。
 同課によると、舟串容疑者が家賃を滞納したため、都市再生機構(UR)が裁判所の判決をもとに立ち退きを求める貼り紙を玄関にしたところ、舟串容疑者は5匹だけ連れて転居した。残された26匹のうちの1匹が死に、残る25匹は室内のドッグフードを食べていたという。25匹は今月、千葉地裁の強制執行で保護された。
 舟串容疑者は「突然出て行けと言われたので、残しておくと死んでしまいそうな犬だけ連れて出た」と供述しているという。

« 警部補が無断で交通事故当事者に目撃者の携帯番号教える 静岡(18日) | トップページ | いじめ対応の小学校長自殺 因果関係不明と教委「遺書なし」 津(18日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飼い犬26匹、団地に放置し転居した53歳女(18日):

« 警部補が無断で交通事故当事者に目撃者の携帯番号教える 静岡(18日) | トップページ | いじめ対応の小学校長自殺 因果関係不明と教委「遺書なし」 津(18日) »