« ひき逃げ容疑で逮捕の男から覚せい剤陽性反応 赤信号無視し男性はねる(2日) | トップページ | 89歳女性、ひき逃げされ左脚ほぼ断裂・死亡(2日) »

2012年7月 2日 (月)

「犯行前夜から幻聴が」大阪通り魔事件で再逮捕(2日)

大阪・心斎橋で男女2人が刺殺された通り魔事件で、大阪府警捜査1課は2日、無職

礒飛

(

いそひ

)

京三容疑者(37)(逮捕)をスナック経営佐々木トシさん(66)に対する殺人容疑で再逮捕した。礒飛容疑者は容疑を認め、「犯行前夜から幻聴が聞こえ始め、幻聴に従って包丁を買った」などと供述。しかし、供述調書への署名や押印は拒否しているという。
 発表では、礒飛容疑者は6月10日午後1時頃、大阪市中央区東心斎橋の路上で、自転車に乗っていた佐々木さんの腹などを包丁で刺し、殺害した疑い。
 府警によると、礒飛容疑者は5月24日、覚醒剤取締法違反で服役した新潟刑務所を出所し、栃木県内の薬物依存者向けリハビリ施設に入ったが、6月8日に退所。犯行前日の翌9日、仕事の紹介を頼んだ大阪市内の知人男性宅に泊まった。
 礒飛容疑者は調べに「覚醒剤を使うと幻聴が聞こえることもあったが、事件前には使っていないのに聞こえた。大阪まで来たのに仕事が見つからず一層不安になった」と供述している。
 大阪地検は、刑事責任能力の程度を調べるため詳細な精神鑑定をする方針。
 一方、同地検は2日、音楽プロデューサー南野信吾さん(42)に対する殺人、銃刀法違反の両容疑について、処分保留にした。

« ひき逃げ容疑で逮捕の男から覚せい剤陽性反応 赤信号無視し男性はねる(2日) | トップページ | 89歳女性、ひき逃げされ左脚ほぼ断裂・死亡(2日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「犯行前夜から幻聴が」大阪通り魔事件で再逮捕(2日):

« ひき逃げ容疑で逮捕の男から覚せい剤陽性反応 赤信号無視し男性はねる(2日) | トップページ | 89歳女性、ひき逃げされ左脚ほぼ断裂・死亡(2日) »