« 死刑判決割合が戦後2番目の高さ(24日) | トップページ | 渋谷駅近く、ケンカ仲裁の男性刺される (24日) »

2012年7月24日 (火)

ネットで銃身輸入疑い 東京の男を書類送検「小遣い稼ぎでやった」(24日)

インターネットオークションを利用して、拳銃の銃身を輸入したとして、兵庫県警薬物銃器対策課などが、銃刀法違反(拳銃部品輸入など)の疑いで、東京都に住む無職の男(62)を書類送検していたことが24日、県警への取材で分かった。
 薬物銃器対策課などによると、本物らしく見せるため、モデルガンに実物の銃身などを組み込む愛好家もいる。同課は「部品でも銃の輸入や所持は違法」として、起訴を求める厳重処分の意見を付けた。
 送検容疑は4月中旬、米国のオークションサイトで拳銃の銃身を40ドル(約3200円)で落札。中古の機械部品に偽装して日本に輸入した疑い。
 同課によると、転売しようと日本のオークションサイトに出品して発覚。「小遣い稼ぎでやった」と容疑を認めている。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120724/crm12072414150025-n1.htm

« 死刑判決割合が戦後2番目の高さ(24日) | トップページ | 渋谷駅近く、ケンカ仲裁の男性刺される (24日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/55269604

この記事へのトラックバック一覧です: ネットで銃身輸入疑い 東京の男を書類送検「小遣い稼ぎでやった」(24日):

« 死刑判決割合が戦後2番目の高さ(24日) | トップページ | 渋谷駅近く、ケンカ仲裁の男性刺される (24日) »