« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 自殺3日前に部屋を荒らされたか(13日) »

2012年7月13日 (金)

1級建築士 神奈川でも免許偽造(13日)

一級建築士の免許偽造が全国で相次いでいる問題で、神奈川県内の二級建築士の男性が、一級建築士の免許を偽造し、二級には認められていない大規模建築物の設計を手掛けていたことが、県への取材で分かった。県は昨年十二月、この男性を聴取。男性は偽造を認め、今年五月に廃業届を提出した。県は資格取り消しなどの行政処分を検討している。
 県によると、男性は一九七一年に青森県から二級建築士の免許の交付を受けた後、相模原市内で一級建築士事務所の代表者として県に届け出た。神奈川県内では、十件以上の設計などを手掛け、うち一件は一級建築士の資格が必要な大規模建築物の設計だった。神奈川県内では、このほかにも、茅ケ崎市の精神障害者向け施設の改修工事で、提出された書類の一級建築士の氏名が、国の名簿に登録されていなかったことが判明。県は建築士法違反の疑いで、県警に刑事告発することも視野に調べている。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012071302000253.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 自殺3日前に部屋を荒らされたか(13日) »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1級建築士 神奈川でも免許偽造(13日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 自殺3日前に部屋を荒らされたか(13日) »