« 弘前で竜巻 7棟全壊、1人軽傷(5日) | トップページ | 江戸川河川敷で災害警備総合訓練  警察、消防など1200人参加(5日) »

2012年7月 5日 (木)

押収覚醒剤3300回分が所在不明(5日)

 厚生労働省は5日、関東信越厚生局麻薬取締部(東京都千代田区)に保管されていた100グラム入り覚醒剤1袋(末端価格100~200万円相当、使用回数3300回分)が所在不明となったと発表した。盗難の可能性もあるとして、警視庁麹町署に相談したことを明らかにした。
 同省によると、覚醒剤は平成19年3月の覚醒剤密売事件で押収された。だが、一部犯人が逃走中であることから、麻薬取締部が特殊証拠品として同部の保管庫で施錠管理していた。今年4月27日に保管庫から無くなっているのを職員が発見。保管庫が破壊された形跡などはないという。
 鍵は特定の職員が管理していたが、許可を得れば、関係者が使用できる状態にあった。証拠品の出し入れにあたっては管理簿は作成していなかった。いつの時点で所在が分からなくなったかは不明としている。
 関東信越厚生局の石塚正敏局長は「違法薬物の取締を行う組織でこうした事態が発生したことは誠に遺憾。国民の皆様に深くおわび申し上げる」と謝罪した。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

« 弘前で竜巻 7棟全壊、1人軽傷(5日) | トップページ | 江戸川河川敷で災害警備総合訓練  警察、消防など1200人参加(5日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/55128737

この記事へのトラックバック一覧です: 押収覚醒剤3300回分が所在不明(5日):

« 弘前で竜巻 7棟全壊、1人軽傷(5日) | トップページ | 江戸川河川敷で災害警備総合訓練  警察、消防など1200人参加(5日) »