« 赤スプレーで「死ね」塀に落書き 中3女子2人逮捕(6日) | トップページ | 菊地容疑者潜伏通報、神奈川県警「確認できず」(6日) »

2012年7月 6日 (金)

マルサ摘発189件 経済低迷で大型脱税減る 昨年度(6日)

全国の国税局が昨年度に強制調査(査察)で摘発した脱税事件が、189件だったことが分かった。このうち検察庁に告発した悪質なケースは117件(61.9%)で、1998年以来13年ぶりに7割を切った。国税庁は「経済状況の悪化に伴い、大規模な脱税が減った」としている。
 国税庁によると、摘発は前年度の216件から27件減った。加算税を含む脱税額の総額は前年度より約56億円少ない約192億円。脱税額が5億円以上の事件も半減の3件だった。業種別では3年連続最多の不動産業に代わって建設業が9件で最も多く、次いで商品・株式取引業7件、人材派遣業7件だった。
 関東信越国税局の査察では、民家の土蔵の床下に隠された衣装ケースなどに現金3億円と金ののべ板50本(1本1キロ、1億3千万円相当)を発見。大阪国税局管内では、銀行の貸金庫に現金6千万円が隠された例もあったという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

« 赤スプレーで「死ね」塀に落書き 中3女子2人逮捕(6日) | トップページ | 菊地容疑者潜伏通報、神奈川県警「確認できず」(6日) »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルサ摘発189件 経済低迷で大型脱税減る 昨年度(6日):

« 赤スプレーで「死ね」塀に落書き 中3女子2人逮捕(6日) | トップページ | 菊地容疑者潜伏通報、神奈川県警「確認できず」(6日) »