« 2012年7月23日 | トップページ | 2012年7月25日 »

2012年7月24日

2012年7月24日 (火)

警察署員から現金詐取の旅 3カ所目、未遂容疑で御用(24日)

警察署員から現金をだまし取ろうとしたとして、三重県警大台署は24日、名古屋市緑区大高町、職業不詳天野弘治容疑者(69)を詐欺未遂の疑いで逮捕し、発表した。「だますつもりはなかった」と容疑を否認しているという。
 同署によると、天野容疑者は23日午後6時ごろ、同署を訪れ、「現金2万8千円入りの財布をなくした」と遺失届を提出。「名古屋まで帰るガソリン代を貸してほしい」と偽り、同署の男性巡査(25)から現金をだまし取ろうとした疑いがある。
 同容疑者はこの日午後3時20分ごろに同県警熊野署を訪問。同4時半ごろには尾鷲署も訪れ、同じような手口で両署員からそれぞれ現金5千円ずつをだまし取った疑いがある。尾鷲署から連絡を受けた大台署員が同容疑者を待ち受けていたところ、同じ手口で現金をだまし取ろうとしたため、逮捕したという。大台署は余罪についても調べる。
 警察署を訪ねながら北上した同容疑者に熊野、尾鷲両署員が手渡した現金は、いずれも善意のポケットマネーだったという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

マイナリ元被告再審異議への決定、31日に(24日)

東京電力女性社員殺害事件で再審開始決定を受けたネパール国籍のゴビンダ・プラサド・マイナリ元被告(45)について、東京高裁(八木正一裁判長)は24日、検察側の異議に対する決定を31日午前10時に出すことを決めた。
 マイナリ元被告の再審請求審では、同高裁の別の裁判部が6月7日、再審開始と無期懲役刑の執行停止の決定を出した。検察側は異議を申し立てたが、元被告は執行停止決定に基づき釈放され、ネパールに帰国した。31日の決定で高裁が再審開始決定を支持し、検察側が最高裁に特別抗告しなければ、再審へ移行する。

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子大学生を自宅に監禁した容疑で逮捕(24日)

帰宅途中の女子大学生を自宅に監禁した疑いです。逮捕監禁の疑いで現行犯逮捕されたのは、埼玉県川越市の自称・派遣社員、鈴木智弘容疑者(37)で24日午前1時前、川越市内の路上で帰宅途中の女子大学生(19)を刃物のようなもので脅し、手足を縛って自宅に監禁した疑いがもたれています。
 近所の人から「女性の叫び声が聞こえた」との通報があり、警察が付近を捜索したところ女子大学生と一緒にいる鈴木容疑者を発見し、現行犯逮捕しました。取り調べに対し、鈴木容疑者は容疑を否認しています。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5089200.htmlLogo1_4

| コメント (0) | トラックバック (0)

ナンペイ事件 警視庁、カナダ在住の中国人の身柄引き渡し要求(24日)

17年前、東京・八王子市のスーパー、ナンペイで女性3人が殺害された事件で、警視庁がカナダ在住の男の身柄の引き渡しを求めていることがわかった。
1995年7月、東京・八王子のスーパー「ナンペイ」で起きた強盗殺人事件。
アルバイト店員の稲垣則子さん(当時47)と、高校生だった前田寛美さん(当時16)、矢吹 恵さん(当時17)の3人が、何者かに拳銃で撃たれ殺害された。
第1発見者は「こんなところに人形があるのかなと、よく見たら人間が倒れていると、血だらけのね」と話していた。
あれから17年。
未解決事件の全容解明に向けた新たな動きがあった。
7月4日、カナダ・トロントで数人のグループで歩くその中に、渦中の男がいた。
この男は、カナダ在住の41歳中国人。
この男が捜査線上に浮上したのは2009年、中国・大連に捜査員を派遣した時のこと。
警視庁は、日本人の元死刑囚から、「ナンペイ事件について、41歳の中国人の男が何らかの事情を知っている」との証言を得たという。
警視庁は、日本人元死刑囚と2002年に、日本人名義の偽造パスポートで日本を出国した男について、旅券法違反容疑で逮捕状をとり、カナダ政府に男の身柄引き渡しを要求した。
しかし、日本とカナダの間には身柄引き渡しの条約がなく、カナダの裁判所が引き渡すべきかを審理。
中国人の男は、「引き渡しは不当だ」と争ってきた。
この移送をめぐる裁判は、9月10日にも決定が言い渡される見通しで、17年前の事件の闇が明らかとなるか注目される。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00228104.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪大で男性重体、腹にナイフ刺さる (24日)

 24日夕方、大阪府豊中市の大阪大学のキャンパスで腹部にナイフが刺さった男性が倒れているのが見つかりました。男性は意識不明の重体で、警察は何者かに刺された可能性もあると見て捜査を始めました。
 消防によりますと、午後4時20分頃、豊中市待兼山の大阪大学豊中キャンパスの警備員から、「理学部の中で30歳くらいの男性の腹部にナイフが刺さっている」と119番通報がありました。救急隊員が駆けつけ、男性は吹田市の千里救命救急センターに運ばれました。
 大阪大学の広報によりますと、男性は26歳のベトナム人留学生と見られ、意識不明の重体だということです。警察は、何者かが男性をナイフで刺した可能性もあると見て捜査を始めました。
 警察によりますと、男性は腹部にナイフが刺さった状態で警備員室に現れ、警備員がそこから消防に通報したということです。

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5089086.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

睡眠導入剤もうろう状態で電車運転 札幌市交通局(24日)

札幌市交通局は24日、市営地下鉄の50代の男性運転士が、乗務前の仮眠時に服用した睡眠導入剤の影響で意識がもうろうとした状態で、回送電車を19日に運転したと発表した。操作ミスでブレーキが作動し、電車は運休した。交通局はこれまで車両故障と説明していた。
 交通局によると、運転士は乗務の約7時間前に仮眠する際、持病で医師から処方された睡眠導入剤を服用した。19日朝、回送列車を運転中にハンドルから8回手を離し、ブレーキが8回作動。本人は気付かず、車両故障を知らせる表示も出たため、運休となった。
 交通局の運転士への聞き取りで発覚した。乗務前に薬の服用について報告義務があるが、運転士は報告していなかった。その後、病院で「睡眠導入剤による一過性健忘」と診断された。
 トラブルの影響で電車4本が運休し、最大約20分の遅れが出た。約5600人に影響した。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120724/dst12072419170017-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日単位・レベル)
山岳遭難
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120720094906

 23日朝、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂の北アルプス・北穂高岳で、東京都江東区の68歳の女性が倒れているのを県警のヘリコプターが発見したが間もなく死亡が確認された。
 女性は登山仲間の女性計3人で入山。22日朝、南岳小屋から北穂高小屋に向かう尾根でバランスを崩し、約170メートル下に滑落した。女性は10年の夏山登山の経験があったが現場は雨で滑りやすくなっていたという=読売新聞電子版
 いよいよ本格的な夏山シーズンの到来です。警察庁によると山岳遭難者に高齢者が多くなっており注意を呼びかけています。
 平成23年の山岳遭難件数は1830件で前年に比べて112件減少したが過去10年間では年々増加傾向にあるという。1830件のうち遭難者数は2204人でうち60歳以上は1118人と50.7%を占めた。死者数は275人のうち190人と69.1%にものぼった。
 遭難者数で最も多かったのは長野県の251人、次いで北海道の148人、富山県の132人、新潟県の113人と続くが、なんと東京が5位の102人となった。上位4道県は本格的登山の山岳を抱えるが東京はハイキング級なのに遭難者が多いのはやはり装備その他で甘く見ているのではないのか。
 警察ではハイキングとはいえ信頼できるリーダーを中心に複数で行動を。計画の段階から危険箇所を事前に調べておくこと。滑りにくい登山靴の着用をなどを呼びかけている。

2006_0810_004208nisho

 【注意】最近「BigBan」事務局として振り込め詐欺のメール送信が多いので注意しましょう。手口は出会い系のメールを送信。次第に送信数が多くなり、夜中に15、6件も送信。その後に「迷惑メール停止」のメールを流す。
 クリックすると、申し込まないのに5000円の請求。この後請求は1日に20件も続く。毎回アドレスを変えているので対策ができない。最後に「支払いがないのは悪質として登録する」と脅しになる。振り込まないで口座が分かれば#9110に通報しましょう。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

盗撮目的の中学教諭を逮捕 ソフトテニス部顧問、教室に侵入 静岡(24日)

静岡県警清水署は24日、盗撮目的で小型ビデオカメラを設置するため、勤務先の中学校の教室に侵入したとして、建造物侵入の疑いで、静岡市清水区能島371の1、同市立清水飯田中学校教諭、岡部博容疑者(29)を逮捕した。「盗撮目的で侵入した」と供述しているという。
 同市では5月に市立中学の男性教諭が教え子に対する強制わいせつ容疑で逮捕されたばかり。
 岡部容疑者の逮捕容疑は6日午後5時ごろ、女子生徒の着替えを盗撮する目的で、中学校の教室に侵入した疑い。清水署によると、女子ソフトテニス部の生徒らがこの教室でミーティングをしていた際に、室内に岡部容疑者がいるのを見た。部屋は生徒らの着替えに使われるため、岡部容疑者は退出。その後、生徒らはロッカー内に設置されたカメラを発見した。岡部容疑者は部の顧問。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120724/crm12072416250029-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷駅近く、ケンカ仲裁の男性刺される (24日)

24日朝、東京のJR渋谷駅近くでケンカの仲裁に入った男性がケンカをしていた男1人にナイフで刺されました。男は、現在も逃走中です。
 「(男性は)そこに座ってしゃべっていて、救急車が来て乗っていった」(目撃者)
 午前5時ごろ、渋谷区・道玄坂の路上でケンカの仲裁に入った20代ぐらいの男性がケンカをしていた男1人に、いきなり、ナイフで背中を刺されました。男は、そのままタクシーで逃走しました。男性は命に別状はないということです。
 男性はケンカをしていた男らと面識がなかったということで、警視庁は傷害事件として逃げた男の行方を追っています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5088937.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットで銃身輸入疑い 東京の男を書類送検「小遣い稼ぎでやった」(24日)

インターネットオークションを利用して、拳銃の銃身を輸入したとして、兵庫県警薬物銃器対策課などが、銃刀法違反(拳銃部品輸入など)の疑いで、東京都に住む無職の男(62)を書類送検していたことが24日、県警への取材で分かった。
 薬物銃器対策課などによると、本物らしく見せるため、モデルガンに実物の銃身などを組み込む愛好家もいる。同課は「部品でも銃の輸入や所持は違法」として、起訴を求める厳重処分の意見を付けた。
 送検容疑は4月中旬、米国のオークションサイトで拳銃の銃身を40ドル(約3200円)で落札。中古の機械部品に偽装して日本に輸入した疑い。
 同課によると、転売しようと日本のオークションサイトに出品して発覚。「小遣い稼ぎでやった」と容疑を認めている。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120724/crm12072414150025-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

死刑判決割合が戦後2番目の高さ(24日)

最高裁判所の司法研修所が初めて行った死刑に関する調査の結果、最近の5年間で殺人事件の1審判決が死刑になる割合は、戦後2番目に高くなったことが分かりました。最高裁判所の司法研修所は、裁判員裁判で活用してもらうため刑の重さに関する分析を行い、この中で過去の判決を元に初めて死刑に関する本格的な調査を実施しました。
それによりますと、事件の発生は減少している一方で平成21年までの5年間に殺人事件の1審で死刑が言い渡された被告の割合は0.99%と昭和20年代の1.02%に次いで、戦後2番目に高くなりました。
また、司法研修所はこの30年間に殺人や強盗殺人事件で死刑が求刑され、死刑か無期懲役が確定した340件余りを調べました。
その結果、死刑になった割合は▽被害者が3人以上の場合79%▽2人の場合は59%になっているほか、▽1人の場合でも32%に上ることも分かりました。
分析では、いわゆる「厳罰化」の傾向について「事件数は減っていても一時期の外国人犯罪の増加や凶悪化を背景に治安に対する国民の不安が続いている」と指摘しています。
司法研修所は「裁判員だけでなくプロの裁判官にとっても死刑は難しい判断だけに、データを評議で参考にしてほしい」と話しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120724/t10013800081000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

六本木で悪質客引きをパトロール (24日)

悪質な客引きをなくそうと、東京の六本木で警察官や区民らおよそ70人が夜の繁華街をパトロールしました。
 港区・六本木では悪質な客引きが後を絶たないことから、23日夜、警察官や区民など総勢70人余りが参加して夜の繁華街をパトロールしました。
 六本木周辺では、繁華街を訪れる人たちだけでなく、地域の住民からも客引きが「目の前に立ちふさがる」「つきまとう」などの苦情が相次いでいるということです。
 警視庁は「客引きで店に入り、多額のカード代を請求されるトラブルもある。しつこい客引きや強引な客引きを受けたら110番してほしい」などと呼びかけています。(23日23:37)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5088771.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴行動画:小6男児の保護者が赤穂署に被害届(24日)

兵庫県赤穂市で小学6年の男児(12)に同市立中3年の男子生徒(14)=別の傷害容疑で逮捕=が暴行する映像が動画サイトに公開された問題で、男児の保護者が23日、県警赤穂署に被害届を出した。捜査関係者への取材で分かった。男児は市教委の調査に「遊びだった」と話したが、同署は暴行や傷害、暴力行為法違反などの疑いがあるとみて詳しく調べる。
 市教委によると、動画が撮影されたのは今月8日。現場では、暴行した生徒のほか、私立高2年の男子生徒(16)=同=や市立中3年の男子生徒ら4人が関わっていた。市教委は「いじめ」との見解を明らかにしている。
 生徒らは、市内の公園で7月から殴り合いの「ゲーム」を始め、男児は4、5回加わったとされる。近所の人が「ゲーム」を目撃していた。「通行人を確認すると暴行をやめていた」との証言もあり、同署は5人の役割なども調べる。【椋田佳代、勝野俊一郎】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20120724k0000m040161000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

兵庫の少年院、自室で少年自殺か 室内から遺書(24日)

兵庫県加古川市八幡町の少年院「加古川学園」は23日、入所中の少年1人が1人部屋の自室で自殺したと発表した。保護者あての遺書が室内から見つかったという。
 発表によると、22日午前5時25分ごろ、巡回中の法務教官が、洗面台の蛇口に結んだタオル2枚で首をつり、座った姿勢のままぐったりしている少年を見つけた。救急車で病院に搬送されたが、同日深夜に死亡が確認されたという。
 学園は、おおむね17歳6カ月以上の少年約130人が入所。この少年は入所してまだ日が浅かったという。学園の桑田昌巳・次長は「(自殺をうかがわせる)兆しはなかった」と話した。

Logo2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

自分の土地、何が悪い」 国道を損壊の疑いで男逮捕、宮城県警(24日)

宮城県警白石署は23日、同県蔵王町にある国道の歩道の舗装を壊したなどとして、道路法違反の疑いで、静岡市駿河区、無職、庄司照喜容疑者(83)を逮捕した。庄司容疑者は、壊した場所が自身の所有地と主張し、「自分の土地のものを壊して何が悪い」と否認している。

 逮捕容疑は、2009年9月30日、蔵王町の国道4号線の歩道にある車止め用ポール8本を切断するなどしたほか、同10月17日、ショベルカーで同じ歩道のアスファルト部分約115平方メートルを引き剥がした疑い。
 白石署によると、庄司容疑者は、国道の一部は自分の土地だと主張し、周囲には実際に自分の土地を所有している。1997年に土地の境界画定を求めて国を提訴し、03年に要求を退ける控訴審判決が確定したが「測量が間違っている。道を壊すぞ」と国土交通省の出先機関や蔵王町に予告していたという。
 白石署は、国交省からの告発を受け庄司容疑者に任意の取り調べに応じるよう求めていたが、再三拒否されたため、逮捕に踏み切った。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120723/crm12072319540023-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

高架下の車に男性遺体 埼玉県警、殺人・死体遺棄で捜査(24日)

埼玉県警は23日夜、同県坂戸市で22日に首都圏中央連絡自動車道(圏央道)高架下に止まった軽乗用車内から同県毛呂山町、無職、川島一浩さん(33)の遺体が見つかったと明らかにした。
 司法解剖の結果、死因は外傷性ショックと肺の損傷と判明。県警は殺人、死体遺棄事件として西入間署に捜査本部を設置した。
 捜査本部によると、川島さんは自分の軽乗用車の後部座席に倒れ、胸や腹に十数カ所殴られたような痕があった。肋骨も十数カ所折れており、死後2~3日が経過しているとみられる。
 車は施錠されており、鍵は見つかっていないという。着衣に乱れはなく、現金数千円入りの財布は車内に残されていた。捜査本部は、交友関係などにトラブルがなかったかも含めて調べている。
 川島さんは19日夜、自宅で家族と夕食を食べたのを最後に行方が分からなくなった。高架近くの住民が22日に「2~3日前から車が止まっている」と110番通報。ナンバーから川島さんの軽乗用車と判明し、両親と西入間署員が車内を確認し、後部座席で川島さんを発見した。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120723/crm12072323110026-n1.htmMsn_s1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

太陽光パネル26枚盗まれる 水戸の事業所、1枚17キロ、ボルトで固定(24日)

23日午前7時半ごろ、水戸市小泉町の太陽光発電システム販売会社「創建工業」で、同社が発電用として敷地内に設置した太陽光パネル26枚(計約260万円相当)が盗まれているのを社長らが発見し110番通報した。水戸署が窃盗事件として調べている。
 水戸署や同社によると、盗まれたのは1枚が縦1.35メートル、横1メートル、重さ約17キロのパネル。530枚をコンクリートの土台に設置した鉄骨にボルトで固定していた。敷地は周辺に柵などはなく自由に出入りできたという。
 最後に確認した21日午後2時ごろから23日朝までに盗まれたとみられる。社長は「7月以降無断で敷地内に侵入し、写真を撮っていく人がいて困っていた」と話している。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120724/crm12072401040000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月23日 | トップページ | 2012年7月25日 »