« 2012年7月14日 | トップページ | 2012年7月16日 »

2012年7月15日

2012年7月15日 (日)

神奈川・横浜市で当時5カ月の長女に暴行を加えた疑いで父親逮捕(15日)

神奈川・横浜市で当時5カ月の長女に、頭を揺さぶるなどの暴行を加えた疑いで、32歳の父親が逮捕された。
傷害の疑いで逮捕された自営業・西川 祥容疑者(32)は、2011年3月、横浜市の自宅で、当時5カ月だった長女・楓莉(かいり)ちゃん(1)の頭を激しく揺さぶるなどの暴行を加えた疑いが持たれている。
調べに対して、西川容疑者は容疑を否認しているという。
楓莉ちゃんは現在、施設に保護されていて、光には反応するということだが、くわしい容体はわからないという。
事件当時、搬送先の病院から「楓莉ちゃんに虐待の可能性がある」と通報があったということで、警察は、楓莉ちゃんが虐待を受けていなかったか、くわしく調べることにしている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大津いじめ 自殺前に十数万円工面か いじめとの関連捜査(15日)

大津市の中2男子自殺で、男子生徒は亡くなる前の約3カ月間に、自分の貯金を崩したり、親族が経営する店から現金を持ち去ったりしていたことが15日、関係者への取材で分かった。総額は少なくとも十数万円に上るという。
 滋賀県警は今後、男子生徒の親族や同じ学校の生徒らから事情を聴くなどして事実関係を慎重に裏付けるほか、いじめとの関連がないか金の使い道を調べる方針。
 関係者によると、男子生徒は昨年7~8月、自分の貯金から計約12万円を引き出していた。また親族の店のレジや財布などからも、無断で数万円を持ち去ったことがあった。男子生徒は当時、家族から使い道を問われると「ゲームソフトやカードゲームを買った」と説明したという。
 学校が男子生徒の自殺後、全校生徒を対象に実施したアンケートには「かつあげ(恐喝)されていた」など金銭の要求に関する記述が10件以上あった。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(15、16日単位・レベル)
千葉県警の検挙率9割
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120706115149

 全刑法犯の認知件数が減少傾向にあるなかでやはりひったくり事件も減少傾向にあることが警察庁のまとめで分かった。
 今年上半期(1~6月)の全国の認知件数は5010件で前年同期の6551件に比べて1541件の減少。検挙率も5.4ポイント上がって52%だった。
 例によって都道府県別でワースト1位は大阪府で850件、2位は埼玉県の614件、3位が千葉県の531件、4位が神奈川県の524件、5位が前年同期より106件も増えた福岡県で497件と続く。
 大阪府と1位2位を争っていた千葉県は前年同期より25件減らして3位になったが検挙率は実に90%だった。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 しかしどう考えても納得できないのが、大津市のいじめによる自殺問題。今度は、男子生徒が自殺する6日前の昨年10月5日、校内のトイレで男子生徒が同級生に暴力を振るわれているのを確認していながら「喧嘩」と判断して対応をしなかったという。いじめというのは断片的にとらえるのではなく継続的なものだ。ようするに生徒の実態を把握していないのか口車を合わせて責任逃れをしているのである。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

5か月の長女揺さぶり、容疑の父親逮捕(15日)

去年3月、横浜市の自宅で生後5か月の長女の頭を激しく揺さぶって脳を損傷させたとして、神奈川県警は父親の西川祥容疑者(32)を傷害の疑いで逮捕しました。
 長女の楓莉ちゃんは、首のすわっていない乳児に起きやすいとされる「揺さぶられっ子症候群」により、脳の一部の成長が止まってしまったため、視力が著しく低く、将来、言語や聴覚に後遺症が出る可能性が高いということです。西川容疑者は容疑を否認しています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5081754.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺被害防止にゾウが一役(15日)

振り込め詐欺の被害の防止につなげようと、横浜市旭区の動物園ではインドゾウたちが一役買って警察官や飼育員とともに訪れた人たちに被害に遭わないよう呼びかけました。

この取り組みは、横浜市旭区の「よこはま動物園ズーラシア」が警察と合同で開いたもので、15日は飼育されている3頭のインドゾウが、それぞれ「振り込ませんゾウ」、「だまされんゾウ」、「手渡さんゾウ」に任命され、飼育員に委嘱状が手渡されました。
3頭はにんじんで「サギ」という文字や犯人の顔が書かれた大きなパンをプレゼントされると、さっそく勢いよく鼻でちぎり、次々と平らげていきました。
また園内では、警察官たちが犯人や被害者にふんして振り込め詐欺の手口を実演し、被害に遭わないよう呼びかけました。
神奈川県内で先月末までの半年間に起きた振り込め詐欺の被害件数は256件、被害総額は6億4000万円余りに上っています。
横浜市内から訪れた68歳の女性は、「実際の被害の様子を知ることができてよかったです。自分もいつ被害に遭うか分からないので注意したいです」と話していました。
旭警察署の平田臣一署長は「家族みんなで注意して被害に遭わないよう、意識を高めてもらいたいです」と話していました。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120715/t10013606631000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「いじめた少年の祖父」ネットに誤情報 元警官が被害届(15日)

大津市立中学2年の男子生徒(当時13)が自殺した問題に絡み、いじめた側とされる男子生徒の祖父として実名をインターネットに掲載された元滋賀県警警察官の男性が、県警に名誉毀損(きそん)容疑で被害届を出した。現場近くの交番に勤務していたが、生徒とは関係がないという。県警が14日明らかにした。
 県警によると、ネット上で「祖父は滋賀県警のOBだそうです」などと男性は指摘され、実名や現在の勤務先などをさらされた。職場に電話が相次ぎ、今月7日に草津署に被害を届け、同署が捜査を進めている。
 また、県警は14日、男子生徒の自殺問題で、生活安全部に設けた専従捜査チーム25人に、各警察署からの応援捜査員15人を加えると明らかにした。学校が生徒に聞き取り調査したメモ類など押収資料の分析や、生徒や教師らの事情聴取に人手が必要と判断したためという。

Logo2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

母殺害容疑「お母さんを殺した」 23歳男逮捕 神奈川・厚木(15日)

母親を包丁で刺して殺害したとして、神奈川県警厚木署は14日、殺人の疑いで同県厚木市上荻野、無職、井上友博容疑者(23)を逮捕した。
 逮捕容疑は14日午前11時40分ごろ、自宅の駐車場に止まっていた母親律子さん(49)の車の助手席に乗り込み、律子さんの首を包丁で刺すなどして殺したとしている。
 厚木署によると、容疑を認めており、詳しい動機や状況などを調べる。
 井上容疑者は兄と2人暮らし。律子さんは厚木市内の別の場所に住んでおり、井上容疑者と一緒に出掛けるため車で訪れていた。
 搬送先の病院で厚木署員が事情を聴くと、「お母さんを殺した」と話したため逮捕した。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120715/crm12071500590001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

牛丼店でけんか 40歳男性が意識不明の重体、男2人逃走 東京・品川(15日)

15日午前4時半ごろ、東京都港区港南の牛丼店「すき家品川東店」で、客の男が別の男性客(40)と口論になり、顔を殴って転倒させた上、頭を蹴るなどの暴行を加えて逃走した。男性は意識不明の重体。警視庁高輪署は、傷害事件として捜査している。
 同署によると、男ら2人がカウンター席で食事をしているところに、男性が入店し、近くの席に座ってトラブルになったという。店内には他に男性従業員1人だけで、従業員が近くの交番に届け出た。
 殴った男は20代で、身長約175センチ。黒の半袖シャツを着ていた。もう1人の男も20代とみられる。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120715/crm12071513170004-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

未明にコンビニ強盗、10万円奪う 茨城・つくば(15日)

15日午前4時10分ごろ、茨城県つくば市若栗の「セブン-イレブンつくば若栗店」で、男が男性店員2人にナイフのようなものを突き付けて脅し、レジの現金約10万円を奪って逃げた。店内に客はおらず、店員2人にけがはなかった。
 つくば中央署によると、男は20~30代で、身長約170センチ。灰色のパーカに白っぽい帽子、白いマスクを着用していた。同署が強盗事件として調べている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120715/crm12071515590007-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅の倉庫のシャッターに拳銃発砲か 品川区(15日)

東京・品川区の住宅で、倉庫のシャッターに拳銃が撃ち込まれたような跡が見つかりました。警視庁は発砲事件とみて捜査しています。
 14日午前9時ごろ、「薬きょうのようなものが落ちている」と通行人の男性が交番に届け出ました。警察官が調べたところ、品川区豊町の路上に空の薬きょうが落ちていて、付近の住宅の倉庫には拳銃の弾が当たったような跡が2カ所ありました。倉庫の中には拳銃の弾が2発落ちていたことから、何者かが発砲し、貫通したものとみられています。警視庁によりますと、この住宅に住む男性は午前2時40分ごろ、「パンパンという爆竹のような音が聞こえた」と話しているということです。警視庁は、トラブルがなかったかどうか住民の男性から話を聞くなど、拳銃発砲事件とみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220714041.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

子どもの自殺 警察情報求める(15日)

文部科学省は、大津市の中学2年生の男子生徒が自殺した問題に関連して、各地の教育委員会が子どものいじめや自殺の実態を十分把握できていないという批判が出ていることから、対策を再検討するため、警察庁に対して、警察が把握している子どもの自殺などの情報の提供を求めることになりました。
 文部科学省は、大津市の中学2年生の男子生徒が自殺した問題を受けて、子どものいじめや自殺を防ぐ対策を再検討する方針です。
ただ小学生から高校生までの子どもの自殺について、平成22年度に、文部科学省が各地の教育委員会を通じてまとめた人数が156人だったのに対し、警察庁のまとめでは287人と、大きな開きが出ています。
 また自殺の原因について、教育委員会からの報告では、▽いじめだとしているのは4人で、▽およそ半数が「不明」となっており、教育委員会はいじめの実態を把握できていないとか、教育現場の隠蔽体質の表れではないかといった批判が出されています。
このため文部科学省は、いじめや自殺の実態や原因を的確に把握する必要があるとして近く警察庁に、情報提供を求めることになりました。
 具体的には、個別の事案について警察が自殺と判断した理由や警察が把握した学校でのいじめの実態を聞き取るなどして、改めて実態を調べて対策に生かしていきたいとしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120715/t10013599411000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高生2人、万引き男を追跡…取り押さえる(15日)

古着屋からシャツを万引きしたとして、香川県警高松北署は14日、高松市寺井町、無職藤沢賢容疑者(63)を窃盗容疑で逮捕した。店先を通りかかった女子高生2人(ともに16歳)が、藤沢容疑者の腹部が不自然に膨らんでいるのを不審に思って追跡。公衆トイレで盗んだシャツに着替えて出てきたところをカメラ付き携帯電話で撮影して取り押さえ、交番に突きだした。
 発表では、藤沢容疑者は14日午後1時40分頃、高松市内の古着店から、半袖シャツ1枚(990円)を盗んだ疑い。
 「万引きだとピンときた」という2人は、友人の男子高校生3人に追跡を頼み、店に戻って被害品と確認。すぐに男子高校生と合流し、藤沢容疑者に「おじさん、いかんよ」と声をかけたという。同署幹部は「機転の利いた対応」と話した。(

2012年7月15日01時10分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

菊地直子容疑者、都庁郵便物爆発事件で再逮捕へ VX事件は処分保留の見通し(15日)

オウム真理教による平成7年5月の東京都庁郵便物爆発事件をめぐり、警視庁が殺人未遂と爆発物取締罰則違反容疑で、教団元幹部、菊地直子容疑者(40)=VX事件の殺人容疑などで再逮捕=を勾留期限の15日に再逮捕する方針を固めたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。
 VX事件については、東京地検が15日に処分保留とする見通し。今後、地下鉄サリン事件とともに、刑事処分を慎重に判断する。
 捜査関係者によると、爆発事件は教団幹部らが捜査の攪乱(かくらん)を狙って計画。書籍をくりぬいて製造した爆発物を青島幸男都知事(当時)宛てに郵送、爆発させて知事秘書だった内海正彰さん(61)に重傷を負わせた疑いがもたれている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120714/crm12071419500012-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

母殺害容疑「お母さんを殺した」 23歳男逮捕 神奈川・厚木(15日)

母親を包丁で刺して殺害したとして、神奈川県警厚木署は14日、殺人の疑いで同県厚木市上荻野、無職、井上友博容疑者(23)を逮捕した。
 逮捕容疑は14日午前11時40分ごろ、自宅の駐車場に止まっていた母親律子さん(49)の車の助手席に乗り込み、律子さんの首を包丁で刺すなどして殺したとしている。
 厚木署によると、容疑を認めており、詳しい動機や状況などを調べる。井上容疑者は兄と2人暮らし。律子さんは厚木市内の別の場所に住んでおり、井上容疑者と一緒に出掛けるため車で訪れていた。
 搬送先の病院で厚木署員が事情を聴くと、「お母さんを殺した」と話したため逮捕した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120715/crm12071500590001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月14日 | トップページ | 2012年7月16日 »