« 2012年7月7日 | トップページ | 2012年7月9日 »

2012年7月8日

2012年7月 8日 (日)

東京・世田谷区で学生らが特殊詐欺の撲滅キャンペーン(8日)

東京・世田谷区の小田急線成城学園前駅で、学生ボランティアらによる「特殊詐欺」の撲滅キャンペーンが行われた。
警視庁成城警察署の管内では、値上がり確実をうたった社債の購入などを持ちかける、特殊詐欺と呼ばれる被害が多発している。
被害を未然に防ぐため、8日は、学生ボランティアらおよそ50人が、「世の中、もうかる話は絶対ない」を合言葉に、チラシを配布したあと、実際に高齢者の自宅を戸別訪問し、注意を呼びかけた。
訪問を受けた人は「成城でずいぶん(被害が)多いと聞いているので、本当に真剣に考えなくてはいけないと思った」と話した。
次回は、8月の年金支給日に予定しているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00227011.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

母を殺した疑い、42歳の長女逮捕 殺意は否認 香川(8日)

 母親を暴行して殺害したとして、香川県警は8日、同県まんのう町西高篠、無職大川真由美容疑者(42)を殺人容疑で逮捕し、発表した。県警によると、真由美容疑者は「口論になって暴行したが、殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているという。
 捜査1課によると、真由美容疑者は5日、自宅を訪れた菓子店従業員の大川琴代さん(68)=同県琴平町榎井=を暴行し、殺害した疑いがある。
 勤務先の菓子店経営者が、5、6日と琴代さんが欠勤したため不審に思い県警に相談。県警は6日午後、長女の真由美容疑者が1人暮らししている住宅の1階台所で琴代さんの遺体を発見した。真由美容疑者は行方が分からなくなっていた。

続きを読むhttp://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Logo2_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

「メンチきられボコボコに」殺人未遂容疑で高校生逮捕(8日)

大阪府富田林市で8日未明、男性が意識不明で倒れているのが見つかった事件で、大阪府警捜査1課は同日、この男性を集団リンチで殺害しようとしたとして、殺人未遂容疑で府立高校の男子生徒(17)を逮捕した。男子生徒は「殺すつもりはなかったが、メンチを切られたりしたのでぼこぼこにした」などと殺意については否認しているという。
 府警によると、倒れていたのは同市内の塗装工の少年(17)で、依然意識不明の状態という。捜査1課は集団リンチに加わった複数の少年らからも事情を聴く方針。
 逮捕容疑は同日午前1時50分~2時25分ごろ、同市昭和町など数カ所で、少年に殴る蹴るなどの暴行を加え、殺害しようとしたとしている。
 捜査1課によると、逮捕された男子生徒は仲間ら15~20人と近鉄富田林駅前(同市本町)でバイクに乗るなどしてたむろしていたが、たまたま訪れた少年の態度が気に入らず、因縁をつけたという。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

工藤会系元幹部撃たれ死亡 福岡、自宅マンションで(8日)

8日午後3時半すぎ、福岡県筑紫野市光が丘3丁目のマンションで「作業服を着た人が倒れている」と110番があった。マンションに住む男性が腹を銃で撃たれており、病院に搬送され、死亡が確認された。
 県警筑紫野署によると、男性は指定暴力団工藤会系組の江藤允政元幹部(65)。同署は殺人事件として捜査を始めた。
 江藤元幹部はマンションのエントランス内で倒れていた。腹部に数発銃弾を受けたとみられる。同署は現場に遺留品がないかなどを調べている。
 現場は九州自動車道筑紫野インターチェンジの南東約4・5キロのマンションなどが立ち並ぶ住宅街。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120708/crm12070819130009-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(8、9日単位・レベル)
死亡しているから受けられない?
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120629100256

 大津市のいじめ問題でまた新たな事実が明らかになった。アンケートの回答の中には伝聞だけでなく、「体育大会で集団リンチに遭っていた」「亡くなる2週間前に蹴ったり頭を踏まれていた」など具体的な事実があったという。さらに被害者は現金を脅し取られていたという情報もあった=8日付産経新聞
 ここまでくればもはや単なる「いじめ」というよりは「事件」である。にもかかわらず。警察は「被害者は既に死亡している」として被害届けを受けなかったという。
 滋賀県警は被害者が死亡している殺人事件は捜査しないのか?甚だ疑問である。
 こうした少年を事件から救うため警察庁はスクールサポーター制度の導入を全国の警察に呼びかけている。警察署、学校、地域のパイプ約として少年の非行防止や児童の安全確保対策に従事する専門家で、警察官の再雇用職員や教育経験者など専門知識を有する人材で構成されている。
 愛知県警は少年の立ち直り支援や学校における児童・生徒を犯罪被害から守るなどの活動を実施しているほか、埼玉県警では「非行化が進んでいる学校を変える原動力になっている」と高い評価を受けている。また岡山県では通学路の防犯訓練までしているという。滋賀県警には同制度は存在するの? 警察庁は同制度の徹底を図るべきであり、後進県にはさらなる指導の徹底をすべきだろう。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

3人乗った車にバーナー? 殺人未遂容疑で兄逮捕 北海道(8日)

北海道警岩見沢署は8日、バーナーのようなもので弟とおい計3人が乗った車に放火して殺害しようとしたとして、殺人未遂容疑で自称岩見沢市栗沢町上幌、職業不詳、小嶋克之容疑者(49)を逮捕した。3人はすぐに車外に逃げ、けがはなかった。
 逮捕容疑は7日午後8時半ごろ、岩見沢市大和の回転ずし店の駐車場で、弟の会社役員、小嶋孝之さん(43)と、孝之さんの長男、凌虎君(13)と次男、祥虎君(10)が乗った車にバーナーのようなもので放火し、殺害しようとした疑い。
 孝之さんの車と隣に止めていた車の一部が燃えた。
 岩見沢署によると、孝之さんらが食事を終えて店から出たところ、克之容疑者が待っていて孝之さんと口論となった。放火後、車で逃走したが、約3時間後に夕張市内で交通事故を起こし、発見された。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120708/crm12070814460006-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

脅迫で逮捕の警官、先月も執拗に追いかける(8日)

愛知県警の巡査部長が、横を走っていた車の男性を拳銃のようなもので脅したとされる事件で、巡査部長は先月にも、同じ男性を執拗(しつよう)に追いかけていたことがわかった。
 この事件は、愛知県警運転免許課の巡査部長・遠藤孝容疑者(50)が6日、名古屋第二環状自動車道を走行中、横を走っていた車の男性に対し、拳銃のようなものを突きつけて脅したとして脅迫の疑いで逮捕されたもので、7日午前、名古屋地検に身柄を送られた。
 その後の捜査関係者への取材で、遠藤容疑者が先月にも2度、走行中の同じ男性を執拗に追いかけていたことがわかった。
 警察の調べに対し、遠藤容疑者は「以前から目をつけていた」などと容疑を認めているという。

2010_0318_173406banner011_2 http://www.news24.jp/articles/2012/07/07/07209051.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

工事現場で爆弾のようなもの見つかる 佐賀(8日)

 7日午前、佐賀・江北町下小田の工事現場で、爆弾のようなものが少なくとも4つ見つかった。
 7日午前11時半頃、下水道工事をしていた作業員が、深さ約1メートルの土の中から爆弾のようなものを見つけた。爆弾のようなものは少なくとも4つ見つかり、金属製で赤い塗料が塗ってあり、長さ約70センチ、直径25センチの円すい形で、羽根のようなものもついているという。
 爆発の可能性があるかなどはまだわかっておらず、自衛隊目達原駐屯地の爆弾処理班が出動して詳しく調べている。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2012/07/07/07209071.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

オーバーランが後絶たず、JR秋田支社 ほとんどが人的ミス(8日)

駅ホームの所定停車位置を通り越す「オーバーラン」が5日朝、JR奥羽線の井川さくら駅で発生、乗客約50人を乗せた普通列車は約80メートル過ぎて最寄りの踏切で停車した。この日のオーバーランを含め県内では2005年以降、12件発生。いずれもけが人はいなかったが、うち4件は11年に集中、同年8月以来、約1年間で5件というハイペースとなっている。
 12件中、9件が発生したJR秋田支社によると、主な原因は考え事をしていたなどによるブレーキのかけ遅れや、停車すべき駅の勘違いなど人為的なミスがほとんど。同支社広報室は「小さなミスが大きな事故につながりかねない。社員教育を徹底する」としている。
 秋田支社管内の9件以外は▽盛岡支社管内2件▽秋田内陸縦貫鉄道1件。
 秋田、盛岡両支社によると、原因(推定)は多い順に▽考え事などによるブレーキのかけ遅れ6件▽雪によるスリップ3件▽停車すべき駅の勘違い2件。駅の勘違いは、通勤・通学時間帯に停車しなければならないにもかかわらず、日中は停車しない駅のため、勘違いして止まらなかったケース。
 秋田内陸線はブレーキ操作のミスが原因で、車止めに列車が衝突。けが人はなかったが、男性運転士は業務上過失往来危険容疑で書類送検され昨年11月、起訴猶予処分となった。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20120707c

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国で密輸 3600匹のワニの運命は(8日)

ワニの肉が高級食材として人気となっている中国の南部で、警察が密輸の疑いでトラックを調べたところ、絶滅のおそれがある3600匹ものワニが見つかり保護されました。

ベトナムとの国境に近い中国南部・広西チワン族自治区で、今月4日、川の近くで深夜に木箱を運んでいた3人を警察が調べたところ、近くに止めてあった3台のトラックの荷台から木箱に詰め込まれたワニが見つかりました。
ワニが逃げ出すおそれがあったため、警察が夜が明けてから詳しく調べたところ、ワニの数は合わせて3600匹以上に上ることが分かりました。
このワニは、野生のものは絶滅のおそれがあるとして取り引きが規制されている東南アジア原産のシャムワニで、中には体長が1メートル70センチに及ぶものもいたということです。
ワニを運んでいた3人は密輸の疑いで警察に拘束され、調べに対し、「ワニは野生のもので、前日の夜に国外から密輸した。広東省の都市まで運んで売る計画だった」と供述しているということです。
中国南部では栄養が豊富だとしてワニの肉を煮物やスープなどで食べるのが人気で、養殖も行われてはいますが、国外からの密輸が後を絶たないということです。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120708/t10013426441000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

木造住宅全焼、女性2人死亡 愛知・東海(8日)

8日午前3時ごろ、愛知県東海市大田町、無職久野賢二さん(61)方の離れから出火、木造平屋建て住宅約60平方メートルが全焼した。久野さんの母のぬいさん(86)と長女の亜弥子さん(32)が離れで倒れているのが見つかり、病院に運ばれたが、死亡が確認された。
 東海署によると、出火当時、3人は就寝中だった。母屋で寝ていた賢二さんが離れから煙が上がっているのに気づき、119番通報したという。同署が出火原因を調べている。

Logo2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

大津・中2自殺、またも生徒に口止めか (8日)

去年10月、滋賀県大津市で当時中学2年の男子生徒が自宅マンションから飛び降り、自殺しました。
 「蜂の死骸を食べさせられかけてて」
 「男子生徒3、4人に囲まれて、トイレの隅っこで殴られたり蹴られたり、悪口を言われていた」(同じ中学の生徒)
 生徒の両親は真相の究明を求め、大津市などに損害賠償を求める裁判を起こしています。生徒の自殺後、大津市の教育委員会は全校生徒を対象にアンケート調査を実施。そこには「自殺の練習をさせられていた」という、いじめと自殺の関係に深く関わる回答が16人もの生徒から寄せられていました。しかし、市教委は加害生徒に直接確認することもなく、この事実を公表しませんでした。
 「調査をした結果、確認できたことは公表した。今回の分については事実だったと確認できていない」(大津市教育委員会・澤村憲次教育長、今月4日)
 そして、自殺との因果関係は分からないと結論づけました。学校や教育委員会は、いじめの調査結果を一部しか公表していませんでしたが、不誠実な対応は、それだけにとどまりませんでした。
 「(学校は)事件当日から『誰かに聞かれても無視しとけ』」
 「このこと(自殺の件)は、あまりしゃべらないようにとか。口止めみたいな」(同じ中学の生徒)
 男子生徒の自殺後、学校は在校生に対し、生徒個人やいじめについて口外しないよう、口止めしていました。大津市の越直美市長も、この口止めを認めています。
 「昨年、この事件があったとき、『いろいろ聞かれても無理に話す必要はない』と言ったことは聞いた。新しく何か(口止めについて)言ったという事実はなかったと聞いている」(大津市・越直美市長)
 しかし、6日。
 「きょう(校内)放送あった。全校集めた(校内)放送で、『変なことしゃべるなよ』って」(同じ中学の生徒)
 市教委は、「不確かなことを話さないように指導しているもので問題はない」としていますが・・・
 「かん口令というのは、情報をコントロールする手法。生徒の証言をコントロールすることになる。事実解明に消極的に作用することを危惧する」(原告の弁護人・石川賢治弁護士)
 男子生徒の死亡からまもなく9か月。越市長は、教育委員会による調査が不十分だったことを認め、再調査に乗り出すことを決めました。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5075056.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

海中の車に男女の遺体 事件、事故両面で捜査 北海道(8日)

7日午前10時ごろ、北海道室蘭市崎守町の崎守漁港の沖合で、室蘭海上保安部のダイバーが海中に沈んだ軽乗用車の中から男女2人の遺体を見つけた。道警室蘭署が身元確認を急ぐとともに事件、事故の両面で調べている。海上保安部は船で周囲を巡視中だった。
 室蘭署によると、男性の身長は約155センチで女性は約140センチ。死後、かなりの時間が経過しているとみられる。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

駐車場で女性切りつける 傷害容疑で無職男を逮捕 横浜(8日)

 7日午後6時10分ごろ、横浜市保土ケ谷区岩間町のスーパー「マルエツ天王町」から、「助けてという女性の悲鳴が聞こえた」と110番通報があった。駆け付けた県警保土ケ谷署員が傷害と銃刀法違反の疑いで、現場で包丁を持っていた住所不詳の無職、進藤一喜容疑者(50)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、買い物をして荷物を車に積んでいた女性(43)=横浜市保土ケ谷区=に包丁を突きつけ、右手に軽傷を負わせるなどした疑い。
 保土ケ谷署によると、進藤容疑者は、女性の車に乗り込もうとしたが抵抗され、近くにいた別の買い物客に取り押さえられた。女性との面識はなく、同署が詳しい動機などを調べている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120708/crm12070800590001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月7日 | トップページ | 2012年7月9日 »