« 2012年6月30日 | トップページ | 2012年7月2日 »

2012年7月1日

2012年7月 1日 (日)

消防士、後輩にアルコールかけ火を付ける(1日)

鹿児島県霧島市消防局の中央消防署に勤務する副士長の男性消防士(29)が職場の後輩男性(24)のシャツにふざけて消毒用アルコールをふきかけた後、ライターで火を付け、腹部に全治1か月のやけどを負わせていたことがわかった。


 市消防局は、この消防士を自宅謹慎としており、近く正式に処分する。
 同市消防局によると、消防士らは6月28日夜、後輩男性の自宅で職場の同僚約10人と酒を飲んでいた。
 後輩男性が眠ったため、消防士は起こそうとしてアルコールをふきかけてライターを近付けたところ、過って火がついたという。シャツの腹部が燃えたため、同僚が消火したが、後輩男性はやけどを負った。
 消防士は直後に上司に報告。田中義春・同市消防局長は「消火活動に従事する者としてあるまじき行為。ふざけていたとしても度を越しており、二度とないよう指導したい」としている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官、免許センターでこっそり運転練習 大型・大特合格(1日)

 愛知県警の東三河運転免許センター(同県豊川市)の50代の男性警部が、施設内のコースで大型トラックやフォークリフトの運転の練習をしていたことが県警関係者への取材でわかった。警部はその後、大型トラックと大型特殊車両の運転免許を取っていた。県警は、個人的な目的でコースを利用したとして今月、本部長注意処分とした。
 関係者によると、警部は2007年春にセンター勤務になった直後から、始業前などに、技能試験用のコースで大型トラックを運転するようになった。07年中に大型トラックの運転免許試験を受けて合格。さらにその後、フォークリフトなどの大型特殊車両をコースで運転し、昨年には大型特殊車両の運転免許も取ったという。
 センターでは技能試験を担当する試験官が車両を点検するため、コースで車両を運転することはある。しかし、警部は主に学科試験の事務を担当していたという。同センターは「個別のことにはコメントできない」と話している。

Logo2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

分譲マンション、組員に譲渡・貸与禁止へ(1日)

国土交通省は、分譲マンションの管理規約のモデルとなる「標準管理規約」を改正し、暴力団の排除規定を盛り込む方針を固めた。


 事務所としての使用のほか、組員への譲渡や貸与も禁止し、組員と判明した場合は契約を解除できるなどの内容で、改正されれば暴力団排除運動の追い風になりそうだ。
 標準管理規約は、マンションの管理規約の作成や内容変更の際に参考にしてもらうため、国交省が有識者の意見を基に作成、更新している。強制力はないが、同省によると全国のマンションの管理規約のうち、87・5%は標準管理規約に準じた内容になっているなど、大きな影響力を持っている。
 新たに盛り込まれる暴排規定では、組員への譲渡や貸与を禁止。居住者が組員の場合、使用禁止や競売を求めることができる、とする。組事務所としての使用も禁じる。事務所の疑いがある場合、管理組合の理事長に室内を確認できる権限も持たせる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニから10万円奪った疑い 21歳の無職男を逮捕(1日)

東京都足立区のコンビニエンスストアから約10万円が奪われた事件で、警視庁綾瀬署は、強盗の疑いで、同区東綾瀬、無職、市川翔容疑者(21)を逮捕した。同署によると、「生活費がほしかった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は、6月29日午前4時15分ごろ、足立区東和のコンビニ「サンクス足立東和店」で、アルバイトの男性店員(21)を金づちのようなもので脅し、レジから現金約10万円を奪ったとしている。
 同署によると、店内のカウンターに市川容疑者の指紋が残っていた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120701/crm12070113540005-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

三浦半島沖に女性遺体 神奈川(1日)

1日午前8時20分ごろ、神奈川県・三浦半島の城ケ島から南西約20キロの海上で遺体が漂流しているのを遊漁船の乗客が見つけ、第3管区海上保安本部(横浜)に連絡した。 横須賀海上保安部によると、遺体は40~60代の女性で白色の半袖シャツを着ていた。死後1~2週間とみられる。横須賀海保が身元や死因などを調べる。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120701/crm12070114430007-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日単位・レベル)
1日は国民安全の日だった
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120619090031

 7月1日は国民安全の日でした。昭和35年5月6日の閣議了解に設定したそうです。
 安全と言えば災害安全もあれば犯罪から生命財産を守る安全もあります。その中で犯罪の問題について見れば、平成23年の刑法犯認知件数は148万0765件でした。これは前年に比べて-10万5091件。殺人など凶悪犯は6996件でやはり580件も減少しました。中でも窃盗犯は113万3127件で同8万315件の減少でした。
 ちなみにこの数字は昭和56年と比較すると同年の認知件数は146万3228件で凶悪犯は8711件でした。窃盗犯は125万7354件ですから、泥棒は昭和56年より減っているわけです。これも全国警察の犯罪抑止策の結果と評価できます。
 反面、昭和の時代と比べれば犯罪の内容が大きく変化しています。特にプライバシーの問題は犯罪捜査ばかりか抑止にも大きな壁となってのしかかっています。さらに人間関係の希薄さはそれ以上の障害になっています。数字だけでなく、もう一度、昭和のあの時代の「隣人愛」を重視する人間関係に戻りたいものですね。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月30日 | トップページ | 2012年7月2日 »