« 【浦安の看護師殺害】長谷川さん見詰める容疑者、防犯カメラに(22日) | トップページ | 山梨の人骨は愛知の67歳男性 昨年7月に「滝の撮影に行く」と外出(22日) »

2012年6月22日 (金)

「金正男とサッカー」 詐欺容疑の男が北朝鮮との関係吹聴 現役の神戸大院生(22日)

アスベスト除去を行うと偽り、兵庫県の融資金1千万円を詐取したとされる事件で、大阪府警に逮捕された吉田誠一容疑者(41)が現役の神戸大院生で、朝鮮半島情勢を研究するゼミに所属していたことが22日、分かった。北朝鮮の指示で情報収集を担っていた疑いも浮上している吉田容疑者だが、入学動機は「中立的な立場で勉強したい」とし目立った工作活動はみられなかった。しかし、酒の席では「(故金正日総書記の長男の)金正男氏とサッカーをした」などと、北との緊密な関係を示唆する発言もしていた。
 大学関係者によると、吉田容疑者は平成17年秋、社会人枠を利用して神戸大大学院国際協力研究科の博士課程前期課程を受験した。現在は日本国籍を取得しているが、当時は朝鮮籍だった。
 面接試験では「北朝鮮による拉致問題が発覚して自分の人生に疑問を持つようになった」と志望動機を説明。「中立的な立場から北朝鮮をめぐる問題を勉強したい」と訴えたという。
 一方、受験時に提出した経歴書には、朝鮮総連の機関紙「朝鮮新報」の記者だったとする記載があった。一部の教員からは「工作員ではないのか」と懸念する声も上がったという。しかし、学問に対する姿勢が評価され、18年に入学を果たした。
 その後、20年には、軍事を優先する北朝鮮の「先軍政治」を題材とした論文を書き上げて修士号を取得。それからは博士号の取得を目指し、後期課程に進んでいた。

学内では、北との繋がりを感じさせる言動はあまりみられなかったという。全国から朝鮮情勢の研究者が集まる学会では受付事務を担当するなど、熱心な学生にもみえた。
 しかし、この間、北朝鮮の情報を取り扱う民間団体のスタッフとして潜入していたとされるが、大学側には伝えていなかった。
 さらに、ほかの院生らとの懇親会では「高校時代にスイスにサッカー遠征し、金正男氏と一緒にプレーした」「(北朝鮮から韓国に亡命した)黄(ファン)長●(=火へんに華)(ジャンヨプ)元労働党書記のボディーガードを務めたことがある」などと告白。北朝鮮との密接な繋がりを明かしたこともあったという。
 吉田容疑者はここ2~3年、家業の運送業が忙しいことや学費を支払う余裕がないことなどを理由に、数カ月単位で休学を繰り返していた。復学しても、週1回のゼミを3回に1回程度しか出席しないようになった。
 逮捕前日の20日には何かを察したのか、「しばらくゼミには行けません」とするメールを関係者に送信していたという。
 吉田容疑者を知る大学関係者は「学校内では、必死に情報を得ようとしていた印象はなく、工作活動の疑いがあるとは信じられない」と驚いていた。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120622/crm12062214370024-n2.htm

« 【浦安の看護師殺害】長谷川さん見詰める容疑者、防犯カメラに(22日) | トップページ | 山梨の人骨は愛知の67歳男性 昨年7月に「滝の撮影に行く」と外出(22日) »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/55025338

この記事へのトラックバック一覧です: 「金正男とサッカー」 詐欺容疑の男が北朝鮮との関係吹聴 現役の神戸大院生(22日):

« 【浦安の看護師殺害】長谷川さん見詰める容疑者、防犯カメラに(22日) | トップページ | 山梨の人骨は愛知の67歳男性 昨年7月に「滝の撮影に行く」と外出(22日) »