« 異臭騒ぎで2人入院 川崎のパチンコ店(25日) | トップページ | 追跡パトが追突、サイレンで急停止 浜松(25日) »

2012年6月25日 (月)

東日本大震災:仮設の孤独死、2年目増加…すでに11人(25日)

 東日本大震災の被災者が入居する岩手、宮城、福島3県の仮設住宅で、誰にもみとられずに亡くなる「孤独死」した人が、震災から1年が過ぎた今年3月11日以降、少なくとも11人(5月末)に上っていることが、3県警への取材で分かった。3月10日までは22人で、震災直後の1年間と比べると、2倍以上のペースになっている。阪神大震災(95年)の際も、孤独死は震災から2年目が最も多く、専門家も「2年目だからこそきめ細かな支え合いを」と訴える。【宇多川はるか】 
 3県警に、仮設住宅で1人で暮らし、遺体発見後に検視を行った人数を聞いた。
 それによると、震災2年目に入って孤独死した11人は、岩手4人▽福島4人▽宮城3人。昨年3月11日からの累計では、計33人のうち宮城が最多の15人。岩手、福島がそれぞれ9人だった。
 阪神大震災で深刻な問題となった仮設住宅の孤独死は、兵庫県警によると、震災1年目の95年の46人から翌96年は72人に増加。95〜99年の5年間の計233人の中でも、96年が最多だった。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20120625k0000m040127000c.html

« 異臭騒ぎで2人入院 川崎のパチンコ店(25日) | トップページ | 追跡パトが追突、サイレンで急停止 浜松(25日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災:仮設の孤独死、2年目増加…すでに11人(25日):

« 異臭騒ぎで2人入院 川崎のパチンコ店(25日) | トップページ | 追跡パトが追突、サイレンで急停止 浜松(25日) »