« 男児転落後もに客乗せる 群馬の遊園地コースター事故 (18日) | トップページ | 共産党の旗破りたくて…本部立てこもり少年逮捕(18日) »

2012年6月18日 (月)

「アレフ」の若い信者が急増 大学に侵入、教団名を隠し勧誘も(18日)

オウム真理教の高橋克也容疑者(54)のかばんの中から、松本 智津夫死刑囚(57)と2人で写っている写真が見つかった。いまだ消えないオウムの影。今、若い信者が急増している。
エレベーターの中で、周囲をきょろきょろと見回し、防犯カメラの場所を確認する男の映像。
この映像は、逃走中のオウム真理教・高橋克也容疑者をとらえた映像。
12日間の逃走中、高橋容疑者は、JR鶴見駅周辺の個室ビデオ店を何度も利用していたとみられる。
男性とエレベーターに乗り合わせた際には、顔を見られないようにするためか、終始うつむき加減だった。
高橋容疑者は「オウムが引き起こした事件については、今も気持ちの整理がつかないので、話せない」と供述しているという。
逮捕後、高橋容疑者は留置場で、オウムの信者が修行の際に組む「蓮華(れんげ)座」の姿勢で本を読んでいるといい、「オウムの修行を積むと、パワーがみなぎる」と供述しているという。
捜査員との雑談では、教団の修行について話し、麻原彰晃こと松本 智津夫死刑囚との2ショットの写真やオウム真理教の本も、逃走時に所持していたことが明らかになった。
オウム事件にくわしい紀藤正樹弁護士は「まだ、松本 智津夫死刑囚に対する個人的な崇拝、帰依の心が根強く残っていると思う」と語った。
こうした中、松本死刑囚への回帰を強めているというのが、オウム真理教から改名した主流派の「アレフ」で、信者の数は、いまや1,000人を超えるという。
東京・足立区内にある4~5階建ての白い建物は、アレフの施設になっていて、正面には、人の高さくらいのバリケードのようなものが、一面に張りめぐらされている。
2階の窓には、左右に四角い防犯カメラのようなものがつけられていた。
教団施設内には祭壇もあり、松本死刑囚の写真などが飾られているという。
アレフの施設近くの住民は「カーテン越しに、少しだけ見えるんですけど、麻原(松本死刑囚)の写真があったんです。全然、あのままの状態なんだなという感じがして、ちょっと不安です」と話した。
アレフは2011年、全国で200人以上の信者を獲得するなど、勧誘活動が活発になってきているという。
アレフの施設近くの住民は「50人くらい(信者が)いると。30(代)くらいの人とか、若い人もいるよ。20代くらいの人もいるしね」と話した。
若い世代の信者が増加しているというアレフ。
大学に侵入し、教団名を隠しての学生の勧誘、さらに、ヨガ教室を装うなどして、信者を獲得しているという。
都内の大学生は「アレフと関係があるかはわからないですが、ヨガとか体操とか。2~3時間、話を聞かされたって、友達から聞いたことありますね」と話した。
オウム問題にくわしい紀藤正樹弁護士は「問題なのは、今のアレフを突き動かしている実質上の代表者は、松本 智津夫死刑囚の家族なんですね。松本 智津夫死刑囚の家族の指示や意見は絶対」と語った。
信者は、「高橋克也容疑者逮捕について、アレフ教団内では?」との質問に、無言だった。
逮捕された高橋容疑者は、いつ、一連のオウム事件について語り始めるのか。
事件は、まだ終わっていない。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00225644.html

« 男児転落後もに客乗せる 群馬の遊園地コースター事故 (18日) | トップページ | 共産党の旗破りたくて…本部立てこもり少年逮捕(18日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54997285

この記事へのトラックバック一覧です: 「アレフ」の若い信者が急増 大学に侵入、教団名を隠し勧誘も(18日):

« 男児転落後もに客乗せる 群馬の遊園地コースター事故 (18日) | トップページ | 共産党の旗破りたくて…本部立てこもり少年逮捕(18日) »