« 【高橋克也容疑者逮捕】「茶色の液体、サリンとは思わず」 サリン運転手役は認める(17日) | トップページ | 盗難の重文仏像など回収 男2人を窃盗容疑で逮捕 高知(17日) »

2012年6月17日 (日)

警視庁の底力!“マシンガン公開”がオウム逃亡者追い詰めた(17日)

逮捕された高橋克也容疑者を追い詰めたのは、警視庁で映像分析などを行う専門分析捜査班、通称「モバイルチーム」だった。今月4日に潜伏先の川崎市内から逃走後、警視庁は高橋容疑者の最新顔写真や防犯カメラの画像を次々と『マシンガン公開』してきたが、それを担ったのが“特命係”ともいうべき同チームだった。膨大な防犯カメラの画像から高橋容疑者を割り出し、公開することで、効果絶大の情報提供に成功した。
 警視庁は今年4月、殺人事件などの重大事件の発生時に即座に現場に駆けつけ、回収された防犯カメラの映像の解析などを行う全国初の専門分析捜査班「モバイルチーム」を発足した。同チームは5月に東京メトロ渋谷駅で、新聞配達員の男性が刺されて重傷を負った事件で、駅構内のカメラ映像から容疑者を割り出すなどの実績を持つ。
 今回、高橋容疑者を追い詰めたのも、川崎市内の防犯カメラなどに納められた膨大な情報のなかから、“特命係”の同チームが高橋容疑者の顔を割り出し、その最新画像などを“マシンガン公開”したことによるものだった。
 実際、高橋容疑者は逃走前にスーパーでキャリーバッグを購入し、その様子が写った画像が公開されたが、逮捕時にはそのバッグは持っていなかった。バッグは駅のコインロッカーに入れたままだった。これはほぼ毎日、新画像が公開されたためで、高橋容疑者は「出すに出せなくなった」と供述している。

関連記事

記事本文の続き 警視庁は3日にオウム真理教元信者で、特別手配中だった菊地直子容疑者を逮捕。菊地容疑者らの供述から、同じく特別手配中の高橋容疑者が偽名で働いていた川崎市の建設会社を突き止めた。高橋容疑者は菊地容疑者の逮捕を知った翌4日に、潜伏先の社員寮から姿を消した。
 警視庁が画像などの情報を公開し始めたのは、逃走2日後の6日からだった。まず勤務先に提出された顔写真1枚と、信用金庫で現金を引き出す様子を写した防犯カメラの画像などを公開した。
 翌7日には、逃走直前に事務所と社員寮近くのコンビニの防犯カメラに写った動画各1点を公開。さらに8日には逃走直前にキャリーバッグを購入する画像、9日には似顔絵1枚、10日にはタクシーに乗り込む姿の画像、13日には信用金庫から預金を引き出した際の払戻請求書などの筆跡2点を公開した。
 「はい、私が高橋克也です」。東京・西蒲田の漫画喫茶店で捜査員から呼び止められ、職務質問された際、“特命係”に追い詰められていた高橋容疑者から逃げる気力は失せていた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

« 【高橋克也容疑者逮捕】「茶色の液体、サリンとは思わず」 サリン運転手役は認める(17日) | トップページ | 盗難の重文仏像など回収 男2人を窃盗容疑で逮捕 高知(17日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54983766

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁の底力!“マシンガン公開”がオウム逃亡者追い詰めた(17日):

« 【高橋克也容疑者逮捕】「茶色の液体、サリンとは思わず」 サリン運転手役は認める(17日) | トップページ | 盗難の重文仏像など回収 男2人を窃盗容疑で逮捕 高知(17日) »