« 風力発電株 無登録販売 投資会社会長ら逮捕 千葉県警(1日) | トップページ | 機密文書漏えい、農相含め聴取へ…調査の副大臣(1日) »

2012年6月 1日 (金)

脱北日本人妻が訴え「子や孫に何もできない」 支援団体を訪問(1日)

在日朝鮮人の帰還事業で北朝鮮へ渡り、40年後に脱北した日本人妻、斉藤博子さん(71)=大阪府八尾市=らが31日、脱北した帰還者の日本定住を支援する移民政策研究所(東京都港区)を訪れ、窮状を訴えた。
 斉藤さんは昭和36年に在日朝鮮人の夫一家とともに渡航。生活は困窮を極め、北朝鮮で生まれた三女は餓死し、長女や長男も死亡した。平成13年に帰国したが、次女や孫らについて、「何も食べられない状態だと思うが、何もできない」と話した。祖母が日本人妻で、8年前に脱北した30代の3世の男性は「祖母がずっと『日本に帰って死にたい』と語っていたのが忘れられない」と語った。同研究所の坂中英徳代表は「外交交渉では日本人妻と子孫をセットで取り戻すよう北朝鮮側に要求すべきだ」と強調した。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

« 風力発電株 無登録販売 投資会社会長ら逮捕 千葉県警(1日) | トップページ | 機密文書漏えい、農相含め聴取へ…調査の副大臣(1日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脱北日本人妻が訴え「子や孫に何もできない」 支援団体を訪問(1日):

« 風力発電株 無登録販売 投資会社会長ら逮捕 千葉県警(1日) | トップページ | 機密文書漏えい、農相含め聴取へ…調査の副大臣(1日) »