« 朝鮮総連:本部を競売へ 拠点失う可能性 最高裁上告棄却(28日) | トップページ | 巡回警察官オウムの2人に気付かず(28日) »

2012年6月28日 (木)

携帯電波“遮断”検討、運転免許試験 (28日)

中国人のグループが運転免許の試験を受ける際、携帯電話などを使ってカンニングをしたとして逮捕された事件を受け、警視庁が試験会場で携帯電話を利用できなくする電波遮断装置の設置を検討していることが分かりました。
 「(警視庁では)試験場内に電波遮断装置を設置することも、検討を進めている」(警察庁 片桐 裕 長官)
 この事件は日本語の読み書きが不自由な中国人の男(34)が運転免許の試験を受けた際、耳に小型のイヤホンをつけて、外部にいる別の中国人の男(37)から携帯電話で解答を聞き、不正に免許を取得したとされるものです。
 この事件を受けて、警察庁の片桐裕長官は28日、警視庁が電波遮断装置の設置を検討していることを明らかにしたうえで、長年、同じ試験問題を使用しないなどの対策を指導する方針を明らかにしました。

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5067156.html

« 朝鮮総連:本部を競売へ 拠点失う可能性 最高裁上告棄却(28日) | トップページ | 巡回警察官オウムの2人に気付かず(28日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/55073058

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電波“遮断”検討、運転免許試験 (28日):

« 朝鮮総連:本部を競売へ 拠点失う可能性 最高裁上告棄却(28日) | トップページ | 巡回警察官オウムの2人に気付かず(28日) »