« 亀岡暴走:無免許運転の少年、逆送決定 刑事裁判へ(8日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2012年6月 8日 (金)

厚労省、9種類の化学物質を新たに違法薬物に指定へ(8日)

厚生労働省は、7月1日から、脱法ハーブなどから検出された9種類の化学物質について、新たに違法薬物に指定することを明らかにした。
新たに規制の対象となるのは、脱法ハーブなどとして市場に出回っていた9種類の化学物質で、興奮や幻覚などの作用があり、健康を害するおそれがあるとして、7月1日から違法薬物に指定され、製造や販売などが禁止される。
厚生労働省では、脱法ハーブなどについて、化学構造を少し変えただけの製品が次々と流通していることから、化学構造が似ているものをまとめて規制対象とする指定方法の導入に向けて、検討している。
また、海外の脱法ドラッグなどの情報を積極的に利用するほか、手続きについてもこれまで年に1~2回にまとめて行っていたものを、データがそろったものから規制していくことにしている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

« 亀岡暴走:無免許運転の少年、逆送決定 刑事裁判へ(8日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54911612

この記事へのトラックバック一覧です: 厚労省、9種類の化学物質を新たに違法薬物に指定へ(8日):

« 亀岡暴走:無免許運転の少年、逆送決定 刑事裁判へ(8日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »