« 2012年6月21日 | トップページ | 2012年6月23日 »

2012年6月22日

2012年6月22日 (金)

大阪のおかんに被害急増? オレオレ詐欺額昨年の76倍(22日)

オレオレ詐欺の被害が、今年に入って関西で急増している。大阪府が特に目立ち、5月末までの認知件数は昨年1年間(37件)を上回る54件、被害額も前年同期比76倍の約1億5250万円に。しっかりものの「大阪のおばちゃん」はオレオレ詐欺にひっかかりにくいとされ、東京に比べ被害は少なかった。神話は崩れたのか。
 警察庁などによると、近畿2府4県の5月末までのオレオレ詐欺の被害(暫定値)は、認知件数が110件(前年同期32件)、被害額が3億5118万円(同901万円)と大幅に増えている。東京都の5月末までの件数が前年同期比約230件減の401件など全国的に減少傾向にあるなか、関西の増加は著しい。
 特に大阪は件数、被害額とも昨年1年間(37件、約5500万円)をすでに大きく上回っている。被害者は高齢女性が多いという。
 大阪府警は急増の理由について、府内にある複数の高校の卒業生名簿の流出をあげる。今年の手口は、ほとんどが「息子かたり」。特定の高校の卒業生の息子をもつ60歳以上の高齢者を狙って、「会社の金を使い込んだ。助けて」「交際女性の中絶費用が必要」などと、うその電話をかけてくるケースが多いという。

続きを読むhttp://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Logo2

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官2人、被害者でっち上げ「実績上げるため」(22日)

京都府警舞鶴署地域課の男性巡査部長(50歳代)と男性巡査(20歳代)が2月、傘が持ち去られた窃盗事件で、特定できなかった被害者をでっち上げ、うその捜査書類を作成していたことがわかった。
 2人は調べに対し、「取り締まりの実績を上げるためだった」などと供述しているという。府警は虚偽有印公文書作成容疑などで2人を書類送検し、関係者を処分する方針。
 捜査関係者によると、2人は2月下旬、舞鶴市内の駐輪場で、自転車に立てかけられた傘を持ち去る少年を発見。職務質問したところ、少年が「盗んだ」と認めた。2人は窃盗容疑で任意捜査を進めていたが、自転車の所有者が「傘は自分のものではない」と話したのに、自転車の所有者が傘を盗まれたとする被害届などを捏造した疑いがある。

| コメント (0) | トラックバック (0)

生卵8個投げ付け主婦逮捕 子供のけんかで相手母親に「謝り方が気に入らない」(22日)

子供同士のけんかが原因で、相手の母親(32)に生卵を投げ付けたとして、兵庫県警姫路署は22日、暴行容疑で、姫路市西庄の主婦(49)を現行犯逮捕した。
 姫路署によると、2人は顔見知り。数日前に子供同士がけんかをし、相手の母親が主婦に謝ったが、「謝り方が気に入らなかった」などと動機を供述。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は22日午前7時40分ごろ、自宅付近で自転車のかごに入れていたパックから生卵計8個を取り出し女性に投げ付けたとしている。
 数個が女性の腰や背中に当たったが、けがはなかった。子供の登校時間に路上で顔を合わせたところだったという。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120622/crm12062215110026-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

強姦容疑でタクシー運転手逮捕 都内などで約10件?(22日)

女性会社員(23)の部屋に侵入し、暴行したとして、警視庁捜査1課は22日、強姦容疑などで、東京都大田区千鳥、タクシー運転手、渡辺義隆容疑者(42)を逮捕した。同課によると、容疑を否認しているという。
 平成18年以降、都内や川崎市などで同様の暴行事件が約10件発生しており、同課が関連を調べている。
 逮捕容疑は、昨年12月上旬の深夜、都内に住む女性のアパートの部屋に侵入し、包丁を突きつけて「声を出したら殺す」と脅した上、手足をビニールひもでしばって乱暴したとしている。部屋の玄関は鍵がかかっていなかった。
 同課によると、現場近くで渡辺容疑者が借りていたレンタカーが見つかったことから浮上。自宅からビニールひもなどが押収された。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120622/crm12062217240028-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(22、23日単位・レベル)
5つの謎
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120528180408

 この事件には5つの謎がありそうだ。
 今年4月30日、千葉県浦安市のマンションの部屋で仙台市の23歳の看護師が左胸をひと突きされて殺害された事件で、千葉県警は同じマンションに住む26歳の男を殺人容疑で逮捕した。  
 このマンションはオートロック。男が帰宅して入る後ろから看護師は続いて入ることができた。友人の部屋に入るため郵便受けから部屋のカギを取り出すのを男はエレベーターの前で見ていた。これがビデオに映っていた。
 マンション内に不審者の侵入がなければ入居者全員が捜査対象者。この男が消去法で最後に残ったのだろう。マスコミも事前に分かっていたはずだ。被害者との間に「かん」がない?だけに警察は苦労したと思う。
 本人の供述によると「盗みに入ったが気づかれて刺した」と言っているらしいが財布は手付かず。無くなったのは被害者の携帯。
 謎は①防御の傷もなく一刺しにしており「気づかれた」は嘘②玄関は電子キーなのに合い鍵をどうして入手?③泥棒目的なのに財布に無関心なのはなぜ?④携帯を盗んだ理由は?⑤警察は大阪の実家を捜索した狙いは?
 被害者と以前から何らかの接点があったのか、それとも嘱託殺人か-など計画的な殺人なら犯罪史上に残る事件になるのかなぁ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

車窓にカミソリ・座席は画びょう・床に針…続々(22日)

南海電気鉄道と阪急電鉄は21日、5月以降、電車の座席などからカミソリの刃や針、画びょうが相次いで見つかった、と発表した。
 両社は発見場所に応じ、大阪、京都、和歌山の各府県警に届け出た。
 南海によると、今月8日~20日に7件、車庫などで清掃中や点検中の職員らが、窓枠上にカミソリの刃7枚、座席上に針、画びょうを発見するなどした。阪急では先月25日~今月20日に4件、車庫で清掃中の職員が、窓枠でカミソリの刃4枚、床などで針2本を見つけた。最初の発見から阪急は約1か月、南海は約2週間後の発表。いずれも「当初の判断が甘かった。発生が止まらず、注意を促す必要があると考えた」と説明している。
 大阪市営地下鉄でも先月28日以降、御堂筋線など5路線で、座席などから針が6件、計8本見つかっている。府警は偽計業務妨害容疑などで捜査している。(

2012年6月22日09時22分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

携帯で解答…運転免許証不正に取得 中国人ら逮捕(22日)

自動車の運転免許を不正に取得させていたとして、中国人の男らが逮捕されました。試験を受けた中国人は耳に受信機をつけ、会場の外の仲間から携帯電話で解答を聞いて不正に合格していました。
 中国人の張展彪容疑者(37)ら2人は先月16日、東京・江東区にある運転免許試験場で、日本語の読めない中国人に学科試験の答えを教え、不正に合格させた疑いが持たれています。警視庁によりますと、張容疑者は受験生の耳に1ミリ程度の大きさの受信機を仕込み、外から携帯電話で答えを教えていました。張容疑者は、1人につき約20万円でカンニングを請け負っていました。取り調べに対し、「何も言いたくない」と黙秘しています。警視庁は、張容疑者が複数のパターンの試験問題を事前に入手し、その日の問題に合わせて答えを教えていたとみて、問題の入手ルートなどを調べています。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220622015.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自殺対策 一層の充実を勧告(22日)

年間の自殺者が14年連続で3万人を超えるなか、総務省は国の自殺総合対策大綱に基づく施策の多くが十分に効果を上げていないとして、関係機関の連携や相談に応じる民間団体への支援などを一層充実させるよう、内閣府や厚生労働省などに勧告しました。

政府は平成19年に自殺総合対策大綱をまとめ、年間の自殺者を2万人台に減らすという目標を示していますが、14年連続して3万人を超える状態が続いています。このため総務省は、各省庁が平成22年度に行った137の施策を調べたところ、効果があったかどうか検証が行われていたのは1件だけでした。
また、全国およそ50か所に専用ダイヤルを設置して自殺の相談に応じている民間団体の「いのちの電話」について、この10年で相談件数が倍増している一方で、資金不足などで相談員みずからが運営費を負担するケースがあり、国の支援が不十分だとしています。さらに、自殺未遂者やいじめを苦にした子どもの自殺の情報について、救命救急センターや教育委員会と関係機関との連携も不十分だとして、総務省は、内閣府や厚生労働省、文部科学省に対し、対策を一層充実させるよう勧告しました。
自殺対策に取り組むNPO法人「ライフリンク」の清水康之代表は、「国の対策は戦略が見られず広がりがない。勧告の内容を考慮し、しっかりと自殺対策大綱の見直しを行うべきだ」と話しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120622/t10013035071000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

静岡市の銀行のATMにリード線のようなものが付いた不審物(22日)

22日午前、静岡市の銀行のATM(現金自動預払機)で、リード線のようなものが付いた不審物が置いてあるのが見つかり、警察がおよそ3時間、繁華街を通行止めにする騒ぎがあった。
午前9時20分ころ、静岡市の静岡銀行呉服町支店のATMコーナーに、不審物があるのを警備員が見つけ、警察に通報した。
不審物はポリ袋に入った状態で置いてあり、黒いアルミ缶2つを粘着テープで束ねたようなものにリード線のようなものが付いていた。
警察の爆発物処理班が道路を封鎖したうえで処理にあたり、くわしく調べたところ、火薬は入っておらず、缶の中身はパイナップルジュースとみられている。
午前9時38分には、この銀行の本部に男の声で「爆弾を仕掛けた」と電話があり、また、支店では、袋を置く不審人物が目撃されていて、警察は威力業務妨害の容疑で捜査している。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00225966.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

山梨の人骨は愛知の67歳男性 昨年7月に「滝の撮影に行く」と外出(22日)

山梨県警日下部署は22日、同県山梨市の黒金山林道で4日に発見された人骨の身元が、昨年7月に行方不明となった愛知県刈谷市の無職男性=当時(67)=と判明したことを明らかにした。道に迷って遭難したとみられる。 同署によると、男性は昨年7月に「山梨へ滝の撮影に行く」と家族に伝えて外出した。発見場所近くの駐車場に男性の車が残されていた。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120622/crm12062214160022-n1.htmMsn_s1_4

| コメント (0) | トラックバック (0)

「金正男とサッカー」 詐欺容疑の男が北朝鮮との関係吹聴 現役の神戸大院生(22日)

アスベスト除去を行うと偽り、兵庫県の融資金1千万円を詐取したとされる事件で、大阪府警に逮捕された吉田誠一容疑者(41)が現役の神戸大院生で、朝鮮半島情勢を研究するゼミに所属していたことが22日、分かった。北朝鮮の指示で情報収集を担っていた疑いも浮上している吉田容疑者だが、入学動機は「中立的な立場で勉強したい」とし目立った工作活動はみられなかった。しかし、酒の席では「(故金正日総書記の長男の)金正男氏とサッカーをした」などと、北との緊密な関係を示唆する発言もしていた。
 大学関係者によると、吉田容疑者は平成17年秋、社会人枠を利用して神戸大大学院国際協力研究科の博士課程前期課程を受験した。現在は日本国籍を取得しているが、当時は朝鮮籍だった。
 面接試験では「北朝鮮による拉致問題が発覚して自分の人生に疑問を持つようになった」と志望動機を説明。「中立的な立場から北朝鮮をめぐる問題を勉強したい」と訴えたという。
 一方、受験時に提出した経歴書には、朝鮮総連の機関紙「朝鮮新報」の記者だったとする記載があった。一部の教員からは「工作員ではないのか」と懸念する声も上がったという。しかし、学問に対する姿勢が評価され、18年に入学を果たした。
 その後、20年には、軍事を優先する北朝鮮の「先軍政治」を題材とした論文を書き上げて修士号を取得。それからは博士号の取得を目指し、後期課程に進んでいた。

続きを読む "「金正男とサッカー」 詐欺容疑の男が北朝鮮との関係吹聴 現役の神戸大院生(22日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

【浦安の看護師殺害】長谷川さん見詰める容疑者、防犯カメラに(22日)

仙台市の看護師長谷川かなえさん(23)が、千葉県浦安市の友人宅で刺殺された事件は、同じマンションに住む西岡大志容疑者(26)の姿が写った防犯カメラの映像が、容疑者特定の有力な手掛かりとなった。
 現場の6階建てマンションは、正面玄関やエレベーターなどに計6台のカメラが設置。正面玄関を通過する全ての人物の姿が記録されており、県警は映像を詳細に分析して不審人物の絞り込みを進めていた。マンションは大半がワンルームで、企業が単身者の借り上げ社宅として法人契約するケースが多かった。
 県警によると、西岡容疑者は大阪府松原市の出身で、東京都内のIT関連会社に勤務。2010年4月からマンション5階の部屋に住んでいた。防犯カメラの映像には、現場の部屋の合鍵を取り出そうと郵便受けの前に立つ長谷川さんの姿を、エレベーターの前で見詰める西岡容疑者が写っていたという。

Msn_s1_2

 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120622/crm12062208530009-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

株売買話で現金詐取を図った振り込め詐欺グループの男ら逮捕(22日)

「医療会社の株を購入すれば、高値で買い取る」などとうそをつき、高齢者から現金をだまし取ろうとした振り込め詐欺グループの男らが逮捕された。
詐欺未遂の疑いで逮捕された、無職・佐々木 健悟容疑者(37)ら4人は、佐賀県の73歳の男性に電話をかけ、「医療会社の株を、2口 = 50万円で購入すれば、85万円で買い取る。絶対に損はさせない」などとうそをつき、株の購入代金をだまし取ろうとした疑いが持たれている。
調べに対し、佐々木容疑者らは「実態のない会社の株券を売りつけようとした」などと容疑を認めていて、警視庁は、同様の手口でこれまでに56人から5億円余りをだまし取ったとみて、余罪を追及している。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00225930.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

高橋克也容疑者:カメラ1000台分析…タクシーも解明(22日)

地下鉄サリン事件などで特別手配された高橋克也容疑者(54)が逮捕されて22日で1週間。追跡捜査に、最も効果を発揮したのは防犯カメラの画像だった。警視庁はコンビニや金融機関など約200カ所のカメラ約1000台の画像を回収・分析した。今や、捜査には欠かせないツールとなりつつある防犯カメラ画像の捜査の舞台裏を追った。
 「信号もないのに時間がかかりすぎだ」。高橋容疑者が潜伏していた川崎市の社員寮近くの道路に設置された2台の防犯カメラの画像を見比べていた捜査員がつぶやいた。2台の防犯カメラは約50メートル離れており、その間を車やタクシーが数秒単位で走り抜けていった。しかし、1台だけ30秒程度で通過するタクシーがあった。
 高橋容疑者が寮を出たのは6月4日午後3時半ごろ。「このタクシーに乗ったかもしれない」。捜査員はカメラに映ったタクシー会社に急行、運転手から事情を聴き、高橋容疑者が利用したタクシーを特定した。
 画像は警視庁の捜査支援分析センターの「モバイルチーム」が中心となり、捜査1課なども加わった計40人が24時間態勢で分析した。すべて目視で確認する地道な作業だ。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20120622k0000m040123000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

後絶たぬ自衛隊内いじめ 防衛省が謝罪のケースも(22日)

海に限らず、陸、空、いずれの自衛隊でも隊員の自殺をめぐる訴訟が後を絶たない。遺族たちは「いじめが原因だ」と主張、自衛隊の隊内いじめの体質改善を求めている。
 海自では、平成11年、佐世保基地の護衛艦さわぎりの艦内で男性の3等海曹=当時(21)=が自殺した。両親が国に慰謝料の支払いを求めた訴訟は20年、福岡高裁が「上司の侮辱的な言動が原因」と認定。防衛省は両親に謝罪した。
 隊員の妻と長男が国家賠償を求めた訴訟でも今年2月、国側が和解金を支払うことで和解が成立。和解条項によると、国側は「隊員の自殺防止に全力で取り組む」としている。
 陸自では、20年1月、仙台駐屯地で勤務していた20代の男性陸士長が自殺。訴訟で、遺族は「先輩隊員2人に目や口にテープを巻かれて、後ろ手に縛られたりする暴行を受けたのが原因」と主張。昨年8月、和解が成立した。関連記事

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

【浦安の看護師殺害】防犯カメラ、粘り強く解析で逮捕(22日)

現場となったマンション一室は完全に施錠され、建物出入り口の防犯カメラにも不審な人物が写っていなかったことから当初、事件は“密室殺人”の様相を呈した。しかし、捜査本部は不審者が写っていないことを重視。住民による犯行の可能性があるとみて、建物内に設置されたすべての防犯カメラの解析を粘り強く進めていた。

 現場マンションは6階建てのワンルームタイプで、2階から上の階に約140世帯が入居。玄関はオートロック式の自動扉で、防犯カメラは玄関のほか、エレベーターや駐車場などに計6台設置されていた。住民は他に2つある鍵付きの勝手口から入ることができたが、住民以外の人間が建物内に入る場合は必ず防犯カメラに写る構造だった。
 長谷川さんは4月30日午前3時ごろにマンションに入る姿が防犯カメラで確認されており、午前7時40分ごろに帰宅した元交際相手の男性が遺体を発見。部屋からは合鍵がなくなっていた。その間、長谷川さんがマンションを出入りする姿が防犯カメラに写っていたものの、不審な人物は写っていなかった。
 このため、県警は顔見知りよりも「同じマンションの住民による犯行」(捜査関係者)とみて、建物内の防犯カメラを徹底的に解析したところ、エレベーター内で何かを拾う西岡容疑者の映像を確認。長谷川さんが落とした合鍵を拾った可能性があるとみて、慎重に捜査していた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120622/crm12062201260006-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

【浦安の看護師殺害】逮捕の26歳会社員の男 「盗み目的で入った」容疑認める(22日)

千葉県浦安市のマンションで4月、仙台市の看護師長谷川かなえさん(23)が刺殺された事件で、県警浦安署捜査本部は21日、殺人容疑で、同じマンションの5階に住む会社員、西岡大志容疑者(26)を逮捕した。捜査本部によると、西岡容疑者は「盗み目的で入ったら、長谷川さんに気付かれたので殺した」と容疑を認めている。
 捜査関係者によると、西岡容疑者は現場となった長谷川さんの元交際相手の知人男性(23)宅の合鍵をマンション内で拾った可能性があり、西岡容疑者と同じDNA型の毛髪が現場で見つかったことが判明。自供も得られたため逮捕に踏み切った。
 捜査本部は同日朝、任意同行を求めて事情聴取し、自宅を捜索。西岡容疑者は現場室内にあった包丁を殺害に使い、「近くのどぶに捨てた」と供述しているといい、捜査本部で捜索している。

 

続きを読む "【浦安の看護師殺害】逮捕の26歳会社員の男 「盗み目的で入った」容疑認める(22日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月21日 | トップページ | 2012年6月23日 »