« 2012年6月15日 | トップページ | 2012年6月17日 »

2012年6月16日

2012年6月16日 (土)

目閉じるハチ公、駅員ら手を合わせる…写真公開(16日)

東京・渋谷駅前の銅像で知られる秋田犬「ハチ公」の最期の写真が、渋谷区郷土博物館・文学館に寄贈され、16日から同館で公開される。
 ハチ公が死んだ1935年3月8日に撮影され、その後、杉並区在住の女性の手に渡っていた。ハチ公は当時から「忠犬」として広く親しまれる存在だったが、写真資料など現存するものは数少なく、同館では当時をしのぶ貴重な資料の一つとしている。
 公開される写真は、渋谷駅の手荷物室で撮影されたとみられる。中央にハチ公が目を閉じて横たわり、周囲で駅員らが手を合わせている。
 同館によると、ハチ公はこの日、渋谷川の橋近くで冷たくなっていたところを発見され、同駅に運び込まれた。当時11歳だった。 亡くなった飼い主を迎えに、何度も駅に足を運ぶ姿は新聞などでも報じられ、その存在は有名になっていた。乗降客や駅員もかわいがり、駅の手荷物室をお気に入りの休息場所としていたという。
 寄贈した女性は、父親が当時の駅員だったことから、この写真を保管していた。同じ写真は当時、都内で発行されていた新聞にも掲載されている。
 同館では「写真を通じて、多くの人にハチ公の生涯に関心を持ってもらえれば」と話している。
 展示は7月22日まで。問い合わせは同館(03・3486・2791)へ。(森重孝)(2012年6月16日18時15分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

高橋容疑者、松本死刑囚の説法テープも (16日)

オウム特別手配犯の高橋克也容疑者が逮捕された事件で、押収された高橋容疑者のキャリーバッグから、麻原彰晃こと、松本智津夫死刑囚の写真のほか、説法を録音したテープなども見つかっていたことが新たにわかりました。
 「逃走していた時、本来の自分を変えて生活していました。本来の自分がわからなくなってしまいました」。「まだ逮捕されたという現実を理解できていません」。高橋容疑者は取り調べに対し、こう供述しているということです。
 高橋克也容疑者は15日午前、東京・大田区のマンガ喫茶を出たところを身柄確保され、地下鉄サリン事件に関与した殺人などの疑いで逮捕されました。横浜市にあるJR鶴見駅西口のコインロッカーから押収された高橋容疑者のキャリーバッグには、麻原彰晃こと、松本智津夫死刑囚の写真数枚のほか、松本死刑囚が書いた「イニシエーション」など、オウム関連の本、十数冊が入っていたことがわかっています。
 さらに、バッグの中からは、松本死刑囚の説法を録音したテープや、携帯型のカセットプレーヤーが見つかっていたことが警視庁への取材で新たにわかりました。警視庁は、高橋容疑者がいまだに教団への信仰を持ち続けている可能性があるとみて調べています。
 また、高橋容疑者は、菊地直子容疑者が逮捕されたのを知ったのは夜勤中の今月3日夜で、「仕事の途中で逃げるとおかしいし、迷惑がかかるから終わってから逃げた」などと供述しているということです。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5057176.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【亀岡暴走】被害者の個人情報漏らした警部補と教頭、書類送検へ(16日)

京都府亀岡市で集団登校中の市立安詳小学校の児童ら10人が軽乗用車にはねられ死傷した事故をめぐり、京都府警が、被害者の個人情報を加害者の無職少年(18)=検察官送致=側に漏らしたとして、亀岡署交通課係長の男性警部補(51)と同小の男性教頭(51)を来週にも地方公務員法(守秘義務)違反容疑で書類送検する方針を固めたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。
 府警の調べに対し、警部補は「懇願されて安易に渡してしまった。反省している」と供述している。
 捜査関係者によると、警部補は事故翌日の4月24日午前0時ごろ、「被害者に謝罪したい」と同署を訪れた少年の父(47)に対し、男性巡査長(53)に作成させた被害者10人の氏名や住所などが書かれたリストを提供。教頭も同日午後、少年の伯父(51)に、死亡した松村幸姫(ゆきひ)さん(26)の携帯電話番号を教えた疑いが持たれている。
 少年の父が25日、松村さんの携帯電話に電話したことから情報漏洩(ろうえい)が発覚した。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120616/crm12061616050010-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

脱法ハーブ:吸引で暴走の容疑者から覚醒剤も検出(16日)

大阪・ミナミの繁華街を軽乗用車が暴走し女性2人が軽傷を負った事件で、堺市の土木作業員、拝藤(はいとう)俊一容疑者(26)=自動車運転過失傷害容疑で逮捕=の尿から覚醒剤反応が出ていたことが、捜査関係者への取材で分かった。拝藤容疑者は「脱法ハーブを吸引した」と供述しているが、大阪府警南署は覚醒剤と脱法ハーブの複合作用が異常運転につながったとみて、危険運転致傷容疑で立件する方向で大阪地検と調整している。
 捜査関係者によると、拝藤容疑者の車は1日夜、大阪市中央区心斎橋筋1の繁華街を低速で走行し、女性らに接触した後、歩道に乗り上げて金属製の支柱に衝突した。衝突後、拝藤容疑者は突然アクセルを強く踏み続け、タイヤが空転して現場に煙が立ちこめた。拝藤容疑者の目は焦点が合わず、奇声を上げたり、座り込んで嘔吐(おうと)したりするなど錯乱状態だった。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20120616k0000e040186000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(16、17日単位・レベル)
街頭犯罪多発
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120528180408

 強盗や傷害事件など街頭犯罪が首都圏で相次いでいる。
 15日午後11時ころには目黒区目黒の道路上で鉄パイプを持った数人のグループに男性が襲われ重傷。近くの路上に鉄パイプが残されていた。事件直後に男たちは車で逃走した。襲われた男性は25歳から35歳ぐらい。
 さらに同日午後6時ころには目黒区上目黒の路上で、27歳の女性から「知らない男に刺された」と110番通報があった。女性は病院に運ばれたが、右胸を約15センチ切られて重傷。男は女性の背後から近づき、無言で切りつけたという。警視庁は殺人未遂容疑で男の行方を追っています。
 また埼玉県春日部市中央の市道では15日夜、歩行者を狙った強盗未遂事件と強盗傷害事件が相次いで発生した。
 同日午後10時ごろにはさいたま市見沼区の22歳の男子大学生が、2人組の男に道をふさがれて「金を出せ」と脅され顔を殴られた。男性が抵抗すると、男らは何も取らずに逃げた。その約5分後には約500メートル離れた路上でも、春日部市の20歳の女子大学生が、路上に座っていた男に携帯電話を取られ、バッグを奪われそうになった。男は抵抗されて携帯電話だけ奪って逃げた。
 警察庁によると平成23年の刑法犯の認知件数は148万765件で、このうち街頭における暴行事件は全暴行事件の54%を占める1万5792件。傷害事件2万5832件のうち48.1%の1万2415件。恐喝事件は4311件のうち53.9%の2323件だった。
 刑法犯を発生場所でみると駐輪場が最も多く19万8839件、次いでその他の駐車場12万8340件、道路上が18万7618件。危険なとろこのワースト3である。
 市民が丸腰で襲われたら防ぎようがない。やはり警察のパトロールの強化以外になすすべはないようだ。首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

高橋克也容疑者逮捕 キャリーバッグに松本 智津夫死刑囚の写真(16日)

地下鉄サリン事件の殺人容疑などで15日に逮捕された高橋克也容疑者(54)が、逃走時に所持していたキャリーバッグから、松本 智津夫死刑囚(57)の写真が数枚見つかっていたことがわかった。
高橋容疑者は、17年にわたり、松本死刑囚の写真を持って逃走していたことから、警視庁は、いまだにマインドコントロールから抜け出せていなかった疑いが強いとみて調べている。
高橋克也容疑者は、6月4日の逃走直前に購入した黒いキャリーバッグを、JR鶴見駅のコインロッカーに入れていたが、このバッグの中から、教祖の松本 智津夫死刑囚の写真数枚が見つかっていたことが新たにわかった。
このバッグからは、このほかにも松本死刑囚の著書など、教団関連の本十数冊も見つかっていた。
同じバッグからは、3つの口座、4通の預金通帳が見つかっていて、このうち1つの口座の名義人「吉田利美」は、以前に住んでいた神奈川・川崎市内のアパートの隣に住んでいた実在の男性の名前だったという。
また、高橋容疑者は新たに、「逃走しているときは、本来の自分を変えて生活していました。本当の自分がわからなくなってしまいました。また、逮捕されたというこの現実が理解できていません」と供述しているという。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00225510.htmlLogo4_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

男子大学生殴られ、女子大生は携帯奪われけが(16日)

埼玉県春日部市中央の市道で15日夜、歩行者を狙った強盗未遂事件と強盗傷害事件があった。事件の現場が近く、約5分の間に起きていることから、春日部署が関連を調べている。
 発表によると、同日午後10時10分頃、さいたま市見沼区の男子大学生(22)が、2人組の男に道をふさがれて「金を出せ」と脅され、顔を殴られた。男性が抵抗すると、男らは何も取らずに逃げた。
 その約5分後、約500メートル離れた路上でも、春日部市の女子大学生(20)が、路上に座っていた男に携帯電話を取られ、バッグを奪われそうになった。男は抵抗されて携帯電話だけ奪って逃げた。女子大学生は手足に軽傷を負った。(

2012年6月16日11時08分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

高橋容疑者、個室ビデオ店を転々…教団本も所有(16日)

1995年3月のオウム真理教による地下鉄サリン事件で、警視庁に殺人と殺人未遂容疑で15日逮捕された高橋克也容疑者(54)が、今月4日以降の足取りについて「鶴見(横浜市)、大森(東京都大田区)、蒲田(同)の順で個室ビデオ店を転々としていた」と供述していることがわかった。
 高橋容疑者は、新聞やテレビで追跡捜査のニュースを毎日見ており、「報道に追いつめられた」と話しているという。現金は約460万円所持しており、同庁は、この金で逃亡を続けようとしたとみている。
 同庁幹部によると、高橋容疑者は、菊地直子容疑者(40)が逮捕された翌日の今月4日、川崎市の信用金庫で238万円を引き出した後、スーパーでキャリーバッグを購入。自宅に保管していた現金も一緒に詰め込み、潜伏先の建設会社社員寮から逃亡した。
 高橋容疑者はその後、鶴見駅周辺に行き、大森駅、蒲田駅の順で移動。個室ビデオ店などに潜伏し、食事は周辺のファミリーレストランでとっていたと供述した。警視庁が画像を公開したキャリーバッグは「6日か7日頃、JR鶴見駅西口のコインロッカーに預けたが、写真が公開されたため、ロッカーから出せなくなった」といい、代わりに同駅近くのスーパーや蒲田駅近くで茶色のボストンバッグと、黒いビジネスバッグを購入していた。
 キャリーバッグは供述通り、ロッカーから発見され、中から松本智津夫死刑囚(57)の著書「イニシエーション」など教団関連の本十数冊や携帯電話、偽名の通帳3冊が見つかった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

頭から血流し男性重傷 男数人で暴行か 東京・目黒(16日)

15日午後10時50分ごろ、東京都目黒区下目黒の路上で、通行人などから「数人の若い男が男性をバットなどで殴っている」と110番通報があった。駆けつけた警視庁目黒署員らが、頭から血を流して倒れている男性を発見。男性は病院に運ばれたが、頭などを打っており、重傷という。
 同署によると、男性は25~35歳。数人の男に暴行されていたのが目撃されていた。男らは事件後、逃走。同署は傷害容疑で、男らの行方を追うとともに、男性の身元の確認を急いでいる。
 また、午後10時45分ごろには、近くの路上で、フロントガラスが割れた車が見つかっており、同署は事件との関連を調べている。
 男性が倒れていた現場は、東急目黒線不動前駅から西へ約1キロの住宅街。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120616/crm12061610120005-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

参院職員、痴漢容疑で逮捕(16日)

参議院事務局の男性職員(43)=川崎市=が、電車内で痴漢行為をしたとして、東京都迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕されていたことが16日、警視庁麹町署への取材で分かった。
 同署によると、職員は国会の警備などに当たる衛視。容疑を認め、既に釈放されている。
 逮捕容疑は、9日午前0時半ごろ、東京メトロ半蔵門線神保町-九段下間の電車内で20代の女性の太ももを触ったとしている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120616/crm12061611580007-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

マイナリ元被告、15年ぶりに拘束を解かれネパールに帰国へ(16日)

1997年の東電女性社員殺害事件をめぐり、裁判のやり直しが決定したネパール人のゴビンダ・プラサド・マイナリ元被告(45)が、15年ぶりに拘束を解かれ、ネパールに帰国する。
15年ぶりに外の空気を味わうマイナリ元被告が、1歩1歩タラップの階段を上っていく。
事件前の黒々としていた髪は一変し、白髪交じりになっていた。
長い刑務所生活を物語るようなマイナリ元被告の今。
不法滞在の罪が確定しているため、ネパールへは強制送還となる。
マイナリ元被告の長女は「(父親と)一緒に帰るという夢を見ました。夢が実現して、本当にうれしいです」と話した。
家族と機内で対面したマイナリ元被告は、タイを経由し、16日にはネパールへ到着する予定。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00225488.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

押収のバッグに松本死刑囚の本(16日)

警視庁によりますと、横浜市の鶴見駅のロッカーから押収したキャリーバッグの中に、麻原彰晃、本名・松本智津夫死刑囚が書いた本を含め、オウム真理教が発行した本、あわせて10数冊が入っていたということです。
ほかにも宗教関係などの本が14、5冊出てきたということです。
警視庁は、高橋容疑者が今でも信仰しているかどうか、確認することにしています。
警視庁によりますと、高橋容疑者はいまの心情について「いろいろな思いがあって一言では言い表せません。世間を騒がせてしまったことは間違いないことです。すべては不徳のいたすところです」と話しているということです。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1005850301.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・目黒区で27歳女性切られ重傷 (16日)

15日午後、東京・目黒区の路上で27歳の女性が男にいきなり刃物で胸を切られ、重傷を負いました。男は現在も逃走中で、警視庁は殺人未遂事件として捜査を進めています。
 警視庁によりますと、午後5時40分ごろ、東京・目黒区上目黒の路上で27歳の女性から「おじさんに刺された」と110番通報がありました。救急隊などが駆けつけたところ、この女性が路上でうずくまっていて病院に運ばれましたが、右胸を切られ重傷だということです。
 「悲鳴がした、被害者の」(近所の人)
 女性は警視庁に「後ろから無言で切りつけられた」、「男は白いジャンパーにベージュのズボン姿だった」などと話しているということです。警視庁は、通り魔事件の可能性もあるとみて、殺人未遂容疑で、逃げた男の行方を追っています。現場は東急東横線・祐天寺駅からおよそ500メートルの住宅街です。(15日22:58)

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛知県警中署:駐車場からナンバープレート2枚盗まれる(16日)

愛知県警中署は15日、名古屋市中区の同署駐車場に保管中の乗用車から、盗難届が出ていた車のナンバープレート2枚が盗まれたと発表した。同署の防犯カメラに14日午前0時20分ごろ、車に入る男が映っており、同署が建造物侵入と窃盗の疑いで調べている。
 同署によると、車は13日夜に同市中区栄3の路上に違法駐車されていたレンタカー。署で調べ、車内から盗難プレートが見つかった。5月中旬に市内で30代の男が借り、返却されていなかったという。
 駐車場の出入り口は高さ約180センチの門扉で施錠され、車も施錠されていた。カメラに映った男は門扉を乗り越えて侵入し、カギで車のドアを開けたとみられる。【石山絵歩】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20120616k0000m040113000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

消防車などを無免許運転 失効気づかず145回 福岡(16日)

福岡市の東消防署に勤務する男性副士長(36)が運転免許の失効に気づかず、消防車などの緊急車両を計145回、無免許運転していた。2003年にも別の副士長の無免許運転が発覚したが、市消防局はいずれも文書訓戒にとどめ、懲戒処分にはあたらないとして公表していなかった。
 市消防局によると、副士長は09年5月に運転免許証を紛失して再交付を受けたが、その後更新せず、10年8月に失効。それに気づかず、11年12月まで消防車や救急車を運転していた。
 市消防局に免許証を提出し、失効が発覚。副士長は「再交付の際に、更新もされたと勘違いした」と説明しているという。03年にも別の副士長が更新を忘れ、約1年4カ月間、緊急車両を無免許運転したとして、文書訓戒の処分を受けた。

続きを読む

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

高橋容疑者追いつめた画像公開…通報1700件(16日)

警視庁は、菊地直子容疑者(40)の逮捕後、防犯カメラに映った高橋克也容疑者(54)の映像などを十数回にわたって公開する異例の捜査を展開し、オウム真理教の一連の事件に関与した「最後の逃亡犯」を追いつめた。
 同庁は地下鉄サリン事件から約2か月後の1995年5月16日、山梨県上九一色村(当時)の教団施設内に潜んでいた松本智津夫死刑囚(57)を逮捕、逃亡した教団幹部らを次々と発見した。同5月22日には、警察庁が未発見の高橋容疑者ら地下鉄サリン事件に関与した7人を特別手配した。
 その後、仮谷清志さん拉致事件に関与した平田信被告(47)(逮捕監禁罪などで起訴)らも手配し、特別手配は一時、19人となった。全国の警察は捜索を強化し、96年11月には埼玉県所沢市のマンションに潜伏していた北村浩一受刑者(44)を、同年12月には石垣島に潜伏中の林泰男死刑囚(54)を逮捕した。
 しかし、残る特別手配の平田被告、菊地容疑者、高橋容疑者の3人は足取りが途絶え、捜索は難航。目撃情報は年々減少し、中でも高橋容疑者については全く寄せられない月もあった。3人は実家や友人らへの接触もなく、海外逃亡説もささやかれていた。
 事態が大きく動いたのは昨年12月31日。平田被告が警視庁に出頭したのを機に、菊地、高橋両容疑者に関する情報提供が急増した。
 同庁は「一般から情報を求めるには、素早く写真を公開するしかない」(捜査幹部)と判断。菊地容疑者が逮捕された3日後の今月6日午前、高橋容疑者が川崎市内の信用金庫の窓口で238万円を引き出す姿を映した画像と、勤務先の建設会社に提出した履歴書の写真を公開。同日夕には、高橋容疑者が逃亡直前に立ち寄った勤務先の建設会社事務所や、新聞を購入したコンビニエンスストアの防犯カメラの画像も公開した。
 これにより、同庁に寄せられた高橋容疑者に関する情報は今月14日現在、1729件に上った。高橋容疑者には1000万円の懸賞もかけられていた。(

2012年6月15日16時53分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

松本死刑囚ら13人の死刑執行、先送りの可能性(16日)

地下鉄サリン事件で高橋克也容疑者と同様に実行犯の送迎役を務めた教団信者らは殺人、殺人未遂罪に問われ、いずれも死刑か無期懲役が確定している。高橋容疑者が同じ罪で起訴されれば、裁判員裁判の対象となる可能性が高い。
 高橋容疑者は、地下鉄サリン事件など数多くの重大事件で、教祖だった松本死刑囚らの判決で「共犯者」と認定され、平田信被告や菊地直子容疑者と比べても、重大事件への関与の度合いが強い。
 地下鉄サリン事件では、サリン散布の実行犯である豊田亨死刑囚(44)の送迎役を務めた。裁判となった場合、豊田死刑囚らが証人として出廷する可能性もあり、13人いる死刑囚の刑の執行は更に先送りされそうだ。
 1989~95年に起きた教団による一連の事件では、松本死刑囚と教団幹部ら計190人が起訴された。菊地、高橋両容疑者も起訴されれば192人となる。裁判では、松本死刑囚ら元幹部13人が死刑となったほか、地下鉄、松本両サリン事件の実行犯ら5人の無期懲役と80人の実刑が確定、87人が執行猶予となっている。(

2012年6月15日16時49分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

【高橋克也容疑者逮捕】若者向け眼鏡や偽名 追い込まれ、工作稚拙?(16日)号外紙面あり

若者向けの眼鏡や偽名、昔の住所。潜伏先の建設会社社員寮から逃走後に、防犯ビデオの映像を次々と公開され、追い詰められた高橋克也容疑者(54)が取った偽装工作は稚拙なものだった。
 逃走翌日の5日、京急鶴見駅近くの眼鏡店に現れた高橋容疑者は「吉田新一」の偽名を使い、年齢も49歳と、5歳さばを読んだ。住所欄に記入したのは、以前勤めた別の建設会社の社員寮だった。
 この時は、太くて茶色っぽいフレームの眼鏡を1万円で購入した。男性店長(57)によると、10~20代向けの商品で「若く見せたかったのではないか」。
 コンビニで新聞を買う姿が7日に公開された前後、写っていた黒いバッグは鶴見駅のごみ集積所に捨てた。青い線の入った大きなキャリーバッグは、JR鶴見駅西口のコインロッカーに入れた。8日に警視庁が画像を公開すると持ち出せなくなり、追加料金を払って預け続ける一方、JR蒲田駅付近で別のバッグを購入した。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120615/crm12061522060042-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

【高橋克也容疑者逮捕】「ほっとした」と上祐氏 訪問先の大阪で会見(16日)号外紙面付き

オウム真理教を脱退した元幹部で「ひかりの輪」代表の上祐史浩氏(49)が15日午後、高橋克也容疑者(54)の逮捕を受け、大阪市内で記者会見を開き「ほっとした。事件の真相を明らかにしてほしい」と心境を述べた。
 上祐氏はテレビ番組の収録で大阪を訪れていたといい、作務衣姿で臨んだ会見では、高橋容疑者に対し「オウム真理教の過ちを深く総括して、償いの道を歩んでいくことを望む」とコメントを読み上げた。
 記者団から、事件への上祐氏自身の謝罪について問われると「われわれ上層部の過ちで、上に従う高橋容疑者らがあのようになった側面もある。私の道義的な責任は彼らより重い」と発言。
 高橋容疑者の印象については「25年前、修行の時に食事の手伝いをしてもらった記憶はあるが、部署も違い、付き合いはなかった」と淡々とした表情で語った。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120615/crm12061520010038-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月15日 | トップページ | 2012年6月17日 »