« 2012年6月13日 | トップページ | 2012年6月15日 »

2012年6月14日

2012年6月14日 (木)

新宿区アイルランド人女性殺害で19歳少年を逮捕(14日)

逮捕されたのは、19歳のアメリカ人の少年でした。
 アメリカ人の19歳の少年は先月24日、東京・新宿区のホテルで、アイルランド人の女子留学生、ニコラ・ファーロングさんの首を絞めて殺害した疑いが持たれています。警視庁によりますと、2人は事件の数時間前に知り合い、少年は酒に酔ったファーロングさんをホテルの部屋に連れ込んでいました。取り調べに対し、「殺害するつもりはなかった」と話していて、警視庁は犯行の経緯などを詳しく調べています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

公安調査庁、アレフ施設を立ち入り調査 (14日)

高橋容疑者が潜伏していた川崎市から近い横浜市のオウム真理教、現在のアレフの教団施設では、14日朝から公安調査庁が立ち入り調査を行っています。
 14日の調査では、高橋克也容疑者が潜伏している場合に備え、神奈川県警の警察官も警備にあたりました。公安調査庁は今後、アレフが組織的に逃亡犯を支援していなかったかどうか調べるものとみられます。Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5054873.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

原発テロ防止へ陸自と県警、初の合同訓練(14日)

原子力発電所を狙ったテロの防止を目的とした陸上自衛隊と愛媛県警の合同訓練が14日、同県伊方町の四国電力伊方原発で行われた。
 実際の原発敷地でのこうした訓練は全国で初めて。
 陸上自衛隊第14旅団(香川県善通寺市)と愛媛県警の各50人が参加。銃などで武装した工作員が伊方原発に向かった、との想定で、原発の敷地内に入ろうとする車両や人の検問や制圧の訓練を行った。

 東京電力福島第一原発事故を受け、政府は昨年11月、原発へのテロを未然に防ぐ取り組みの強化を防衛省と警察庁に指示していた。(2012年6月14日20時27分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14、15日単位・レベル)
高橋容疑者を逮捕
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

警視庁は15日、東京都大田区西蒲田の漫画喫茶で身柄を確保した男をオウム真理教元幹部、高橋克也容疑者(54)と確認、殺人容疑などで逮捕した。警視庁によると、男は高橋容疑者であることを認め、警視庁も指紋などから高橋容疑者と確認した。平成7年5月の特別手配から17年1カ月目の身柄確保で、一連のオウム事件で特別手配された容疑者3人が全員逮捕された=産経新聞電子版

Crm12060915430011n11

Crm12060613200018n11

 警視庁は14日、神奈川県横浜市にある特別手配犯の高橋克也容疑者(54)の実家を家宅捜索した。実家は現在、空き家になっているが逃亡先を示すような痕跡がないかを調べたもの。さらに警視庁は13日、高橋容疑者の特徴ある筆跡を公開している。
 新聞はもとよりテレビのニュース番組はほぼ毎時間このニュースを流している。なぜか平成9年の殺人犯、福田和子の逃亡を思い出す。愛媛県警が懸賞金100万円をかけた捜査だった。整形手術を行い顔を次々に変えて逃走しているとあって連日、テレビはニュースやワイドショーでとりあげ、結局、逃げ切れずに平成9年7月29日に逃亡生活5459日ぶりに福井市内で逮捕された。
 今回の高橋容疑者も福田並のテレビの顔露出だが、13日午後4時50分からのフジテレビのスーパーニュースはスリルがあった。
 「緊急!THE公開捜査高橋克也容疑者に告ぐ 警視庁捜査員が生出演」と題して、捜査1課の管理官が出演。リアルタイムで情報を受け付けていた。
 ちょうど夕飯時の6時過ぎで「ただいま入りました情報によると東京三鷹市のJR三鷹駅周辺や東急などで目撃情報が寄せられています」と生々しい放送。
 この調子でやられれば、防犯カメラを如何に把握していても、そう長くは逃げ切れないだろう。国民の目は、そう節穴ではない。高橋よ出頭しなさい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

オウム・高橋克也容疑者の横浜市の実家を警視庁が家宅捜索(14日)

警視庁は、特別手配犯の高橋克也容疑者(54)の、現在は空き家となっている神奈川・横浜市の実家の家宅捜索を行っていて、逃亡先を示すような痕跡がないか調べている。
午前10時、警視庁の捜査員が、高橋克也容疑者の実家に、家宅捜索に入った。
警視庁の捜査員およそ10人が、現在は空き家となっている、横浜市にある高橋克也容疑者の実家を家宅捜索し、これまでに立ち寄った痕跡がないかなどを調べている。
また、高橋克也容疑者について、菊地直子容疑者(40)が、「川崎の潜伏場所がばれると、ほかに行くところがないのではないか。川崎ぐらいしか土地勘がない。田舎には行かないだろう」と供述していたことが新たにわかった。
高橋克也容疑者は潜伏中、菊地直子容疑者に「警察が来てしまったら、しょうがない」などと話していたという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00225366.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

元同僚を殺人容疑で再逮捕 北海道・図書館員死体遺棄(14日)

北海道滝上町の町立図書館に勤めていた工藤陽子さん(当時36)の遺体が町内の山中で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された元同僚で元町文化センター管理人小谷昌宏容疑者(41)=同町サクルー原野=について、道警は14日、殺人容疑で再逮捕し、発表した。首を絞めたことは認めているが、殺意を否認しているという。

 紋別署捜査本部によると、小谷容疑者は昨年8月14日午後6時ごろ、センター内で、同じ建物の中にある図書館で勤務していた工藤さんの首を両手で絞めて殺した疑いがある。

 捜査本部によると、小谷容疑者は「(センターの)廊下で工藤さんに『そこで何をしているの』と大声を出され、口論になった」と説明。「見下されたと感じてカッとなり、首を絞めた」と話しているという。

続きを読む

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

元妻の父親を切断して庭に埋める 46歳男逮捕、殺害ほのめかす(14日)

埼玉県警は14日、長野県駒ケ根市赤穂の実家敷地内に男性の遺体の一部を埋めたとして、死体遺棄の疑いで埼玉県所沢市和ケ原、会社員、金倉隆容疑者(46)を逮捕し、川越署に捜査本部を設置した。
 県警によると、金倉容疑者は離婚した元妻の埼玉県川越市に住む父親=失踪当時(59)=の遺体と説明し「昨年6月中旬に埋めた」と供述。殺害もほのめかしているという。
 県警は供述に基づき13日に駒ケ根市の金倉容疑者の実家を捜索、敷地内でシートにくるまれ埋められた男性の胴体の一部を発見した。遺体は切断されており、県警は元妻の父親とみて身元確認を急ぎ、遺棄した経緯も詳しく調べる。
 逮捕容疑は昨年6月中旬、駒ケ根市赤穂の民家敷地内に穴を掘り、男性の遺体の一部を埋めて遺棄した疑い。元妻の父親は清掃業を営み、金倉容疑者は従業員だったという。

Msn_s1_5

 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120614/crm12061412440021-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

スマホアプリにウイルス仕込む 容疑の男6人逮捕 料金を架空請求(14日)

スマートフォン(高機能携帯電話)の利用者の電話番号などの情報が勝手に外部に送信され、料金を架空請求するウイルスを仕組んだアプリ(応用ソフト)を提供したなどとして、警視庁サイバー犯罪対策課は、不正指令電磁的記録供用と詐欺の疑いで、和歌山県新宮市神倉、無職、真(ま)砂(なご)千(ち)執(とる)(45)と東京都江戸川区東葛西、IT関連会社役員、蒔田和典(27)の両容疑者ら男6人を逮捕した。
 同課によると、真砂容疑者は「アプリが電話番号などを抜き取るものとは知っていたが、違法とは思っていなかった」などと供述しているという。
 同課によると、スマホのウイルスをめぐる事件の摘発は全国初。アプリは、基本ソフトウエア(OS)に米グーグル社の「アンドロイド」が搭載されたスマホ向けで、無料でダウンロードできるアダルトサイトを装っていた。
 実際は、ダウンロードした人の電話番号とメールアドレスなどの個人情報が外部に流出し、利用料金を指定口座に振り込むように請求する画面が表示される仕組みになっていた。
 同課は、昨年12月~今年1月、全国の約9200人がこのアプリをダウンロードして電話番号とメールアドレスなどの個人情報が抜き取られ、指定口座には約2100万円が振り込まれたとみている。
 逮捕容疑は、今年1月ごろ、埼玉県の50代の男性会社員にアプリをダウンロードさせ個人情報を無断で外部に送信した上、利用料金として9万9800円をだまし取ったとしている。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120614/crm12061412110017-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

スマホ狙うウイルス急増 3千~4千種出回る(14日)

さまざまなアプリを導入して機能を追加できるスマートフォン(多機能携帯電話)。「パソコン並み」と言われる半面、アプリを介したウイルスも急増している。
 コンピューターセキュリティー対策会社のシマンテックによると、不正なアプリのほとんどは、開発の自由度が高い米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」向けのもので、2010年夏ごろに初めて確認された。その後、スマホの普及とともにウイルスも急増、11年には約60種類が確認され、現在類似したものを含めれば全体で3千~4千種類あるとみられる。
 ことし2~4月には、電話帳に登録された全ての電話番号などを外部に流出させるアプリも出回り、数百万人規模の情報流出も懸念されている。
 警視庁が今回摘発したアプリでは、料金支払いを迫る画面が表示され続けたが、アプリそのものを削除することで画面を消去することができたという。

Msn_s1_3

 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120614/crm12061412460022-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

駅前カメラに高橋容疑者に似た男 「タクシー乗せた」証言も(14日)

地下鉄サリン事件の殺人容疑などで特別手配されているオウム真理教元信者高橋克也容疑者(54)が今月4日午後、川崎市川崎区の建設会社社員寮から逃走した直後、よく似た男がJR川崎駅西口付近の防犯カメラに写っていたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。
 映像には同容疑者が逃走の直前、ショッピングセンターで買ったものに似たキャリーバッグも写っていた。
 一方、警視庁築地署捜査本部によると、タクシーの運転手が「4日午後3時ごろ、寮の前から似た男を川崎駅まで乗せた」と証言。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201206/CN2012061301001927.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

飲食店で女子高校生らを下着姿で接客させる 経営者ら5人逮捕(14日)

神奈川・横浜市と京都市の飲食店で、未成年を飲食店で働かせていたとして、経営者の男ら5人が逮捕された。
水着を着た未成年の女の子らは、客の前で歌を歌ったり、「AKB48」のダンスを踊ったりしていたという。
未成年を飲食店で働かせていたとして、労働基準法違反の疑いで逮捕されたのは、京都市の「ももじろうグループ」の経営者・土岡 剛容疑者(45)、高木智晴容疑者(37)ら5人。
土岡容疑者らは、横浜市と京都市の「SEXY居酒屋ふじこちゃん」で、18歳未満の女子高校生らに下着やビキニを重ね着させ、腰を振りながら酒を運んだりするなどの接客をさせていたという。
同じビルの別の居酒屋の店員は「確かに、高校生くらいじゃないかというのは、あったんですけど。募集でもしてたみたいなんで、『高校生OK』みたいな。(逮捕された店長の印象は?)怖い感じ...。あまり、いい話は少なかったので...」と話した。
土岡容疑者らは、「18歳以上は給料の高いキャバクラに勤務してしまうので、18歳未満の少女を雇っていた」と供述している。
少女らの時給は、1,100~1,300円ほどだったという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00225346.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

高橋克也容疑者:周到に逃走準備か…カメラ死角、着替え(14日)

地下鉄サリン事件などで特別手配されている高橋克也容疑者(54)の逃走前後の様子が、警視庁の調べで明らかになりつつある。4時間半の間に2回の着替え、防犯カメラを避けるように道路を横断するなど捜査をかく乱するような動きもうかがえる。「17年も潜伏生活を続けていただけに、いざという時に備えた周到な計画性が見え隠れする」と捜査幹部。高橋容疑者の影を追う地道な捜査が続く。
 高橋容疑者が逃走準備のため、スーパーに向かったのは4日午後1時過ぎ。通り道に設置されている防犯カメラに高橋容疑者らしき男がぼんやりと映っていた。時間帯や体形などからほぼ高橋容疑者に間違いない。だが、男はカメラに完全に姿を撮影されないよう、わざわざ道路を斜めに横断しているように見える。捜査員は「死角を計算していたとしか考えられない」と分析している。
 ある捜査員は逃走直前に購入されたキャリーバッグのレシートが住んでいた社員寮に残されていたことにも、疑いの目を向ける。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20120614k0000m040125000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

雑踏に潜む高橋克容疑者、神奈川県内の足跡追う(14日)

オウム真理教による地下鉄サリン事件で特別手配中の高橋克也容疑者(54)が、川崎市内の潜伏先から逃走してから11日で1週間が過ぎた。
 幼少期からの大半を神奈川県内で過ごした高橋容疑者はどんな生活を送ってきたのか。足跡をたどった。
 ◆幼少期―就職 横浜市港北区の住宅街の一角。周囲に木が茂り、壁にツタが絡まる木造2階建ての住宅が高橋容疑者の実家だ。高橋容疑者の父が1994年12月に、母が昨年9月に亡くなり、今は空き家になっている。
 近くの70歳代の女性は「うちの子が小学校に上がるまで一緒に駆けっこをして遊んでくれた。面倒見が良かったのに……」と高橋容疑者の幼少期を振り返る。
 近所の住民によると、父は高橋容疑者がオウム真理教に入信したことを知って勘当し、晩年は「悔しくてたまらない」と嘆いていた。母も地下鉄サリン事件後、「息子が申し訳ないことをしてしまった」と話し、「克也は死んだの」と自分に言い聞かせていたという。
 実家から北に10分ほど歩くと、高橋容疑者が市内にあった高専を卒業後に就職した電機会社がある。周囲に田畑が広がっていたこの地域に約50年前、4階建てのビルを構えた地元では名の知れた企業だ。
 同社によると、高橋容疑者は79年4月に入社後、完成した電子機器を検査する品質管理課に配属され、同年11月からは別の会社に出向。出向中は、自宅近くのバス停から綱島駅や大船駅を経由して通勤した。高橋容疑者はこの周辺にも土地鑑があるのだろうか。
 バス停の近くに住む男性(73)は「高橋容疑者がひょっこり戻ってくるかもしれない。散歩の途中で、通りすがりの人の顔をのぞき込むのが癖になってしまった」と言った。
 ◆逃走生活 高橋容疑者は17年間の逃亡生活の大半を川崎市内で過ごした。都会の雑踏が長期間の潜伏を可能にしたのだろうか。
 高橋容疑者は数年前から同市川崎区の建設会社で、「櫻井信哉」の偽名で働き、昨年10月から社員寮に住み始めた。同社は片側3車線の幹線道路に面し、周囲には昼夜を問わず人や車が行き交う。近くで飲食店を営む女性は「大勢のお客さんが訪れるから、顔なんて覚えていられない」と話す。
 寮周辺には店が集まり、生活に必要なものは簡単にそろう。菊地直子容疑者(40)の逮捕を同僚から聞いたとされる今月4日、高橋容疑者は寮から逃走した。新聞を購入したコンビニ店、現金を引き出した信用金庫、大きなキャリーバッグを購入したスーパー……。逃走前に立ち寄った場所はいずれも寮から1キロ圏内にある。スーパーから寮まではタクシーでわずか5分、710円の初乗り料金で戻ることができた。同市内の男性タクシー運転手は、多い日には40人以上の客を乗せるといい、「客の顔はミラー越しにしか見ない。乗車区間が短いお客さんは特に記憶に残らない」と語った。(狩野洋平、山崎崇史)

| コメント (0) | トラックバック (0)

保釈金どうやって決まる?山口組で脚光(14日)

15億円という異例の高額となった指定暴力団山口組ナンバー2の弘道会会長、高山清司被告(64)の保釈保証金が注目されている。過去には保釈金が20億円にのぼった件もあり、山口組幹部をめぐっては10億円が翌日に納付されたことも。保釈金の額はどういった基準で決まり、どのように支払われるのか。
 起訴状によると、高山被告は2005~06年、淡海一家総長、高山義友希被告(55)=公判中=らと共謀し、土木建設業者から現金計4000万円を脅し取ったとされる。京都地裁が保釈を認めた12日、高山被告は15億円の保釈保証金を納め、保釈された。
 注目すべきは額の大きさだ。これまでの例として、ハンナン牛肉偽装事件浅田満被告(大阪高裁に審理差し戻し)の20億円。住宅金融専門会社(住専)をめぐる資産隠し事件で有罪が確定した末野謙一・元末野興産社長の15億円などがある。
 そもそも保釈金は刑事訴訟法93条2項にしたがって決められ、日大の板倉宏名誉教授(刑法)は、「額は被告本人の資力、社会に与える脅威を勘案して決められる。本人の資力は裁判所が調査する。納付は原則として現金だが、額が大きければ銀行振り込みということもありえる」と解説する。
関連記事

記事本文の続き 2004年、山口組トップの篠田建市(通称・司忍)6代目組長(銃刀法違反罪で服役、出所)が保釈されたときは10億円だった。この際は、大阪地裁が保釈決定した翌日、現金で納付された。
 大阪府警の捜査関係者は「傘下の組長らの口座から多額の現金が引き出され、短時間で10億円のカネがまとめられた」と振り返る。
 一般的な保釈金の“相場”について、ある法曹関係者は「交通事故関連や薬物犯罪は150万円前後。ただ、事故でもひき逃げや飲酒運転になると300万円以上になる」と語る。起訴内容が重大、被告の資産が大きいほど保釈金は巨額になるようだ。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

親子3人、スーパーで万引 宮城(14日)

宮城県警古川署と佐沼署は13日、同県大崎市内のスーパーで万引をしたとして、窃盗の疑いで仙台市泉区泉ケ丘、無職、祐川義司容疑者(48)と妻、真澄容疑者(26)、息子の無職、博樹容疑者(21)を逮捕した。
 逮捕容疑は、3月16日午後4時40分ごろから4時50分ごろにかけ、大崎市のスーパーでカミソリの替え刃や化粧品など25品、約4万7000円相当を盗んだ疑い。3人は容疑を否認しているという。
 古川署によると、店内の防犯カメラに3人が商品をかごに入れている姿などが写っていた。祐川容疑者らは子供を1人連れていた。子供は3人の逮捕後、児童相談所が保護した。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120613/crm12061323090033-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

【中国書記官スパイ疑惑】「諜報機関」所属の元大使館員も関与か(14日)

機密の流出先となった「農林水産物等中国輸出促進協議会」には、李春光・元1等書記官のほかに、中国国家安全部に所属する元大使館員の男(67)も働きかけを行っていたことが13日、公安関係者への取材で分かった。公安当局は国家安全部を「諜報機関」と位置づけている。
 この男も農林水産省幹部らに接触するなどしており、公安当局は、李元書記官と協力して、事業に中国国有企業を関与させ、日本の資金を中国側に誘導する対日工作を展開していた可能性が高いとみている。
 公安当局によると、男は、昭和58年、在日中国大使館の1等書記官として来日。平成2年まで教育問題などを扱う「教育処」などに所属していた経歴がある。
 その後も日中間を頻繁に行き来しており、最近は中国系や親中団体の役員を名乗るなどしていた。公安関係者によると、肩書を変えながら、何度も来日して、政財界やマスコミに接触し、中国側に有利な行動に誘導する手法は中国の対日工作の典型という。
 関係者によると、男は、以前から日本の国会議員や事務所関係者とも人脈を築いており、22年ごろ、筒井信隆元農水副大臣の周辺関係者に李元書記官とともに接触。対中輸出促進事業について関与するようになった。日本の農林水産物を中国で展示・販売する際に、展示館運営などに中国の国有企業を関与させるスキームづくりなどを働きかけていたという。
 同年7月ごろには、事業に関する勉強会に出席。23年1月に、国有企業幹部が来日した際には、当時の鹿野道彦農水相らとの会談にも同席していた。
 公安当局によれば、事業の運営主体として設立された「農林水産物等中国輸出促進協議会」の代表理事で、元国会議員秘書の田中公男氏にも頻繁に接触。その一方で、周囲には「自分は国家安全部に逮捕されたことがある」などと語っており、諜報機関とは無関係であることを強調していたとみられる。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120614/crm12061401130000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月13日 | トップページ | 2012年6月15日 »