« 2012年6月6日 | トップページ | 2012年6月8日 »

2012年6月7日

2012年6月 7日 (木)

高橋克容疑者の捜索強化後、川崎の8署長ら飲酒(7日)

オウム真理教による地下鉄サリン事件で、警察庁が特別手配中の高橋克也容疑者(54)の捜索を強化するよう全国の警察本部に指示した6日、高橋容疑者が潜伏していた川崎市内の署長が、意見交換会と称して飲酒していたことが7日、出席者などへの取材でわかった。神奈川県警によると、6日午後2時半から、川崎市内の全8署の署長と、8署の人事や企画の調整にあたる川崎市警察部の部長ら計17人が県警中原署(川崎市中原区)で署長会議を開催。午後5時20分に会議が終了した後、署長8人を含む13人で近くのホテルの宴会場に移動し、ビールの中瓶約20本や焼酎約1リットルなどを飲んだという。懇親会は1時間以上続いた。

 出席者の1人は「懇親会後に署に戻って捜査を指揮したが、飲酒したのは事実で、批判されても仕方ない」と話している。神奈川県警の

名和

(

振平

警務部長は「当時の状況を考慮すると不適切だった。緊張感を持って職務に取り組むよう指導したい」とコメントした。(2012年6月7日18時14分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

「金は暴力団関係者に」 JR西元駅員再逮捕 架空定期を換金、横領疑い(7日)

JR西日本の元明石駅員らによる定期券不正換金事件で、架空名義で発行した定期券を払い戻して現金数十万円を着服したとして、兵庫県警は7日、業務上横領などの疑いで元駅員2人を再逮捕し、新たに別の元駅員も逮捕した。
 元駅員2人は、いずれも兵庫県の無職、宇留島剛容疑者(50)=詐欺罪などで起訴=と東郷護靖容疑者(25)=同。県警は3人が機械を操作して換金していたため、だました相手がいないなどとして詐欺容疑ではなく、業務上横領容疑の適用を決めた。
 県警によると、宇留島容疑者は「金は暴力団関係者に渡した」と供述しており、知人の指定暴力団山口組系組員に渡ったとみて詳しく調べる JR西の調査では、宇留島容疑者は別の7人とともに2006年6月~12年2月、定期券を不正に払い戻して約8600万円を着服したとされる。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120607/crm12060714270019-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童虐待 背景に経済苦 道立児相調査 早期発見は進む 06~10年度(7日)

 道は6日、札幌市立を除く道内8カ所の道立児童相談所(児相)が2006~10年度に扱った児童虐待計4776件についての調査結果をまとめた。虐待の早期発見が進んだと分析する一方、虐待をした保護者の多くが経済苦や不安定な雇用環境に悩んでいることも分かった。
 調査結果によると、児童虐待の総数は、06年度644件、07年度939件、08年度1023件、09年度1055件、10年度1115件と年々増加。ただ、生命に危険が及ぶ恐れがあるなど深刻な事例の割合は06年度の13%から、10年度は5%へと減っている。 道は「早期発見が進んだ結果、軽度の虐待の割合が増えた」としている。
 種別ごとに見ると「心理的虐待」(言葉の暴力や拒否・無視など)が06年度の12%から10年度は36%に増えているのが目立つ。
 また、虐待した保護者に家庭内の悩みを尋ねたところ、回答計4265件(複数回答)のうち「経済的困難・不安定雇用等」が1394件と最多で、「対人問題」1021件、「育児疲れ」626件などと続いた。道は虐待の背景について「経済的問題の関与は大きい」とみている。<北海道新聞6月7日朝刊掲載>http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/378335.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

オウム・高橋克也容疑者 警視庁に41件の情報提供(7日)

地下鉄サリン事件で特別手配中のオウム真理教・高橋克也容疑者(54)について、警視庁は7日、新たに画像を公開した。
1枚目は、菊地直子容疑者(40)が逮捕された翌日の4日午前10時ごろに、勤務先の近くにあるコンビニエンスストアで撮られた画像。
ここで、高橋容疑者は新聞を買ったという。
この直前、夜勤を終えたあと、会社の同僚から「菊地容疑者が逮捕された」と聞かされていたという。
もう1枚は、4日午後2時半ごろ、勤務先の事務所で撮られたもの。
眼鏡をかけて、グレーっぽい半袖のシャツ、そして濃い色のズボンをはいて、左手には時計を着用している。
高橋容疑者は、この服装で逃走したとみられている。
そして、高橋容疑者は、事務所に行く前に、信用金庫から現金を下ろしている。
この時に背負っていた赤いリュックサックは、潜伏先に残されているが、コンビニで持っていた黒いバッグについては見つかっていないということで、逃走時に所持している疑いが強いという。
7日に公開された画像と、6日に公開された金融機関での映像と見比べると、わずか1時間半の時間差なのに、防犯カメラを意識してか、わざわざ衣服とバッグを替えて逃走していたことがわかり、高橋容疑者の用心深さがうかがえる。
警視庁は、迅速に多くの画像を公開することで、広く情報提供を呼びかけたいとしている。
また、警視庁の捜査は、現在、およそ170人という態勢で進められている
特に、防犯カメラ映像の解析に力点が置かれている。
しかし、高橋容疑者が逃走を図ってからすでに4日たつが、防犯カメラの映像というのは1週間程度しか保存されていないものも多いため、警視庁は捜査員の数を増やして、駅などの防犯カメラを、さらに広範囲に回収することにしている。
また、情報提供は6日夜の時点で、警視庁には、41件の情報が来ていたという。
写真を公開する前は、4件しか情報がなかったという。
7日も、新しい画像を公開しているので、さらに増えているものと予想される。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00224936.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(7,8日単位・レベル)
中核派の動きが心配だ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120523144032

 警視庁は7日、東京・江戸川区の中核派の拠点「前進社」など6カ所を捜索するとともに活動家の女性2人を逮捕した。
 容疑は63歳の活動家の男が1昨年、東京・立川市に非公然アジトをつくるため京都市内に住む男が使うように装って銀行口座を開設。預金通帳1通を騙し取った疑い。逮捕された女性は協力者。63歳の男の逮捕状をとっている。
 立川市の非公然アジトは平成12年の運輸省幹部宅の爆破事件の関係先として今年3月に捜索を受けている。

独特の文字で書かれた「中核」の白ヘルをみると我が青春時代を思い出す。デモの最終地点で起きる投石、そして機動隊の放水、火炎瓶、機動隊のガス銃…デモ隊側に付いたり、機動隊側に付いたり場所を間違えると命にかかわった。ガス銃が出ると「絶対に目をこするなよ」と顔見知りの機動隊員にアドバイスを受け、日比谷ではホテルのトイレに駆け込み顔を洗ったものだった。
 その中核がまだ活動を続けていた。さぞかし高齢化しているだろうと思いきや逮捕状をとった男は63歳といい、協力者の女性2人のなかに50代がひとりおり想像以上に若いようだ。アメーバーのように組織が維持されているんだと思うと日本の治安を憂う。
 ひさしぶりに警察庁の情報に接すると中核派は福島の原発事故以来、「反原発」のデモや集会を実行しているという。「国鉄闘争全国運動」も活発なようだ。
 問題は平成22年11月に、東京都内で開催した「全国労働者総決起集会」には全国の活動家や同調者ばかりでなく米国・韓国の労働団体代表者等も参加しているという。セクト以外の集会やデモ、そしてグローバル化…インターネットは国境を越え、連携がとれることから今後の動向に警戒が必要のようだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
地下鉄サリン事件で特別手配中のオウム真理教・高橋克也容疑者(54)について、警視庁は7日、新たに画像を公開した。

Sn2012060705_531

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

東電女性社員殺害:1審と2審で逆の判断(7日)

東京電力女性社員殺害事件でマイナリ元被告は捜査・公判で一貫して事件への関与を否認。犯行に直接結びつく証拠はなく、検察側は▽現場のアパート空き室のトイレに元被告の精液が残った避妊具が捨てられていた▽元被告が事件当時、空き室の鍵を保管していた−−などの状況証拠を積み重ねて立証を図った。これに対し1審と2審は全く逆の結論を導いた。
 00年4月の東京地裁判決はこうした状況証拠を「一見すると元被告を有罪とする方向に働くが、いずれも反対解釈の余地があり有罪性を認定するには不十分」と評価。さらに▽避妊具が犯行時に使用されたかは疑問が残る▽現場から元被告以外の体毛も見つかっている▽被害女性の定期券入れが元被告や被害女性に土地勘のない東京・巣鴨で見つかった−−などと指摘し、無罪を言い渡した。
 しかし、東京高裁は同年12月、1審判決を「証拠の評価を誤っている」として破棄し、無期懲役を選択した。判断の分かれ目となったのは▽多数の男性との性的関係を記した被害女性の手帳▽部屋の鍵の保管状況を巡る管理者らの証言−−の信用性評価だった。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20120607k0000e040217000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

再審開始のマイナリ元被告、釈放へ…東京高検(7日)

東京電力女性社員殺害事件で、再審開始と刑の執行停止が認められたネパール国籍のゴビンダ・プラサド・マイナリ元被告(45)について、東京高検は7日、釈放することを決めた。マイナリ元被告は無期懲役刑が確定し、横浜刑務所に服役していたが、不法残留であるため、今後、東京入国管理局の施設に移送され、強制退去の手続きに入るとみられる。(

2012年6月7日16時01分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁長官「教訓あれば生かしたい」 菊地容疑者逮捕(7日)

 オウム真理教元幹部の菊地直子容疑者(40)が国民からの情報提供で逮捕されたことに絡み、警察庁の片桐裕長官は7日の記者会見で、「手配から(逮捕まで)17年間の期間を要した。今後、逃走実態について解明を進めていく中で教訓とすべきものがあれば生かしてきたい」と語った。
 また、特別手配容疑者で唯一逃亡している教団元信者の高橋克也容疑者(54)について「早期発見、逮捕に向けて全国警察を挙げて努力していきたい。引き続き国民の皆様にも情報提供のご協力をお願いしたい」と求めた。
 一方、東京電力の女性殺害事件で、無期懲役が確定したネパール人受刑者の再審開始を東京高裁が決定したことについては、「個別事件についての裁判所の判断であり、私の方からコメントは差し控えたい」と述べるにとどまった。

Head_logo1

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺容疑で中核派の活動家2人逮捕(7日)

東京・立川市に非公然アジトをつくるため銀行口座を不正に開設させたとして、警視庁公安部は中核派の活動家の女2人を逮捕しました。
 詐欺の疑いで逮捕されたのは、中核派の活動家、多賀一実容疑者(56)ら2人で、警視庁公安部は、中核派の拠点「前進社」など5か所を家宅捜索し、パソコンなど70点を押収しました。
多賀容疑者らはおととし9月、東京・立川市に非公然のアジトを作るため、京都府に住む男に不正に銀行口座を開設させた疑いがもたれています。警視庁は、多賀容疑者らに指示をしていた活動家の男(63)の逮捕状を取って、行方を追っています。(07日15:20)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5048976.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

小中学生84人居所不明…DV逃れ?母国へ?(7日)

横浜市内に住民登録されているのに1年以上も居場所を確認できない小中学生が84人に上っている問題を受け、同市の林文子市長は6日の記者会見で「大変な問題だ。状況把握が難しいという報告も受けているが、関係機関で対策を講じる」と述べ、月内に問題の抜本的な解決に向けたプロジェクトチームを設置する方針を明らかにした。


 84人は住民票が横浜市内に登録されているにもかかわらず、理由が不明のまま1年以上も通学せず、所在不明となっている子どもたちで、「居所不明児童・生徒」と呼ばれる。横浜市教育委員会が文部科学省へ報告する学校基本調査のデータとして5月1日現在の人数をまとめた。全国では昨年度、計1191人に上る。
 市のプロジェクトチームは、市教委、児童相談所を取りまとめるこども青少年局、生活保護業務を担う区役所の担当者で構成する。
 チームでは、居所不明の児童生徒の家庭にはドメスティック・バイオレンス(DV)や多重債務など「支援を要する課題が多い」(市教委)ため、家庭内で居所不明となる要因を分析する。その上で「保護者が担任教師の家庭訪問を拒んだ」「保護者が会社からリストラされた」といった要因ごとに行政機関が連携して取ることのできる予防的な対策を整理する。対策は、年度内に取りまとめる。
 居所不明になっている84人について、市教委は「外国人が転出の手続きを取らずに子どもを連れて母国へ帰国した」「DVから逃れるため、市外へ転出した」とのケースが多いと分析。他の自治体の児童相談所と連携している市内の児童相談所から情報提供を受けるなどして、児童生徒の安否確認を急ぐとしている。(板垣茂良)

| コメント (0) | トラックバック (0)

バイクが検問の警察官をひき逃げ、1人重傷 さいたま(7日)

7日午前1時35分ごろ、さいたま市岩槻区東岩槻1丁目の市道で、検問中の岩槻署の男性巡査(37)がバイクにはねられ、肝臓損傷と右脚骨折の重傷を負った。バイクはそのまま逃走、岩槻署はひき逃げ事件として捜査している。
 同署によると、付近でバイク2台が騒音を出しながら走っていたため、巡査を含む署員4人が現場で検問していた。このうちの1台が巡査をはねたとみられ、もう1台は検問の直前でUターンして逃げた。
 バイクには男とみられる1人が乗車していた。市道は片側1車線の直線で幅約8メートル。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120607/crm12060711550011-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

「女性を妊娠させた」 詐欺容疑で高校生ら逮捕 出し子、8千万引き出しか(7日)

警視庁少年事件課は7日までに、詐欺容疑で東京都八王子市の高校1年の少年(16)ら3人を逮捕した。逮捕容疑は1月下旬~2月上旬にかけ、70代の女性3人に息子を装って電話をかけ「女性を妊娠させた。慰謝料が必要だ」などとうそを言い、計950万円を振り込ませた疑い。
 少年事件課によると、少年らは振り込め詐欺グループの「出し子」で、幹部から渡されたキャッシュカードを使い、昨年10月からことし2月にかけて約8千万円を引き出し、約500万円の報酬を受け取っていた疑いがあるという。同課は詐欺役の特定を進めている。
 2月、都内で車に乗っていた少年らを職務質問し、車内から大量のキャッシュカードが見つかった。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120607/crm12060712070012-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

「免許を取る金なかった」と27年、事故で発覚(7日)

無免許運転で車を衝突させて逃げたとして、京都府警伏見署は6日、宇治市木幡南端、左官業・中村

誠秀

(

まさひで

)

容疑者(63)を自動車運転過失傷害と道交法違反(無免許など)容疑などで逮捕した。被害に遭った宇治市内の団体職員の男性(36)がナンバーや車の特徴を覚えており、被害から約1か月半後、路上で偶然見かけて追跡し、110番した。中村容疑者は27年間、無免許運転を繰り返していたとみられる。

 発表では、中村容疑者は4月23日午後0時半頃、伏見区のホームセンター駐車場で、無車検・無保険のトラックを無免許で運転し、駐車しようとしていた男性の乗用車に追突。男性の首に軽傷を負わせたのに救護措置を取らずに逃げた疑い。
 男性は事故当時、携帯電話のカメラで逃げるトラックを撮影。6月5日午後、宇治市内でよく似たトラックを見かけ、数十メートル追跡して近づいたところ、ナンバーが記録していたものと同じだったため、110番した。
 中村容疑者は1985年11月に免許を取り消されて以来、無免許だった。調べに「免許を取る金が無かった」と無免許は認めたが、事故については「相手がぶつかってきた」と否認しているという。(2012年6月7日07時53分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

「息子が薬物に手を…」 逮捕の酒井法子さん元夫の父親が警察に通報(7日)

麻薬成分を含む液体を所持したとして、麻薬取締法違反の疑いで元女優、酒井法子さん(41)の元夫で無職、高相祐一容疑者(44)が逮捕された事件で、警察に通報したのは高相容疑者の父親であることが7日、分かった。
 警視庁組織犯罪対策5課によると、高相容疑者の自宅に4月9日、偽名とみられる宛名で宅配便が届き、受け取った父親が「変な荷物が届いた。息子が薬物に手を出したのかもしれない」と警視庁渋谷署に相談。鑑定の結果、麻薬成分が検出され、6月4日に千葉県内の知人宅にいるところを逮捕した。
 逮捕容疑は4月9日午後7時ごろ、自宅で「AMT」と呼ばれる麻薬を含む液体約11・7ミリリットルを所持した疑い。高相容疑者は「荷物を依頼したのは間違いないが、規制薬物と分かったのでキャンセルした」などと容疑を一部否認している。同課は購入先や使用について調べている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120607/crm12060707370002-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

【高橋克也容疑者逃走】携帯の電波途絶える 居場所特定恐れ破棄か(7日)

地下鉄サリン事件の殺人容疑などで特別手配され、唯一逃亡を続けているオウム真理教元信者、高橋克也容疑者(54)の所持していた携帯電話の微弱電波が、勤務先から姿を消した4日以降に途絶えていたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁築地署捜査本部は、微弱電波によって確認できる位置情報で居場所を特定されるのを恐れ、携帯電話の電源を切ったか、廃棄したとみている。
 捜査本部によると、高橋容疑者は4日午後、川崎市内の信用金庫の窓口で預金を引き出し、同市川崎区にある建設会社の社員寮に戻ってから逃走した。直前に携帯電話で上司に「身内が危篤になり、1週間くらい休む」と連絡し、その後も携帯電話を使用した形跡があるという。犯罪捜査で警察が容疑者の居場所を割り出す場合、携帯電話が発する微弱電波で基地局からの距離を測定する方法で、数百メートルの範囲で調べることができるとされる。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120607/crm12060708100004-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

高橋容疑者、複数口座に1千万超 警察到着直前に逃亡(7日)

地下鉄サリン事件の殺人容疑などで特別手配され、唯一逃亡を続けているオウム真理教元信者高橋克也容疑者(54)が偽名の「櫻井信哉」名義で開いた複数の口座に一時、総額1千万円超の預金があったことが6日、捜査関係者への取材で分かった。
 高橋容疑者は菊地直子容疑者(40)が逮捕された翌日の4日、うち1口座から約238万円を川崎市内の信用金庫の窓口で引き出した後に姿を消しており、警視庁築地署捜査本部は複数の口座に分けて逃亡資金を準備していたとみている。
 また、高橋容疑者は4日午後、社員寮から姿を消し、捜査員はその約4時間後に踏み込んでいたことも判明。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201206/CN2012060601001814.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

違法薬物を含むハーブを提供で男逮捕 立川市(7日)

違法な成分を含むハーブを飲食店で提供していたとして、東京・立川市の経営者の男が逮捕されました。
 伊藤正義容疑者(30)は、立川市にある自分が経営する飲食店で、違法薬物を含んだハーブを販売目的で保管していた疑いが持たれています。警視庁が店にあったハーブ11点を鑑定したところ、3点に違法な成分が含まれていて、残りの8点も脱法ハーブでした。伊藤容疑者は、店で自ら調合したハーブにドリンクをつけたものを5000円で客に提供していたということです。取り調べに対し、「違法だった認識はあった」と容疑を認めています。伊藤容疑者は4月に、店のアルバイト従業員を殴るなどしたとして逮捕・起訴されていました。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220606060.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

男性変死:大阪府高石市の緑地で 自殺と事件の両面で捜査(7日)

6日午後1時半ごろ、大阪府高石市高砂1の泉北臨海緑地で、「年配の男性が倒れている」と巡回中の公園職員から119番通報があった。府警高石署によると、男性の鼻と口にラップが巻かれ、既に死亡していた。目立った外傷や争った跡もなく、自殺と事件の両面で調べている。
 同署によると、男性は、持っていた診察券から堺市西区の男性(45)とみられる。ニット帽を深くかぶり、黒いTシャツに灰色パーカ姿であおむけに倒れていた。財布には現金が入ったままで、死後数日たっているという。【向畑泰司、武内彩】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20120607k0000m040093000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヒバリ密猟・飼育の疑い 愛好者3人逮捕(7日)

 違法にヒバリを捕獲し飼っていたとして、警視庁は6日、千葉県市原市島野、無職小出政行容疑者(69)ら3人を鳥獣保護法違反(捕獲、飼養、使用禁止猟具の規制)の疑いで逮捕し、ほかに東京や神奈川などの7人を同法違反容疑で書類送検したと発表した。
 生活環境課と大井署などによると、小出容疑者ら3人は4月25日ごろ、千葉県市原市十五沢の市道で、ヒバリ1羽を密猟し、ヒバリ27羽を含む野鳥39羽を違法に飼育した疑いがある。
 同課によると、小出容疑者らは野生のヒバリの幼鳥を巣ごと持ち出し、飼いならしていたという。3人はヒバリを飛ばして帰ってくるまでの滞空時間を競う「揚げヒバリ会」の愛好者。小出容疑者は「揚げヒバリの優雅な姿に魅せられ40年やっている」と容疑を認めているという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

薬の販売資格試験で不正 実務経験を偽装、受験無効(7日)

埼玉県は6日、風邪薬や胃腸薬などの一般用医薬品を販売するための資格試験で、埼玉県や東京都にディスカウントストア11店舗を展開する「ロヂャース」(東京都武蔵野市)と関連会社が虚偽の実務経験証明書を提出していたと発表した。
 県によると、資格取得には一定時間以上の販売経験が必要だが、両社は従業員ら29人に経験が足りなかったのに、あるように装った証明書を作成して受験させていた。県は全員の受験を無効にし、14人の合格を取り消すなどした。
 1月に不正を指摘する匿名の連絡があり、県が調べていた。両社は県の聞き取りに「認識不足だった」と話した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120606/crm12060623060033-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月6日 | トップページ | 2012年6月8日 »