« 2012年6月4日 | トップページ | 2012年6月6日 »

2012年6月5日

2012年6月 5日 (火)

高橋克也容疑者、菊地容疑者の逮捕直後に多額の現金引き出す(5日)

特別手配中のオウム真理教の高橋克也容疑者(54)が、菊地直子容疑者(40)が逮捕された直後に、銀行口座から多額の現金を引き出していたことがわかった。
高橋容疑者が、神奈川・川崎市内の勤務先にも、ここ数日間、現れていないこともわかり、警視庁は、高橋容疑者が、多額の現金を持って、現在、逃走を図っている疑いが強いとみて、高橋容疑者の行方を追っている。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00224804.htmlLogo4_4

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅ローン3千万円詐取容疑の元社員ら逮捕(5日)

住宅ローンの申し込み内容が虚偽と知りながら審査を通し、三井住友銀行から融資金3150万円を詐取したとして、大阪府警捜査2課は5日、審査などを代行する同行の完全子会社元社員・大西勉容疑者(42)(解雇)ら3人を詐欺容疑で逮捕した。
 大西容疑者が関与した融資には、ホームレス名義など返済の見込みがないとみられる申請が複数あるといい、府警は、大西容疑者が、融資金の一部を購入者から受け取っていたとみて調べる。
 捜査関係者によると、大西容疑者は、堺市内の不動産会社役員・酒元喜光容疑者(34)らと共謀。子会社に勤務していた2008年8月、大阪市住之江区の一戸建て住宅の購入者のローンの申込書類に虚偽の記載があるにもかかわらず、審査を通し、融資金をだまし取ったとされる。(

2012年6月5日20時36分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

鍵紛失、住居侵入で相談 遺体で発見の工藤さんが22年に道警に(5日)

北海道滝上町の図書館臨時職員、工藤陽子さん=当時(36)=とみられる遺体が見つかった事件で、工藤さんが行方不明になる約10カ月前の平成22年10月から「自宅の鍵がなくなった」「誰かに家に入られたようだ」と相次いで道警に相談していたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。
 こうした不審な出来事から、工藤さんは「身の危険を感じている」などと周囲に漏らしており、道警は、死体遺棄容疑で逮捕した同僚の同町臨時職員小谷昌宏容疑者(41)が関与した可能性もあるとみて調べている。
 道警などによると、工藤さんは22年10月ごろ、自宅近くの駐在所に鍵がなくなったと相談し、遺失届を出した。同年末には誰かに自宅に入られたと、道警や町に相談。道警が住居侵入容疑で捜査したが、被害を特定できなかった。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120605/crm12060519230036-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

「櫻井信哉」名乗る男、川崎に勤務か (5日)

オウムの特別手配犯、高橋克也容疑者は、偽名の「櫻井信哉」を名乗って現在も逃亡を続けています。この「櫻井信哉」を名乗る男が、川崎市内の建設会社に勤務していることが関係者への取材でわかりました。
 特別手配されているオウム真理教の高橋克也容疑者は、偽名の「櫻井信哉」を名乗って川崎市内のマンションを契約し、住んでいたことがわかっています。この「櫻井信哉」を名乗る男が、川崎市内の建設会社に勤務していることが関係者への取材でわかりました。
「(櫻井信哉は)2、3日前からいないと聞いている」(会社関係者)
 会社の関係者によりますと、男はこの2~3日、出社していないということで、菊地容疑者の逮捕後に行方をくらました可能性もあります。
 高橋容疑者は現在も川崎市の周辺に潜伏しているとみられていて、警視庁は大量の捜査員を動員し行方を追っています。(05日18:42)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5047461.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(5、6日単位・レベル)
おい、高橋!出頭せよ!
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

Takahashi_011

Crm12060613200018s21_2

オウム信者の警察庁特別手配で残るは高橋克也容疑者ひとりとなった。手配されてからの足取りが半年前まで明らかになり、使っていた偽名も公開され今後は2度と使えない。
 今回、警視庁に逮捕された菊地直子

Crm12060613200018n11

容疑者は「6年前まで川崎市幸区のアパートの1階の部屋で高橋容疑者と一緒に住んでいた」と供述。その時に名乗っていたのは菊地容疑者は櫻井千鶴子。高橋容疑者は櫻井信哉。国勢調査では調査員も確認している。
 アパート関係者によると櫻井信哉は昨年12月に部屋を退去したという。今回、公表されたことで同じ偽名を使っていれば通報される。これから逃走するための再就職にはさらなる偽名が必要だ。
 警察は数日前まで川崎市にいたという情報を持っており、防犯カメラで追跡している。あきらめなさい。
 「高橋よ!君は追いつめられている。自首しなさい。国民の目はそうあまくはないぞ」
 写真は産経新聞電子版
 それにしても、菊地容疑者は携帯を7台も持っていたというが、携帯の身元確認はそんな「ザル」なのか?健康保険証も含め企業は偽名でも採用するほど盲目なのか。
 この問題も「プライバシー」がネックになっているとすれば、これでは法治国家とはいえないし治安の維持が困難だ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽名のヘルパー資格、取得記録なし 菊地容疑者逮捕(5日)

相模原市に潜伏していた元オウム真理教信者の菊地直子容疑者がヘルパー2級の資格を偽名で取得していたことを受け、神奈川県は5日までに、県指定の事業者が届け出た資格取得者名簿に菊地容疑者が使っていた「櫻井千鶴子」の記録がなかったことを確認した。

 県によると、資格者の養成講習などは県指定の事業者が実施する。しかし通信教育の場合、講習を行った会社所在地の都道府県に報告されている可能性があるという。ヘルパー2級は講習や実習など計130時間を受けることで取得可能。修了証には氏名と生年月日が記載されるが、本人確認は必要なく、県は「偽名を見破ることは難しい」としている。
 菊地容疑者が働いていた訪問介護会社の関係者によると、菊地容疑者は2010年8月から偽名で勤務、今年1月にヘルパー2級の資格を取得していた。関連記事

| コメント (0) | トラックバック (0)

区役所職員になりすまし、「医療費還付」と現金詐取 元組員逮捕(5日)

区役所の職員になりすまし、「医療費を還付する」とうそをつくなどして、女性から現金およそ28万円をだまし取った疑いで、元暴力団組員が逮捕された。
電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕されたのは、元暴力団組員・杉山重生容疑者(42)。
杉山容疑者は2012年3月、品川区の職員になりすまして、女性宅に電話をかけ、「医療費の払い戻しがある」などとうそをついて、女性をATM(現金自動預払機)まで誘導すると、「機械のエラーが出た」と言って、電話で操作を指示し、現金およそ28万円を振り込ませた疑いが持たれている。警視庁は、杉山容疑者におよそ10件の余罪があるとみて調べている。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00224773.htmlLogo4_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

滝法相:強制起訴見直し 検討を示唆(5日)

滝実法相は5日の閣議後会見で、制度開始から3年経過した「強制起訴」について「司法制度改革の一環としてスタートした制度なので見直しを検討する必要はある」と述べた。
 検察審査会が「起訴すべきだ」と2度議決すれば強制的に起訴される制度について滝法相は「(導入時に)具体的な議論が欠けていたきらいはある」と指摘。「小沢(一郎民主党元代表の)事件があるから(見直しか)と国民の誤解を招く恐れもある」と慎重姿勢を示しつつ「裁判員制度も3年後の見直しがある。(強制起訴制度見直しは)義務ではないが、そういう中で議論していく話だ」と語った。【伊藤一郎】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20120605k0000e040178000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官が不審車両に発砲 1人死亡(5日)

大阪・淀川区で職務質問を振り切った不審な車が警察官に向かって走ってきたため警察官がけん銃を発砲し、運転席の男が死亡しました。
警察は死亡した男は暴力団員とみて確認を急ぐとともに詳しい状況を調べています。

5日午前3時前、大阪・淀川区新高のファミリーレストランの駐車場で不審な車を発見した淀川警察署の警察官が職務質問しようとしたところ、車が駐車場のフェンスを突き破って逃走しました。
警察によりますと、車はおよそ15キロにわたって逃走したあと、停止を命じた警察官に向かって走ってきたため、26歳の巡査部長が停止させようとけん銃を車のタイヤに向けて2発、さらに運転席の男に向けて3発発射しました。
警察は運転席と助手席の男2人を殺人未遂などの疑いでその場で逮捕しましたが、運転席の男はけん銃の弾が上半身に当たっていて病院に運ばれましたが死亡しました。
警察官が発砲した現場は阪急電鉄の十三駅から東へ400メートルほどの住宅街で、警察は、死亡した男は47歳の暴力団員とみて確認を急ぐとともに、助手席の男から事情を聴いて詳しい状況を調べています。
調べに対し男は「自分は横に座っていただけだ」と容疑を否認しているということです。
淀川警察署の廣瀬敬治郎副署長は「詳細は調査中だが、現時点では適正なけん銃の使用だと考えている」というコメントを出しました。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120605/t10015609101000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

オウム・菊地容疑者逮捕 高橋克也容疑者の足取りも明らかに(5日)

オウム真理教の菊地直子容疑者(40)の17年におよぶ潜伏生活の実態が明らかになるにつれて、途絶えていた高橋克也容疑者(54)の足取りも明らかになりつつある。
菊地容疑者と高橋克也容疑者は、1996年11月、埼玉・所沢市の潜伏先から逃走したあと、神奈川県に向かったことが明らかになっている。
新横浜や川崎のホテルを転々としたあと、川崎・京急大師線沿いのアパートに住み始めた。
そして、2000年ごろ、克也容疑者が川崎駅近くのアパートに転居すると、菊地容疑者も同じアパートに移った。
その後、菊地容疑者は、横浜市内の職場で知り合った高橋寛人容疑者(41)と、2006年に東京・町田市のアパートで同居を始める。
そして、2010年には、寛人容疑者との生活の場を神奈川・相模原市の住宅に移す。
この年、寛人容疑者は、川崎駅近くのアパートを訪れて、克也容疑者と会っていた。
注目は、克也容疑者が2011年末まで、この川崎駅近くのアパートに住んでいたという事実。
12月にアパートを引き払ったということだが、狭いエリアで、2人の特別手配犯が逃亡生活を送っていたことになる。
2人は、「桜井」という偽名を名乗っていたことが明らかになっていて、警視庁は、菊地容疑者の逮捕直前の写真を公開するなどして、情報の提供を求めている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00224763.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【菊地容疑者逮捕】キャッシュカードや中古の携帯7台所持(5日)

携帯電話7台と、菊地直子容疑者が偽名で使っていた「櫻井千鶴子」の名刺、同名義のキャッシュカード…。高橋寛人容疑者宅にあった押収物は潜伏生活でどのような役割を果たしたのか。
 携帯電話は、いずれもICカードを抜いた中古品。捜査関係者は「素直に第三者と連絡を取るために持っていたと考えていい」と話しているが、なぜ7台も所有していたのか、名義は誰なのかという謎が残る。
 菊地容疑者は福祉施設の仕事中に「櫻井」の名刺を配っており、菊地容疑者とは気付かれないと判断していた様子がうかがえる。
 一方、菊地容疑者が勤務していた福祉施設によると、勤務を始めたときには偽名のキャッシュカードを所持しており、その銀行口座に給料を振り込んでいたという。警視庁は、何らかの違法な手段でカードを入手したとみて調べる。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120605/crm12060508100003-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

「金返せ」「一緒の写真公表する」 間寛平さん脅した元組員逮捕(5日)

タレントの間寛平さん(62)に「一緒に撮影した写真を公開する」などといい、交遊の口止め料として金を脅し取ろうとしたとして、大阪府警捜査4課などは5日、恐喝未遂の疑いで、指定暴力団山口組系の元組幹部で自称タクシー運転手、服部幸三容疑者(61)=滋賀県東近江市=を逮捕したと発表した。
 府警によると、間さんは昭和55~63年、仕事を通じて服部容疑者と付き合いがあった。その後、付き合いはなくなったが平成18年に服部容疑者から連絡があり、一緒に食事をしたという。服部容疑者は「手紙を送ったりしたが、貸している金の返済のためにやった。脅しているつもりはない」と容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は23年1月~24年3月、間さんの自宅や吉本興業などに手紙や電話で、「貸した金を返せ。返さなければ一緒に撮影した写真を公表する」などと脅して金をだまし取ろうとしたとしている。府警によると、金の貸し借りはなかったという。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120605/crm12060511190008-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

JR駅女子トイレで女性の首絞める ニット帽の男、10万円奪い逃走(5日)

5日午前4時50分ごろ、佐賀県唐津市のJR唐津駅構内の女子トイレに男が侵入、飲食店経営の女性(39)の首を絞め、ポシェット内の財布から現金約10万円を奪って逃げた。女性にけがはなかった。唐津署は強盗事件として捜査している。
 同署によると、男は黒っぽい上着に、グレーのニット帽姿。女性が自分で110番した。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120605/crm12060511560011-n1.htmMsn_s1_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

北海道・滝上町女性不明事件 逮捕の同僚、首を絞め殺したと供述(5日)

北海道北東部の滝上町で、図書館職員の女性が行方不明となっていた事件で、同僚の41歳の男が死体遺棄の疑いで逮捕された。
女性の失踪後、男は「早く帰ってきてほしい」と、カメラに訴えていた。
4日午後8時ごろ、死亡が確認された工藤陽子さん(37)の父・工藤真作さんは「これからは声も聞けない、姿も見れないということになったわけですから、非常に残念でならないですね」と話した。
4日夜、娘の死亡が確認され、無念の思いを語る父。
2011年8月、北海道・滝上町の図書館職員として、勤務中に行方不明となった工藤陽子さんが、白骨化した姿で見つかったのは、勤務先から20km離れた山中だった。
2011年9月、小谷昌宏容疑者(41)は「僕のほうからは、一応、工藤さんとはね、同僚になっていますので、ただね、早く帰ってきてほしいっていうことだけなんで」と話していた。
行方不明から1カ月後、2011年9月の映像で、集まった報道陣に対しても、動揺を見せることもなく、時にはカメラ目線で話していた。
小谷容疑者は「(工藤さんの様子で変わったところは?)そういうことも全て一応、警察の方にはお話ししていますし、警察が捜査しているのでね。僕は協力者という形なので、何もちょっとお話しすることができませんので」と話していた。
警察へ協力しているとした小谷昌宏容疑者を、警察は4日、死体遺棄の容疑で逮捕した。
小谷容疑者は、捜査員に対し「工藤さんと仕事場で口論になり、カッとなって首を絞めて殺し、山に捨てた」と供述している。
しかし、当時1人暮らしをしていた工藤さんの周囲からは「(陽子さんが)家の鍵がなくなったって言って、やっぱり気持ち悪いから、鍵自体も変えた(と言っていた)」などという話も聞かれた。
4日午後8時ごろ、死亡が確認された工藤陽子さんの父・工藤真作さんは「あだ討ちがあるんだったら、本当にあだ討ちしたいです」と話した。
警察は、殺人容疑でも捜査する方針で、工藤さん殺害から死体遺棄までの経緯をくわしく調べている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00224744.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

インドネシア:日本大使館の女性職員殺される(5日)

在インドネシア日本大使館などによると、大使館に勤務するインドネシア国籍の臨時職員イワタ・セツコさん(66)=漢字表記不明=が4日午後、ジャカルタ東部の自宅2階の風呂場付近で死亡しているのが見つかった。
 地元警察によると、顔に傷があったほか、口を粘着テープのようなものでふさがれ、腕や足をロープで縛られていた。警察は殺害された疑いがあるとみて、捜査を始めた。
 大使館によると、イワタさんは日本国籍を持っていたが、インドネシア人と結婚して同国籍を取得。夫は既に亡くなり、独り暮らしだったという。(共同)

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20120605k0000m030114000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ストーカー相談女性連れ去り、無職男を再逮捕(5日)

 札幌北署にストーカー相談していた北海道石狩市の20代女性が後に連れ去られ、わいせつ行為をされた事件で、同署は4日、元同僚の札幌市中央区旭ヶ丘、無職紺野裕己被告(41)をわいせつ略取、強制わいせつ致傷、逮捕監禁容疑などで再逮捕した。
 紺野被告は、女性を脅すメールを送ったとして脅迫罪で逮捕、起訴されていた。
 発表によると、紺野被告は今年5月3日未明、女性宅近くで、帰宅した女性の車を奪い、女性を乗せたまま同市中央区内に移動。空き室に連れ込み、わいせつ行為をしてけがを負わせるなどした疑い。紺野被告は容疑を否認しているという。
(2012年6月4日19時36分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

前妻と食事中、菊地容疑者逮捕知る…高橋容疑者(5日)

 菊地直子容疑者(40)を自宅にかくまっていたとして、警視庁に犯人隠匿の疑いで逮捕された相模原市緑区城山、自称会社員・高橋寛人容疑者。
 神奈川県警大和署幹部によると、高橋容疑者が菊地容疑者の逮捕を報道で知ったのは、東京都町田市内の飲食店で前妻と子どもと夕食を取っていた最中だったという。
 高橋容疑者は3日午後10時15分頃、同署に出頭。ジャンパー姿のカジュアルな服装で現れ、黒いショルダーバッグを持っていた。
 高橋容疑者は、横浜市内の勤務先で同僚だった菊地容疑者と知り合い、間もなく同居を始めたという。
 高橋容疑者は町田市内の住居について「アパート(の賃貸契約)を更新した記憶があり、4年間ほどいたと思う」と説明。菊地容疑者と知りながら同居生活を続けていたとも打ち明けたという。(2012年6月4日14時54分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

見え始めた高橋容疑者の足跡 残る特別手配犯(5日)

 オウム真理教元幹部の菊地直子容疑者(40)が、残る特別手配犯の高橋克也容疑者(54)と6年前まで川崎市のアパートで一緒に潜伏し、高橋克也容疑者はその後も一人で同じアパートにいた疑いが浮上した。高橋克也容疑者の潜伏先の解明が捜査の最大の焦点となる。高橋克也容疑者はどこにいるのか。警視庁はキーマンになった菊地容疑者の潜伏先から押収した所持品を分析し、取り調べを本格化させる。
 捜査関係者によると、菊地容疑者の逮捕前に確認されていた、高橋克也容疑者の足取りは平成8年11月に埼玉県所沢市のマンションで途絶えていた。高橋克也容疑者は教団秘密アジトに菊地容疑者ら他の元信者らと潜伏していたとされるが、捜査が迫る直前に菊地容疑者と姿を消した。
 その後、高橋克也容疑者の確かな足取りは確認されていなかった。 しかし、菊地容疑者と同居していた高橋寛人容疑者(41)の供述から、6年前の18年まで川崎市内で菊地容疑者と潜伏していた疑いが浮上した。8年11月以降も約10年にわたって一緒に逃走していた可能性がある。
 さらに高橋寛人容疑者は「2年前に高橋克也容疑者と会った」とも供述しており、捜査関係者は「別々に潜伏するようになった後も、高橋克也と菊地両容疑者が連絡を取り合っていた可能性がある」と話す。同じ教団に所属していた2人が長期間、教団関係者から支援を受けていたとの見方もある。

関連記事

記事本文の続き ただ、昨年12月31日に出頭し、逮捕監禁罪などで起訴された教団元幹部の平田信(まこと)被告(47)は、元信者の斎藤明美被告(49)=犯人蔵匿罪などで有罪、控訴中=と約15年の逃亡生活を送ったが、最終的に他の教団関係者との接触は確認されなかった。
 菊地容疑者は所沢のアジトに残したメモに、出頭したい理由として「教団が逃走を支援していると思われる」と教団からの逃走支援をいやがっていた記述も残しており、捜査幹部は「詳細な分析が必要だ」と話している。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

事件化しないよう処理とうそ 90万円詐取容疑で岡山県警警部補を再逮捕(5日)

交通トラブルの関係者に事件化しないよう処理したと嘘をつき、見返りとして現金約90万円を詐取したとして、岡山県警は4日、詐欺の疑いで、同県浅口市の県警通信指令課警部補、小寺誠一被告(53)=器物損壊罪で公判中、起訴休職中=を再逮捕した。県警によると「だましていない。金ももらっていない」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は昨年4月、勤務中の110番通報で知った交通トラブルの関係者の男性(56)=同県倉敷市=に対し、捜査権限がないにもかかわらず、知人の元暴力団組長(52)に「小寺さんが動いてくれて大事(事件)にならずに済んだ」と伝えさせ、自身も「礼がいる」などと要求。男性から現金約90万円を受け取ったとしている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120604/crm12060422540060-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

おれおれ詐欺で2千万円、埼玉の64歳女性が被害(5日)

埼玉県警は4日、同県川口市の無職女性(64)が、現金2千万円をだまし取られるおれおれ詐欺の被害に遭ったと明らかにした。詐欺容疑で調べている。
 県警によると、女性の自宅の電話や携帯電話に5月末、次男を名乗る男から「携帯が壊れ、電話番号が変わった」「会社の金を使ってしまった。1千万円用意して」と連絡があった。
 女性は定期預金を解約し5月30日、さいたま市内で次男の同僚を名乗る男に1千万円渡し、さらに翌31日にも追加の1千万円を同県朝霞市内で渡した。
 3度目の要求の際、教えられた電話番号ではなく、携帯電話のメールで次男に連絡して被害が判明し、県警に届けた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120604/crm12060418120050-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月4日 | トップページ | 2012年6月6日 »