« 暴力団同士の宴会に場所提供 都内の幹部2人と中華料理店経営者に暴排勧告(30日) | トップページ | 理髪店で散髪後に女性脅して現金奪う 岡山県警が再逮捕(30日) »

2012年5月30日 (水)

中国スパイ疑惑「副大臣なぜ深入り」疑問広がる(30日)

警視庁から出頭要請された中国大使館の1等書記官(45)が深く関わっていた農産物の対中輸出促進事業。この事業は書記官の関与が明らかになる前から、正当性や実現性を巡り、疑問の声が続出していた。
 筒井信隆農水副大臣らが「農産物の輸出促進」という事業の意義を強調し、「指導力」を発揮すればするほど、「なぜ、そこまで深入りするのか」といぶかる声が農水省内では上がっていた。
 「問題の多い事業だが、副大臣が主導しているので、省としても付き合わざるを得ない」。ある省幹部はそう話すとため息をついた。
 同事業は、北京の施設で3000品目以上の日本産農産物やサプリメントを常時展示して販売することで、対中輸出を推進させるもので、2016年には年間5000億円の輸出額達成を目標にしていた。
 筒井副大臣らは「コメ20万トンを輸出できれば減反の必要はなくなる」などと意義を強調。10年12月、筒井副大臣本人が訪中し、中国側のパートナーとなる国有企業「中国農業発展集団(中農)」と覚書を締結することで事業は開始した。
 日本での説明会は農水省が主催するなど、当初は同省も全面的にバックアップする姿勢だった。11年3月に福島第一原発事故が起き、中国が一部の都県の食品輸入を停止するなどしても中断されることはなかった。(

2012年5月30日07時30分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

« 暴力団同士の宴会に場所提供 都内の幹部2人と中華料理店経営者に暴排勧告(30日) | トップページ | 理髪店で散髪後に女性脅して現金奪う 岡山県警が再逮捕(30日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54832999

この記事へのトラックバック一覧です: 中国スパイ疑惑「副大臣なぜ深入り」疑問広がる(30日):

« 暴力団同士の宴会に場所提供 都内の幹部2人と中華料理店経営者に暴排勧告(30日) | トップページ | 理髪店で散髪後に女性脅して現金奪う 岡山県警が再逮捕(30日) »