« 男性遺体:首絞められ窒息死 名古屋市の路上で発見(1日) | トップページ | 「仕事なくイライラ」放火の男を逮捕 東京・福生(1日) »

2012年5月 1日 (火)

警視庁 区域全体を速度規制へ(1日)

スピードの出しすぎによる生活道路での交通事故を防ごうと、警視庁は、これまで道路ごとに最高速度を規制していた住宅街などで、区域全体を最高速度30キロに規制する取り組みを進めることにしています。

京都府亀岡市で小学生の列に軽自動車が突っ込み10人が死傷した事故をはじめ、国道の抜け道などになっている生活道路での事故は後を絶たず、安全対策が課題になっています。
そこで警視庁は、今年度から生活道路が集まる住宅街などで、道路ごとではなく、一定の区域全体を指定して速度を規制する取り組みを進めることになりました。
これらの区域ではすべての道路が最高速度30キロに規制され、区域の入り口は、標識や道路の標示で分かりやすく示すことにしています。
生活道路を巡っては、これまでもスピードを出せないように段差を設けたり、道幅を狭くしたりして区域全体で速度を規制する取り組みは行ってきましたが、道路の改良が前提だったため、予算などの制約で都内では36か所にとどまっているのが現状です。
警視庁は、今年度中に公園や学校の周辺など37か所を新たな規制の対象区域にすることにしていて、今後5年間で200か所以上の指定を目指すとしています。
警視庁交通規制課は「ドライバーに住民の生活の場だと認識してもらい、安全運転を促したい」と話しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120501/k10014821291000.html

« 男性遺体:首絞められ窒息死 名古屋市の路上で発見(1日) | トップページ | 「仕事なくイライラ」放火の男を逮捕 東京・福生(1日) »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁 区域全体を速度規制へ(1日):

« 男性遺体:首絞められ窒息死 名古屋市の路上で発見(1日) | トップページ | 「仕事なくイライラ」放火の男を逮捕 東京・福生(1日) »