« 追突、逃走容疑で巡査部長逮捕 福岡県警(25日) | トップページ | パトカー追跡バイクが接触事故 3人重軽傷(25日) »

2012年5月25日 (金)

【名張毒ぶどう酒事件】再審認めず 開始決定取り消す 奥西元被告、特別抗告へ 名古屋高裁(25日)

1961年に三重県名張市でぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡した「名張毒ぶどう酒事件」で、名古屋高裁(下山保男裁判長)は25日、殺人罪などで72年に死刑が確定した奥西勝元被告(86)の再審開始を認めない決定をした。2005年の再審開始決定を取り消し、7度目の再審請求を退けた。弁護団は最高裁に特別抗告する方針。
 確定死刑囚が再審開始決定を取り消された例としては、免田事件(熊本)がある。免田事件の場合はその後、あらためて開始決定が出され、熊本地裁八代支部での再審で無罪となった。
 名古屋高裁は05年に奥西元被告の再審開始を決定。しかし、検察側の異議申し立てで同高裁の別の裁判長が06年に決定を取り消した。弁護側の特別抗告で最高裁は、毒物の科学的検討が尽くされていないとして、10年に審理を差し戻していた。25日の決定は検察側の異議申し立てに対する判断だった。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120525/trl12052510170001-n1.htm

« 追突、逃走容疑で巡査部長逮捕 福岡県警(25日) | トップページ | パトカー追跡バイクが接触事故 3人重軽傷(25日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【名張毒ぶどう酒事件】再審認めず 開始決定取り消す 奥西元被告、特別抗告へ 名古屋高裁(25日):

« 追突、逃走容疑で巡査部長逮捕 福岡県警(25日) | トップページ | パトカー追跡バイクが接触事故 3人重軽傷(25日) »