« 東北自動車道で5台絡む事故 5人搬送(2日) | トップページ | 山形新幹線、クマと衝突? 運転士証言、1時間の遅れ(2日) »

2012年5月 2日 (水)

小沢元代表無罪 控訴の可否、2日に協議(2日)

資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で強制起訴された民主党小沢一郎元代表(69)を無罪とした東京地裁判決について、検察官役の指定弁護士側は1日、控訴の可否を2日に協議する方針を決めた。控訴期限は10日で、週明けにも再度協議を行い、最終決定する見通し。
 小沢元代表が「秘書にすべて任せていた」と全面無罪を主張した公判で争点となったのは(1)元秘書との共謀の有無(2)虚偽記載の有無(3)強制起訴の適法性-の3点。先月26日の東京地裁判決は「起訴議決は有効」と判断。元秘書らによる虚偽記載罪が成立するとし、小沢元代表と元秘書の間に、政治資金収支報告書の記載をめぐる「報告・了承」があったことも認めた。
 ここまでは指定弁護士側の主張に沿う判断を示した形だが、判決はその上で元代表が「虚偽記載にあたると認識していなかった可能性があり、故意の立証が不十分」として、元秘書との共謀までは認めず、禁錮3年の求刑に対して無罪と結論づけた。
 控訴判断のポイントとなるのは「控訴審で1審判決を覆せるかどうか」だ。
 3人の指定弁護士の中からは「『報告・了承』を認めながら、『こういう可能性もある』と共謀を否定されたのは予想外だった。この認定はおかしいのではないか、との思いもある」と疑問の声が上がる一方、「ひっくり返せる余地がなければ控訴はできない」というのが大筋の意見だ。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

« 東北自動車道で5台絡む事故 5人搬送(2日) | トップページ | 山形新幹線、クマと衝突? 運転士証言、1時間の遅れ(2日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54609244

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢元代表無罪 控訴の可否、2日に協議(2日):

« 東北自動車道で5台絡む事故 5人搬送(2日) | トップページ | 山形新幹線、クマと衝突? 運転士証言、1時間の遅れ(2日) »