« 集団登校に暴走車「交通ルール守って」集団登校事故で呼び掛け(7日) | トップページ | 河野容疑者、バス4台所有…中国人向けツアーも(7日) »

2012年5月 7日 (月)

一夜明け続く停電 陸自、がれき撤去 竜巻被災地(7日)

茨城、栃木の両県では7日早朝、本格的な被害調査やがれき撤去が始まった。
 水戸地方気象台は茨城県つくば、筑西、常陸大宮の各市に職員8人の機動調査班を派遣。陸上自衛隊古河駐屯地の27人も、被害の大きいつくば市北条地区周辺でがれき撤去を始めた。取り残された人がいないかの確認も進めている。
 避難所や知人宅、車中で夜を明かした住民らも自宅に戻った。
 停電が続くつくば市北条地区。一人暮らしの高橋君子さん(80)は、屋根と2階部分が吹き飛ばされた自宅で途方に暮れていた。「屋根の修理をしようにもお金がかかる。もうあきらめるしかないでしょう」
 栃木県真岡市の会社員榎戸豊明さん(40)は勤め先を休み、業者と自宅の修復方法を相談していた。居間のガラス窓が割れ、室内は泥だらけ。屋根の瓦も崩れた。「どこから手を付けていいかわからない。まずは雨漏りがする屋根から直さないと。家族は無事だったのでよかった」
 隣町の益子町では農作物も被害を受けた。「イチゴ狩りのシーズンでバスも何台も入る予定だったのに。全部だめになった」と、農業福原光雄さん(58)は肩を落とした。

Logo2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

« 集団登校に暴走車「交通ルール守って」集団登校事故で呼び掛け(7日) | トップページ | 河野容疑者、バス4台所有…中国人向けツアーも(7日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一夜明け続く停電 陸自、がれき撤去 竜巻被災地(7日):

« 集団登校に暴走車「交通ルール守って」集団登校事故で呼び掛け(7日) | トップページ | 河野容疑者、バス4台所有…中国人向けツアーも(7日) »