« 関越道バス事故 逮捕の運転手「アルバイト運転手だった」(5日) | トップページ | 【高速バス衝突】ナンバープレート貸し 業界で問題化(5日) »

2012年5月 5日 (土)

同乗のバス運転手「行きは自分が運転」 (5日)

群馬県の関越自動車道で7人が死亡した高速バス事故で、千葉から金沢まで同乗していた別の運転手が警察に対し、「金沢までは自分が運転した」と話していることが新たに分かりました。
 群馬県警は4日、自動車運転過失致死傷の疑いで逮捕された河野化山容疑者(43)が、金沢発のバスに乗務する前に滞在していた石川県のホテルなどに捜査員を派遣しました。
 河野容疑者とともにバスに乗り、千葉から金沢まで向かった別の運転手に対する事情聴取も行われましたが、この運転手は「金沢までは自分が運転した」と話していることが、警察への取材で新たに分かりました。
 これまでの国土交通省の監査に対し、バスの運行会社「陸援隊」の針生裕美秀社長は「河野容疑者から金沢に行くのは初めてで、不安だと相談を受けたため、もう1人の運転手を同乗させた」と話していましたが、社長の代理人の弁護士が3日、こうした経緯を否定するなど、会社側の説明は食い違っていました。
 このため、警察は、河野容疑者が1人でバスを運転するに至った経緯など、会社の運行管理に問題がなかったか、近く、社長からも事情を聴く方針です。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5021041.html

« 関越道バス事故 逮捕の運転手「アルバイト運転手だった」(5日) | トップページ | 【高速バス衝突】ナンバープレート貸し 業界で問題化(5日) »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同乗のバス運転手「行きは自分が運転」 (5日):

« 関越道バス事故 逮捕の運転手「アルバイト運転手だった」(5日) | トップページ | 【高速バス衝突】ナンバープレート貸し 業界で問題化(5日) »