« 俳優の平幹二朗さんが空き巣被害(9日) | トップページ | 指定弁護士悩んだ2週間…陸山会事件再び法廷へ(9日) »

2012年5月 9日 (水)

看過できない事実誤認ある…指定弁護士が控訴(9日)

小沢一郎民主党元代表(69)が政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた陸山会事件で、指定弁護士は9日、元代表を無罪(求刑・禁錮3年)とした東京地裁判決を不服として同地裁に控訴を申し立てた。
 同事件は今後、東京高裁で改めて審理される。
 指定弁護士3人は9日に協議し、最終的に控訴することを決定。主任格の大室俊三弁護士(62)は記者会見で「(1審の)判決内容には看過できない事実誤認があり、控訴審で修正可能だと判断した」と説明した。

« 俳優の平幹二朗さんが空き巣被害(9日) | トップページ | 指定弁護士悩んだ2週間…陸山会事件再び法廷へ(9日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 看過できない事実誤認ある…指定弁護士が控訴(9日):

« 俳優の平幹二朗さんが空き巣被害(9日) | トップページ | 指定弁護士悩んだ2週間…陸山会事件再び法廷へ(9日) »