« バス運転手 禁止の「日雇い」か(3日) | トップページ | タクシー運転手に殴りかかる 傷害容疑で青森市職員逮捕(3日) »

2012年5月 3日 (木)

シー・シェパードの妨害物を大量押収 海上保安庁、立件に向け捜査(3日)

米反捕鯨団体、シー・シェパード(SS)による調査捕鯨妨害問題で、海上保安庁が、SSが南極海に投げ入れたロープやガラス瓶などを大量に押収していたことが2日、分かった。海保はすでに証拠品として分析を終えており、器物損壊や威力業務妨害容疑などを視野に入れ、SSの立件に向けて捜査を進めている。
 関係者によると、今年1月から3月にかけて南極海で行われた調査捕鯨で、SSは捕鯨船団のスクリューやかじを破壊しようと、鉄塊やワイヤを装着したロープ50本以上(最長約70メートル)を海に投げ込んだ。
 さらに、強烈な悪臭がし失明の危険のある酪酸(らくさん)や塗料を詰めたガラス瓶、発火弾なども投擲(とうてき)。捕鯨期間中に妨害活動は計11回に及び、船体が酪酸や塗料で汚損したほか、船員は生命の危険にさらされたという。
 妨害活動が年々エスカレートしているため、今期の調査活動には、捕鯨船に海上保安官が乗船し、水産庁の監視船を初めて派遣するなど安全対策を強化。これまでは船内に投げ込まれた物しか回収できなかったが、今期は海面に浮かぶロープなどの妨害物を大量に引き上げた。投げ込まれた量は総計10トン以上と推測され、そのうちの約2トンを船団が回収した。
 実際に乗船した関係者は「酪酸瓶をランチャーを使って撃ち込むなど今年は軍が使うような装備で攻撃してきた。無事で帰ってこられたのが不思議なくらいだ」と訴える。

SSをめぐっては、海保が平成22年2月、南極海で監視船に侵入した元メンバーのニュージーランド人、ピーター・ベスーン元被告(47)=傷害罪などで有罪判決=を逮捕した。
 同年4月、一連の犯罪行為を指揮した疑いが強まったとして、威力業務妨害容疑などで代表のポール・ワトソン容疑者(61)の逮捕状を取得し、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配している。
 捜査関係者によると、ロープなど妨害物の押収は、SSの悪質な行為を立証する上で不可欠としている。分析を終えた妨害物の一部は、調査捕鯨を実施している日本鯨類研究所(東京都中央区)に引き渡された。◇【用語解説】シー・シェパード
 海洋生物の保護を標榜(ひょうぼう)して過激な活動を続ける国際非営利組織。ポール・ワトソン容疑者が1977年に設立した。本拠地は米国ワシントン州にあり、ハリウッド俳優や実業家からの寄付などをもとに運営されている。2005年から日本の南極海での調査捕鯨を妨害し始めるようになった。「シーシェパード」は「海の番犬」などの意。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120503/crm12050314510007-n2.htmMsn_s1_3

« バス運転手 禁止の「日雇い」か(3日) | トップページ | タクシー運転手に殴りかかる 傷害容疑で青森市職員逮捕(3日) »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シー・シェパードの妨害物を大量押収 海上保安庁、立件に向け捜査(3日):

« バス運転手 禁止の「日雇い」か(3日) | トップページ | タクシー運転手に殴りかかる 傷害容疑で青森市職員逮捕(3日) »