« 福岡でまた…飲酒運転相次ぎ九州大生ら男3人逮捕(19日) | トップページ | 死亡男児虐待で同居の男再逮捕 「スーパーの階段で落ちた」と否認(20日) »

2012年5月20日 (日)

違法薬物4種を麻薬指定 所持・使用でも摘発可能(20日)

幻覚症状や興奮作用などを引き起こすとして、薬事法で違法薬物に指定されている薬物のうち、乱用実態が確認された4薬物について、厚生労働省が麻薬取締法の規制対象となる「麻薬」に指定することが19日、分かった。パブリックコメント(意見公募)を経て、7月上旬にも麻薬に指定する政令を公布する。
 違法薬物は、成分構造別に「指定薬物」として規制されており、4薬物を含む68薬物が指定されている。薬事法では販売が禁じられるものの、所持や使用は規制されないが、麻薬に“格上げ”することで麻薬取締法が適用され、所持や使用などでも摘発可能になる。
 厚労省によると、麻薬指定されるのは、JWH-018▽カンナビシクロヘキサノール▽MDPV▽4-メチルメトカチノン(メフェドロン)。MDPVは平成20年12月、ほかの3薬物は21年10月に指定薬物となっていた。違法薬物の麻薬指定は20年以来4年ぶり。
 違法薬物は若者を中心に乱用が後を絶たず、最近は違法薬物とほぼ同じ成分が含まれているものの薬事法で規制できていない「脱法ハーブ」などの「脱法ドラッグ」を販売・流通するケースも横行している。
 厚労省は今後も乱用実態のある違法薬物の麻薬指定を進め乱用に歯止めをかけていく方針。「脱法ドラッグ」は、指定薬物と成分構造が似ていれば一括で規制対象にできる「包括指定」の導入を検討している。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120520/crm12052000050000-n1.htm

« 福岡でまた…飲酒運転相次ぎ九州大生ら男3人逮捕(19日) | トップページ | 死亡男児虐待で同居の男再逮捕 「スーパーの階段で落ちた」と否認(20日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54752013

この記事へのトラックバック一覧です: 違法薬物4種を麻薬指定 所持・使用でも摘発可能(20日):

« 福岡でまた…飲酒運転相次ぎ九州大生ら男3人逮捕(19日) | トップページ | 死亡男児虐待で同居の男再逮捕 「スーパーの階段で落ちた」と否認(20日) »