« 警視庁捜索先IT会社、数百万人分情報サーバーに複数回接続 スマホアプリ問題(19日) | トップページ | “慶大生ファンド”20億集めトンズラ?その驚きの手口(19日) »

2012年5月19日 (土)

「コンプガチャ」7月から法規制へ 消費者庁(19日)

携帯電話で遊べるソーシャルゲームのアイテム商法「コンプリートガチャ(コンプガチャ)」について、消費者庁は18日、景品表示法に抵触するとして、同法の運用基準を改正すると発表した。7月1日から規制する。
 コンプガチャは、オンラインゲーム上で購入したカードを複数そろえることを条件に、「レア(希少)アイテム」を提供する商法。
 消費者庁は、希少アイテムが景表法で制限されている「景品類」に該当し、複数カード(有料)をそろえた消費者に景品を与えることを禁じた「カード合わせ」になるとしている。
 同庁は、運用基準に違法例として具体的にコンプガチャの内容を加える。
 同庁の片桐一幸表示対策課長は「どのようなアイテムが出てくるか分からず、過剰にのめり込ませるという意味で欺瞞(ぎまん)性が強く、子供の射幸心をあおる度合いが著しく強い」と指摘。コンプガチャ以外にも同様の仕組みがあれば、7月以降処分の対象とする考えも示した。
 コンプガチャをめぐっては、利用者が希少アイテム欲しさに数十万円を支払うケースがあるなど問題となっていた。
 ソーシャルゲームを運営する「ディー・エヌ・エー(DeNA)」や「グリー」などは、サービスの提供を今月末で打ち切ることを発表している。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

« 警視庁捜索先IT会社、数百万人分情報サーバーに複数回接続 スマホアプリ問題(19日) | トップページ | “慶大生ファンド”20億集めトンズラ?その驚きの手口(19日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54743442

この記事へのトラックバック一覧です: 「コンプガチャ」7月から法規制へ 消費者庁(19日):

« 警視庁捜索先IT会社、数百万人分情報サーバーに複数回接続 スマホアプリ問題(19日) | トップページ | “慶大生ファンド”20億集めトンズラ?その驚きの手口(19日) »