« 記録的大雨 宮城・大和町で521世帯2,052人に避難指示(4日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2012年5月 4日 (金)

伊豆スカイラインで大規模な土砂崩れ (4日)

雨の峠を越えた各地にも被害のつめあとが残っています。静岡県伊豆市の有料道路、伊豆スカイラインでは、大規模な土砂崩れが発生し、復旧作業が進められています。
 土砂崩れがあったのは、静岡県伊豆市冷川の伊豆スカイラインで、冷川インターから亀石峠インターまで、およそ15キロが通行止めとなっています。
 現場周辺では3日、伊豆市の天城山で観測史上最大の800ミリ近い雨量を記録していて、この大雨によってぬかるんだ土砂が崩れたものとみられています。この土砂崩れによるけが人はいませんでした。
 現在、土砂の除去作業が進められていますが、ゴールデンウィーク中の復旧は見込めないということです。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5020826.html

雨の峠を越えた関東地方では、今のところ人的被害の情報は入っていませんが、千葉県大多喜町では土砂崩れで道路が寸断され、今も一部の集落が孤立しています。
 千葉県などによりますと、3日午後6時すぎ、大多喜町・筒森で町道の脇の崖が幅4メートル、長さおよそ20メートルにわたって崩れ、道をふさぎました。この土砂崩れによって、筒森地区の住民9世帯16人が孤立したままとなっています。
 倒木で電柱が倒れ、停電も起きていますが、けが人や病人などの情報はないということです。朝から復旧作業が行われていますが、復旧のメドは立っていません。(04日10:48)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5020827.html

« 記録的大雨 宮城・大和町で521世帯2,052人に避難指示(4日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆スカイラインで大規模な土砂崩れ (4日):

« 記録的大雨 宮城・大和町で521世帯2,052人に避難指示(4日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »