« 蛇行運転の男、巡査長の飲酒検知管を折る(4日) | トップページ | 伊豆スカイラインで大規模な土砂崩れ (4日) »

2012年5月 4日 (金)

記録的大雨 宮城・大和町で521世帯2,052人に避難指示(4日)

動きの遅い低気圧の影響で、各地で大雨が続き、3日夜から4日朝にかけては、北日本で大雨となっている。
宮城・大和町(たいわちょう)では、大雨の影響で、町内の川の水位が上昇し、521世帯2,052人に避難指示が出され、気仙沼市では、5月として観測史上1位となる、1時間に32.5mmの激しい雨が降り、9世帯32人に避難指示、2,205世帯5,258人に避難勧告が出されている。
宮古市の住人は「土砂崩れとか、山崩れとか、そういう災害が起きなければいいなと思っています」と話した。
低気圧は、この後もゆっくりと北上を続け、4日夜には、北海道付近に達する見込み。
5日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、北海道の太平洋側で150mm、東北の太平洋側で80mmとなっている。
引き続き土砂災害や河川の増水に警戒が必要となる。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00222578.html

北日本で大雨 岩手・釜石市でも記録的な大雨 床上浸水も

動きの遅い低気圧の影響で、3日夜から4日朝にかけて、北日本で大雨となり、各地で被害が相次いでいる。
岩手・釜石市では、24時間の雨量がひと月の平均雨量を上回るなど、被災地でも記録的な大雨となった。
釜石市千鳥地区では、3日から降り続く雨で、道路が男性のひざの上、また、車のタイヤがすっかり隠れるほど冠水している。
4日朝から消防や地元の人が協力して、水をかき出したり、また、玄関に土のうを積んで浸水を防いでいるが、依然水かさは増え続けている状況。
釜石市では、3日夜から雨が強くなり、降り始めからの雨量が300mmを超えている。
このため、道路への冠水で、住宅の床上浸水が発生し、157世帯に避難勧告が出ている。
釜石市には、4日午前11時半現在も、大雨・洪水・波浪の警報が出ている。
雨のピークは昼すぎだが、河川の増水や、地震で地盤が緩んでいる場所では、引き続き土砂崩れにも警戒が必要となる。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00222581.html

« 蛇行運転の男、巡査長の飲酒検知管を折る(4日) | トップページ | 伊豆スカイラインで大規模な土砂崩れ (4日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記録的大雨 宮城・大和町で521世帯2,052人に避難指示(4日):

« 蛇行運転の男、巡査長の飲酒検知管を折る(4日) | トップページ | 伊豆スカイラインで大規模な土砂崩れ (4日) »