« 2012年5月29日 | トップページ | 2012年5月31日 »

2012年5月30日

2012年5月30日 (水)

女性モデル対象に防犯教室(30日)

痴漢など女性を狙った犯罪が増える夏を前に、テレビなどで活躍する女性のモデルを対象にした防犯教室が開かれ、警察官が身を守るポイントを解説しました。
 この防犯教室は、薄着になる機会が多いこの時期、痴漢など女性を狙った犯罪が増えることから、警視庁とモデル事務所で作る団体が開いたもので、テレビや雑誌などで活躍するモデルの女性およそ40人が参加しました。
はじめに、警視庁が制作した女性を狙った犯罪の手口と対策について紹介するドラマが上映されました。
この中では、満員電車での痴漢対策として、逃げ場がなく死角になりやすい連結部分の近くには立たないことや、なるべく女性が多い列に並んで乗ることなどを紹介しました。また、マンションの高層階に住んでいても、宅配便を装って部屋に侵入したり、屋上からロープで降りてきて窓から入り込んだりする手口があるとして注意を呼びかけました。
続いて、女性の警察官がふだんの通勤や通学に潜む危険について解説し、夜道でイヤホンをしたまま歩いていると後ろから近づいてくる犯人に気がつかないことがあるため危険だとか、防犯ブザーは使いやすいところに取り出しておくことが大切だと説明しました。
参加したモデルは「ブザーを持ち歩いたり、戸締まりをしっかりするなど、自分の身は自分で守ろうと思います」と話していました。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120530/t10015495351000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

30億円以上を違法に集めた疑い(30日)

電話の応対などを代行する「バーチャルオフィス」を悪用して出資者を信用させ、30億円以上を違法に集めたとみられる投資顧問会社の実質経営者の男ら5人が警視庁に逮捕されました。
 出資法違反の疑いで逮捕されたのは、東京の投資顧問会社 「WEALTH MANAGEMENT INTERNATIONAL」の実質経営者、菊地淳志容疑者(48)ら5人で、2008年5月から2009年7月までの間、「月5%の高配当。1年後には元本保証」などとうたい、無職の男性(76)ら3人から現金1億1460万円を違法に集めた疑いがもたれています。
 菊地容疑者は、電話応対の代行などを行う「バーチャルオフィス」を使って会社の所在地を東京の一等地に設定し、客を信用させたとみられ、高齢者を中心に30億円以上を違法に集めたとみられています

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5042324.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国大使館書記官事件 出頭要請は警察当局の重大なメッセージ(30日)

中国大使館の1等書記官(45)による外国人登録証の不正取得事件をめぐり、出頭要請は、日本国内で公然かつ広範囲で行われている中国の諜報活動への日本の警察当局からの重大なメッセージと言える。
警視庁から出頭要請を受けた中国大使館の1等書記官は、外交官という身分と、日本国内での人脈とを駆使して、政財界に中国への進出を盛んに促していた。
しかし、中国への進出を図る日本企業に、書記官が紹介した企業の多くは、人民解放軍と関係が深い国営企業とみられ、中国に出資したとしても、結果として、軍や傘下の企業に資金が流れることになる。
一方で、書記官自身も、企業を紹介した手数料の名目で手にした現金を、個人的な生活費として使ったほか、工作資金に充てた疑いも浮上している。
この書記官は、まもなく任期を終えて帰国するとの情報があったため、警視庁は「逃げ得は許さない」、「再び来日するのを阻止する」との狙いで出頭要請したとみられる。
巧妙に行われる諜報活動に、日本はどのように対処すればいいのか、法整備も含めて、本格的な対処が求められる。

Logo4_4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00224370.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

北海道・釧路市妻絞殺事件 逮捕の男、10年前に殺害し遺棄か(30日)

北海道・釧路市で妻の首を絞め殺害したとして逮捕された男が、妻を10年前に殺害し、遺棄した可能性が高いことがわかった。
妻・瑠美子さんの首を絞めて殺害したとして、29日に逮捕された北海道・釧路市の水産加工会社社長・山田政市容疑者が30日、送検された。
遺体は、会社の冷凍庫から見つかっているが、入れられた箱の手前には、ベニヤ板などが置かれ、社員は誰も気づかなかったという。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00224391.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日単位・レベル)
刑事ドラマが消えた?
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120523140928

 最近、気になる事-テレビ界から人気の刑事ドラマが消え自然界からツバメが消えた。
 今年の春、ほとんどツバメをみることができない。野鳥の会でも情報を求めている。子供の頃からツバメは遠い海を渡って日本にやってくる渡り鳥として大事にしようねーと言われていた。
 自宅の軒先に巣をつくり、ひな鳥が育って行くのを家族みんなで見守り応援したものだった。野鳥の会では激減した要因として農耕地の衰退があり餌場が減少した。あるいは日本式の家屋が少なくなり西洋風の建物が多くなっていることから巣が作りにくくなったのではーと分析している。なんとか取り戻せないものか…
 一方、刑事ドラマだ。古くは堀雄二や芦田伸介などの「七人の刑事」、波島進の「特別機動捜査隊」、石原裕次郎の「太陽にほえろ」、沖雅也、平幹二朗の「はぐれ刑事」、水谷豊の「相棒」など一世を風靡した連続ドラマが続いていた。ところがビデオリサーチの調べによる「週間視聴率」5月21日~27日のベスト30には土曜ワイドなど単発ものの刑事ドラマはあるがそれとて27位。連続ドラマはランクインしていない。「ハンチョウ」や「お宮さん」「アンサー警視」など放送はしているのだが、いまいち人気が出ないのはタイトルになじみがないのでは?
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

最大で法定金利の約284倍の金利で貸し付け ヤミ金業者5人逮捕(30日)

最大で法定金利のおよそ284倍の金利で金を貸し付けていたヤミ金業者5人が、出資法違反容疑で逮捕された。
出資法違反の疑いなどで逮捕されたヤミ金業経営・春田 努(つとむ)容疑者(31)ら5人は、埼玉県の主婦など7人に、総額およそ202万円を貸し付け、法定金利を超えるおよそ168万円の利息を取っていた疑いが持たれている。
春田容疑者らは、インターネット上に「グリーンファイナンス」の店名で広告を出して、客を募っていたという。
春田容疑者らは、これまでに1,000人近い客に、最大で法定金利のおよそ284倍で貸し付け、1年間でおよそ2,500万円の違法な利息を取っていたという。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00224366.html

Logo4_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

盗みに盗んで150台! バングラデシュ人ら追送致 解体してアラブに“輸出”(30日)

埼玉県の建築会社に駐車中の大型トラックを盗んだとして、警視庁捜査3課は30日、窃盗の疑いで、バングラデシュ籍の無職、マムン・アブドウル・アリ被告(37)=別の窃盗罪で起訴、公判中=を追送検した。
 また、同課は同日、盗んだ車を50万円で買い取ったとして、盗品等有償譲り受けの疑いでアフガニスタン籍の会社役員、モハマド・バケル被告(39)=別の盗品等有償譲り受け罪で起訴、公判中=ら2人を追送検した。同課によると、3人は容疑を認めている。
 捜査関係者によると、3人は昨年1月から約1年間、東京都と埼玉県で自動車窃盗を繰り返し、被害はトラックなど計約150台(被害総額計約3億円)に上るとみられる。モハマド容疑者らはアリ容疑者が盗んだ車両を1台あたり20~50万で買い取った後、車を解体するなどし、アラブ首長国連邦シャールジャ首長国の親族が経営する中古車部品会社に輸出していたという。
 アリ容疑者の追送検容疑は、昨年12月17日午前2時半ごろ、埼玉県川口市東本郷の建設会社駐車場に止めてあった大型トラック1台(時価約60万円相当)を盗んだとしている。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120530/crm12053016160025-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

入浴中の男性襲い転落死させる 男ら再逮捕 警視庁(30日)

品川区の雑居ビルで住人の元デリバリーヘルス(無店舗型風俗店)従業員、和久津安二郎さん(35)が転落死した事件で、和久津さんを暴行するなどして追いつめ、7階から転落させたとして、警視庁捜査1課は30日、強盗致死の疑いで千葉県八街市、風俗店経営、鳳山(とりやま)徳行被告(40)=強盗致傷の罪などで起訴=ら4人を再逮捕した。同課によると、いずれも容疑を否認している。
 逮捕容疑は今月7日未明、東京都品川区の雑居ビル7階で、入浴中の和久津さんを殴るなど暴行して脅迫。携帯電話を奪い、ベランダから隣室に逃げようとした和久津さんを転落させ、死亡させたなどとしている。
 鳳山容疑者らは、事件当日、現場に居合わせた和久津さんの同居男性(27)を暴行して負傷させ、現金を奪ったなどとして、強盗致傷容疑などで逮捕、起訴されていた。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120530/crm12053016450026-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

手にはマイクでなく刃物 カラオケ店強盗容疑の組幹部を逮捕 茨城(30日)

茨城県警日立署は30日、強盗の疑いで、指定暴力団稲川会系組幹部、土岐賢司容疑者(32)=同県日立市川尻町=を逮捕した。同署によると、「やっていない」と容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は2月13日午前5時10分ごろ、日立市田尻町のカラオケ店で、男性副店長(26)に刃物を突き付け、売上金約17万円などを奪ったとしている。
 約2時間前、カラオケ店から約4・5キロ離れた飲食店で、服装や体格が似た男が女性経営者(65)を脅し現金を奪おうとする強盗未遂事件が発生しており、同署が関連を調べている。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120530/crm12053016500027-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁東京空港警察署の45歳警部補、酒気帯び運転で摘発(30日)

警視庁の東京空港警察署の45歳の警部補が、4月21日、神奈川・藤沢市内で、酒気帯び運転で摘発されていたことがわかった。
東京空港警察署の45歳の警部補は4月21日未明、神奈川・藤沢市内を車で走行中、検問中の警察官に停止を求められた際に、1リットルの呼気から、基準を超える0.4mgのアルコールが検出され、酒気帯び運転で摘発された。
この警部補は、「仕事帰りに酒を飲んだが、電車内で眠り込んでいた女性を見つけたので、自宅まで車で送りました。申し訳ありません」と話しているという。警視庁は今後、警部補を懲戒処分する方針。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00224335.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

関越道バス事故:ツアー企画した旅行会社も業務停止へ(30日)

46人が死傷した高速ツアーバス事故で、ツアーを企画した旅行会社「ハーヴェストホールディングス」(大阪府豊中市)に複数の法令違反が見つかったとして、観光庁が業務停止処分を出す方針を固めたことが関係者への取材で分かった。6月上旬に処分案を通知し、ハ社の意見を聞いた上で正式な処分を出す。
 国土交通省近畿運輸局は事故後、ハ社に対して計3回の立ち入り検査を実施。関係者によると、その結果、事故を起こしたツアーで利用客に運行を依頼したバス会社名を文書やメールで知らせていないなど旅行業法に基づく複数の法令違反が見つかり、今回のツアー以外の業務でも手続き上の法令違反が見つかったという。
 旅行業法に基づく行政処分で最も重いのは事業登録の取り消しで、業務停止はそれに次ぐ処分。観光庁は法令違反が複数に上ることから、一定期間の業務停止処分が妥当と判断した模様だ。【桐野耕一】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20120530k0000e040210000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「事故なければ警官合格」認定 遺族と運転手の和解成立(30日)

 北海道警の警察官採用2次試験の当日にトラックにはねられて死亡した男子大学生(当時23)の両親がトラックの男性運転手(32)に損害賠償を求めていた裁判は30日、札幌地裁で和解が成立した。賠償額の算定にあたっては「警察官になる息子の夢を果たしたい」との両親の思いをくみ、大学卒の警察官が定年まで働いた給料が認められた。
 両親の代理人弁護士によると、正式の試験合格前に将来もらえるはずだった給料(逸失利益)が裁判を通して認められるのは異例という。
 事故で死亡したのは、北海道教育大4年だった真島以明(いざや)さん。父勝彦さん(55)と母和子さん(50)が損害賠償と慰謝料など1億2千万円を求めていた。
 代理人弁護士によると、和解額は9500万円。慰謝料などが両親側の主張よりも低く算出されたほかは、ほぼ両親側の主張に沿った内容という。和解内容には「警察官をめざしていたことを考慮して」との文言が盛り込まれた。

続きを読む

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

東急建設などを書類送検 廃棄物運搬を再委託(30日)

マンションの建設工事現場から出た廃棄物の運搬を請け負ったにもかかわらず、別の業者に再委託したとして、警視庁生活環境課は、廃棄物処理法違反の疑いで、建設会社「一英建材」(千葉市中央区)役員、中村貴一容疑者(42)=同区塩田町=ら男3人を逮捕し、法人としての同社と中堅ゼネコン「東急建設」(東京都渋谷区)など工事に関係した計5社と関係者4人を同法違反容疑で書類送検した。同課によると、中村容疑者は「仕事に穴を空けたくなかった」などと容疑を認めているという。
 逮捕容疑は昨年12月、東急建設から港区のマンション建設現場で出た建築廃材のコンクリート片など約190立方メートルの中間処理場への運搬を約51万円で委託されたにもかかわらず、別の建設業者へ再委託したとしている。
 工事現場周辺は道幅が狭く8トントラックしか使用できなかったが、一英建材は10トントラックしか所有していなかった。同課は、運搬作業ができなかった同社が、別業者に再委託したとみている。
 また、同社から再委託された業者も、都内で廃棄物を運搬する許可を受けていなかった別の2業者に仕事を請け負わせていた。
 東急建設が今年1月、内部調査に基づいて都に連絡し、発覚した。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

【中国書記官スパイ疑惑】農水省、調査チーム立ち上げへ 筒井副大臣「漏洩ない」 (30日)

中国大使館1等書記官(45)による外国人登録法違反問題で、対中輸出促進事業に関する農水省の機密文書が外部に漏洩していたとの一部報道を受け、鹿野道彦農林水産相は30日、岩本司農水副大臣を中心とした調査チームを立ち上げることを明らかにした。鹿野農水相は「実態について、しっかりした調査をすることが大事」と語った。
 鹿野農水相は漏洩の事実について「そういう話は聞いていない」と説明。自らの1等書記官との接触については「顔と名前が一致しないが、お会いしたことはあるかもしれない」とし、「どういう方で、どういう立場の人か、きちっとした認識は持っていない」と述べた。
 また、筒井信隆農水副大臣は同日、記者団の取材に応じ、機密情報が1等書記官に渡ったとされる一部報道について、「私は渡したことも見せたこともない」と否定。東京電力福島第1原発事故の影響を受けた国内のコメの需給見通しに関する文書が漏洩したとの報道には「コメの需給関係に機密情報なんてあるのか。資料は頻繁に公表しており、私はありえないと思っている」とした。
 一方、1等書記官の副大臣室への出入りについては「来たのは1回だけ」と一部認め、中国大使館側を通じての接触については「品物を出すときに中国大使館の支援があって、その具体化のために会った。それも1回じゃないかな。ぜんぜん親密な交際なんかない」と述べた。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120530/crm12053011330010-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

理髪店で散髪後に女性脅して現金奪う 岡山県警が再逮捕(30日)

岡山東署は30日、大阪市の理髪店で金を奪ったとして、強盗の疑いで住所不定、無職、井脇正行容疑者(53)=強盗致傷罪などで起訴=を再逮捕した。
 再逮捕容疑は4月4日、大阪市東成区の理髪店で散髪後に、経営者の女性(46)を包丁で脅してレジから現金約5万5千円を奪った上、散髪代の支払いを免れた疑い。
 同署によると、「近畿や中四国、九州で盗みをした」と供述している。
 井脇容疑者は4月9日、岡山市の生花店で経営者の女性(53)にけがをさせ、現金約2万4千円を奪ったとして強盗致傷容疑などで逮捕された。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120530/crm12053011480011-n1.htmMsn_s1_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国スパイ疑惑「副大臣なぜ深入り」疑問広がる(30日)

警視庁から出頭要請された中国大使館の1等書記官(45)が深く関わっていた農産物の対中輸出促進事業。この事業は書記官の関与が明らかになる前から、正当性や実現性を巡り、疑問の声が続出していた。
 筒井信隆農水副大臣らが「農産物の輸出促進」という事業の意義を強調し、「指導力」を発揮すればするほど、「なぜ、そこまで深入りするのか」といぶかる声が農水省内では上がっていた。
 「問題の多い事業だが、副大臣が主導しているので、省としても付き合わざるを得ない」。ある省幹部はそう話すとため息をついた。
 同事業は、北京の施設で3000品目以上の日本産農産物やサプリメントを常時展示して販売することで、対中輸出を推進させるもので、2016年には年間5000億円の輸出額達成を目標にしていた。
 筒井副大臣らは「コメ20万トンを輸出できれば減反の必要はなくなる」などと意義を強調。10年12月、筒井副大臣本人が訪中し、中国側のパートナーとなる国有企業「中国農業発展集団(中農)」と覚書を締結することで事業は開始した。
 日本での説明会は農水省が主催するなど、当初は同省も全面的にバックアップする姿勢だった。11年3月に福島第一原発事故が起き、中国が一部の都県の食品輸入を停止するなどしても中断されることはなかった。(

2012年5月30日07時30分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団同士の宴会に場所提供 都内の幹部2人と中華料理店経営者に暴排勧告(30日)

暴力団同士の宴会と知りながら会場を提供したとして、東京都公安委員会は、都暴力団排除条例に基づき、指定暴力団2団体の幹部と東京都港区の中華料理店の経営者に対し、違反行為をやめるよう勧告した。昨年10月に施行された都の同条例に基づく勧告は2例目。
 警視庁組織犯罪対策3課によると、この中華料理店は昨年12月中旬、1人約3万円相当のコース料理を出すなど、両団体の構成員ら約30人が出席し行われた親睦会の会場を提供していた。ともに事実関係を認めており、店側は「高い料理を頼んでくれる上客だった」などと話したという。
 同条例では、暴力団と知りながら事業者が会合場所を提供したり事務所の工事を請け負うなど、暴力団への利益供与を禁じている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120529/crm12052918560027-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

動物の角の置物で殴り義父を“殺害” 58歳男逮捕(30日)

群馬県桐生市で、58歳の男が妻の父の頭などを動物の角の置物で複数回殴って殺そうとしたとして逮捕されました。
 トラック運転手の三森康夫容疑者は、29日午後5時から6時までの間に、桐生市の自宅で、同居している妻の父・田村久作さん(82)の頭などを動物の角の置物で複数回殴って殺害しようとした疑いが持たれています。警察によりますと、三森容疑者の長女が110番通報をし、駆けつけた警察官に対して三森容疑者が「殺すつもりでやった」と話したことから、緊急逮捕したということです。田村さんは病院に搬送されましたが、まもなく死亡しました。調べに対して三森容疑者は、「口論していてかっとなってやった」と容疑を認めています。警察は、容疑を殺人に切り替えて動機など詳しい状況を調べる方針です。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220530007.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

生活保護費などだまし取った疑いで逮捕(30日)

暴力団組員の42歳の男が組員であることを隠して、生活保護費や医療費などおよそ1260万円をだまし取り、逮捕されていたことが警視庁への取材でわかりました。
 詐欺の疑いで逮捕されたのは、松葉会系暴力団幹部、菅野靖容疑者(42)です。警視庁によりますと、菅野容疑者は2009年7月から今年5月までの間、暴力団組員であることを隠して葛飾区の福祉事務所から生活保護費や医療費などあわせておよそ1260万円をだまし取った疑いが持たれています。
 警視庁が福祉事務所に照会し、事件が発覚したということで、菅野容疑者は容疑を認めているということです。(29日11:26)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5041213.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

示談金詐取:飲酒運転させ、わざと追突 愛知の5人逮捕(30日)

インターネットの出会い系サイトで知り合った女性2人を飲酒に誘い、わざと交通事故を起こして示談金名目で現金をだまし取ったとして、愛知県警岡崎署と刑事特別捜査隊などは29日までに、男5人を逮捕した。
 逮捕されたのは▽同県岡崎市赤渋町、無職、鈴木隆嗣(26)▽同所、無職、疋田拓也(25)▽同市羽根町、会社員、黒柳正人(29)▽同県豊田市高岡本町、会社員、山崎慎一郎(28)▽同県豊明市二村台2、会社員、鈴木佳久(28)の5容疑者。
 逮捕容疑は、11年12月14日、鈴木隆嗣、疋田両容疑者が出会い系サイトで知り合った同県蒲郡市の女子大生(20)と同県西尾市のアルバイト女性(20)を岡崎市内のカラオケ店で飲酒させ、女子大生が運転する車にアルバイト女性を同乗させて移動。黒柳、山崎両容疑者が車でわざと追突し「警察に行きましょうか」と求めた。別の車で同行した鈴木、疋田両容疑者が「飲んでるからやばい。届けられたら困るから1人70万円くらいで140万円も出せば妥当じゃないか」と言い、翌15日に現金140万円をだまし取ったとしている。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20120530k0000m040149000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

20歳男を強盗殺人未遂容疑で逮捕 福岡ビデオ店員刺傷(30日)

福岡県糸島市のビデオ店駐車場で、万引きをしたとみられる客が追いかけてきた男性店員(25)を切りつけて逃げた事件で、県警は29日、佐賀県唐津市和多田先石、無職赤木義尚容疑者(20)を強盗殺人未遂容疑で緊急逮捕し、発表した。容疑を認めているという。
 捜査1課によると、赤木容疑者は19日午後10時半過ぎ、同店でDVDを盗んで店外に出たところ、呼び止めてきた店員の吉永裕樹さんを無言で切りつけて殺害しようとしたうえ、DVDを奪った疑いがある。吉永さんは首や頭、腹など全身約20カ所を切られたり刺されたりして一時重体になったが、今は快方に向かっているという。
 店内の防犯カメラや、店が記録していた過去の不審者情報などから赤木容疑者が浮上した。29日午前、赤木容疑者の部屋を家宅捜索して刃物やDVD、犯行時に着ていたとみられる衣服を押収し、事情を聴いたところ犯行を認めたという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

効果ない!発毛剤関連会社に社員殺害メール(30日)

発毛剤関連会社に社員を殺害するとの内容のメールを送りつけたとして、愛知県警中署は29日、長野県安曇野市三郷小倉、飲食店店員栗田達也容疑者(32)を威力業務妨害の疑いで逮捕した。
 「発毛剤を使ったが効果がなく、腹が立った」と話しているという。
 発表によると、栗田容疑者は先月25日未明、名古屋市中区内の発毛剤販売などを行う会社に「このまま悪くなるようなら、俺の通っているサロンのみなさんを殺しますから」と書いたメールを送信し、同社の業務を妨害した疑い。栗田容疑者は約2年前から同社の顧客だったという。
 相談を受けた同署がメールの送信元を調べ、栗田容疑者を特定した。(

2012年5月29日20時16分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性のツイッターに「殺す」…消防副士長逮捕(30日)

千葉西署は29日、千葉市花見川区武石町、東京消防庁本郷消防署消防副士長、加藤正之容疑者(25)を脅迫容疑で逮捕した。
 発表によると、加藤容疑者は今月21日夜、県内の女性会社員(24)の簡易投稿サイト「ツイッター」に「殺す」などのメッセージを送りつけて脅した疑い。
 女性と加藤容疑者はインターネットのブログなどで匿名でやりとりをしていたが、昨年夏、加藤容疑者が突然女性の自宅近くに来て面会。怖くなった女性がブログを閉鎖するなどしたところ、ツイッターに脅す内容のメッセージが送られてきた。加藤容疑者は容疑を認めているという。
 東京消防庁広報課の湯浅達也課長は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾。事実関係を確認し、厳正に対処する」と話している。

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国書記官、農水機密に接触…副大臣の部屋にも(30日)

中国大使館1等書記官(45)による外国人登録法違反事件で、農産物の対中輸出促進事業に関する農林水産省の機密文書が外部に漏れ、書記官も内容を把握していた疑いがあることが分かった。

 この事業は民主党の筒井信隆・農水副大臣が主導しており、書記官は副大臣室に出入りしたり、中国の国有企業を日本側に紹介したりするなど、事業に深く関わっていた。警視庁公安部は書記官の

諜報

(

ちょうほう

)

活動の一環だった可能性があるとみて関心を寄せている。
 問題の事業は、一般社団法人「農林水産物等中国輸出促進協議会」が、日本の農産物などを北京の施設で展示・販売する計画。中国の国有企業と提携し、協議会に参加する日本の農業団体や企業に、中国進出の足がかりを提供することを目的としていた。筒井副大臣は、自ら訪中して国有企業側と覚書を締結するなど同事業を主導してきた。
 関係者の証言や協議会の資料によると、事業の事務は、鹿野農相グループの衆院議員の公設秘書(当時)が担当。2010年12月に鹿野農相から農水省顧問に任命され、中国側との交渉などを行い、翌年7月に協議会が発足すると、顧問を辞めて代表に就任した。
 代表は、事業を進める中で、「取扱注意」などと書かれた同省の内部文書を入手しており、確認出来ただけで30枚を超えていた。中には、農水省が政府の統一基準に基づき、「機密性3」や「機密性2」に指定した文書が20枚近く含まれていた。機密性3は、3段階で最も機密性が高く、福島第一原発事故の影響を受けた国内のコメの需給見通しに関する文書などがあった。
 文書について、代表は「筒井副大臣などからもらった」と話している。漏えい行為は職員の場合、国家公務員法違反にあたり、副大臣は、罰則はないが大臣規範に違反する。(2012年5月30日03時02分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月29日 | トップページ | 2012年5月31日 »