« 2012年5月27日 | トップページ | 2012年5月29日 »

2012年5月28日

2012年5月28日 (月)

日本記者クラブ賞:本紙・萩尾信也記者に贈呈(28日)

今年度の日本記者クラブ賞を受賞した萩尾信也・毎日新聞東京本社社会部部長委員(56)の贈賞式が28日、東京都千代田区の日本プレスセンターであった。
 萩尾記者は昨年3月の東日本大震災後、被災した故郷の岩手県釜石市に住み込み、同5月から201回にわたり長期連載「三陸物語」を執筆。被災者一人一人から家族を失った悲しみや再生への思いを聞き出し、方言を生かした文章でまとめ上げた。萩尾記者はあいさつで「いろいろな方から話を聞き、つき合っていただいた。賞は被災地で暮らす方、亡くなった方、彼らに心を寄せる方々にささげたい」と述べた。
 萩尾記者は長崎県生まれで、9歳から17歳まで釜石市で育った。80年入社。東京本社社会部、外信部、バンコク支局特派員、サンデー毎日編集次長などを経て11年から現職。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20120529k0000m040026000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

バルーンアートで振り込め防止(28日)

振り込め詐欺の被害を防ごうと、埼玉県東松山市で、警察官が風船で文字などを作る“バルーンアート”を使って注意を呼びかけました。
これは東松山警察署が企画したもので、会場にはお年寄り80人あまりが集まりました。
警察官たちは、風船を結んだりねじったりして、文字や数字を作る“バルーンアート”で、振り込め詐欺の被害額や、「現金を受け取りにいく」などの犯人側がよく使う言葉を、わかりやすく説明しました。
最後に、こうした言葉を書き込んだメッセージカードを風船に添えて手渡し、被害にあわないよう呼びかけていました。
埼玉県警察本部によりますと、ことし1月から先月までの県内の振り込め詐欺の被害は161件で、去年の同じ時期より14件増えていて、被害額はおよそ3億4千万円に上っています。
参加した81歳の男性は「風船を使って数字などを出してもらうと頭の中に残るので良いと思います」と話していました。
東松山署の鈴木和さんは「目の前で風船をねじったりすることで興味を持ってもらえたと思う。振り込め詐欺だと思った時には慌てずに通報してもらいたい」と話していました。

News_pic1 http://www.nhk.or.jp/lnews/shutoken/1005355871.html?t=1338208756564

| コメント (0) | トラックバック (0)

窃盗未遂容疑者、10階からジャンプ (28日)

午後2時前、東京・渋谷区にあるマンションで、10階の事務所に侵入した男が事務所にいた男性と鉢合わせになり逃走しました。男は盗みに入ったとみられています。
 「男はあちらのマンションの10階のベランダから7階の屋上に飛び降りたということです」(記者)
 男は隣りの7階建てビルの屋上に飛び降りましたが、その際に右足をけがして動けなくなり、通報で駆けつけた警察官に住居侵入と窃盗未遂の疑いで現行犯逮捕されました。
 男は右足を骨折したということで、はしご車で1階まで運ばれ救急車に乗せられました。男は年齢が32歳とみられていて、警視庁は身元の確認を進めています。(28日20:22)

| コメント (0) | トラックバック (0)

点検装い盗撮カメラ設置 女性宅侵入容疑で専門学校生逮捕(28日)

温水器の点検を装い、女性宅に盗撮用カメラを設置したなどとして、福岡県警戸畑署は28日、住居侵入の疑いで、北九州市小倉南区中曽根2の9の23、専門学校生池田佳史容疑者(30)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は電気温水器販売会社の営業社員だった1月19日、温水器の点検を装って同市戸畑区のアルバイト女性(45)宅を訪問、盗撮用の小型カメラを仕掛け、翌20日、カメラを回収する目的で再訪し、侵入した疑い。
 同署によると、脱衣所のタオル掛けに小型カメラを設置。女性が服を脱ぐ姿を録画したという。
 池田容疑者は、女子高生のスカート内を盗撮したとして県迷惑防止条例違反で2月17日に現行犯逮捕され、処分保留で釈放されていた。
 同署が押収したパソコン内の動画から、女性宅での盗撮が発覚。他にも市内の複数の女性を撮影したとみられる動画約10本が見つかっており、詳しく調べている。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120528/crm12052819500015-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(28、29日単位・レベル)
事実なら許せない
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120507112217

もしそれが事実なら、マニュアル通りしかできない警察はさらに批判を受けるだろう。
 28日のテレビ朝日のモーニングバード。
  福井県大野市の九頭竜湖南岸に放置された冷凍庫から愛知県一宮市の飲食店店員(27)の遺体が発見された事件を取り上げていた。
 番組では被害者と結婚する予定の男性がインタビューに応じていた。それによると愛知県警一宮警察署に家出人相談した際の担当者が「家出人は3万人もいる」として捜査してくれなかったという。確かに、家出人の相談に全部応じて捜査していたら、警察官は現在の2倍も3倍の人員が必要になってくるだろう。
 しかし、相談の中で、被害者の自動車にいたずらが続いていたといい、さらに彼女が住んでいたマンションには、マンションが設置した防犯カメラ以外に自分でも防犯カメラを取り付けているなどストーカーに遭っていた可能性もあったと予想されたという。
 もしこれらの状況を無視し、単なる「キャバクラ」嬢として扱ったのなら、それは不作為と批判されてもしかたがない。婚約者は連絡がとれないと訴えると担当者は「いやになったからではないの」と言ったという。これが事実なら容認できない発言である。
 家出人の届けを全て調べろというのではない。しかし、今回のように特異な事情がある場合は担当者1人でも、マンションの部屋を調べるなどできるはずである。なんでも〝一絡げ〟にするのではなく、ちょっと動く工夫はできないものか。捜査ではなく単なる情報収集なら再雇用警察官でもできるはずだ。
2006_0810_004208nisho

東京・世田谷区や文京区にあるセルフ式のガソリンスタンドの自動精算機が壊され、現金が盗まれる事件が相次いでいるという。今年4月から多摩市などでも同様の事件が続発。警視庁は関連を調べている=TBS電子版
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

脱法ハーブでの救急搬送が激増、1年で20倍に(28日)

幻覚作用のある脱法ハーブが若者らの間で急速に広まる中、東京都内で吸引・摂取が原因とみられる体調不良で救急搬送された人が今年1~5月だけで91人と、昨年の20倍のペースで増えていることが警視庁のまとめでわかった。
 同庁は都と連携して販売店への立ち入り検査を強化し、厚生労働省も規制を強める方針だ。
 同庁幹部によると、脱法ハーブの吸引・摂取が原因とみられる搬送人数は、昨年は年間11人(11件)で月に1人の割合だったが、今年1月~5月18日の4か月半は91人(79件)で、月20人の計算になる。警察署別では渋谷が最多の25人で、次いで新宿が11人となっている。
 12人は男子高校生ら未成年者で、一度に3人が搬送されたケースもあった。今月16日には脱法ハーブが原因とみられる初の死者が出た。また、大阪市福島区の商店街で6日に起きた女性ひき逃げ事件では、脱法ハーブを吸引したのが原因だったとして、府警が塗装工・小泉武容疑者(22)を危険運転致傷容疑で送検した。
 急増の原因について、同庁幹部は「インターネットの書き込みなどで存在を知り、試そうとする若者が増えたため」とみる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

「お前たれ込みやがって」と脅迫 組幹部逮捕、警察に不正を通報した男性脅す(28日)

警察に不正を通報したと因縁をつけて脅迫したとして、警視庁城東署は、脅迫の疑いで、住所不詳、指定暴力団住吉会系組幹部、今野政司容疑者(40)を逮捕した。同署によると、容疑を否認している。
 逮捕容疑は3月21日、江戸川区西葛西の路上で、江東区の無職男性(54)に対し「お前たれ込みやがって。このままじゃ済まさないから覚えていろよ」などと脅迫したとしている。
 同署によると、男性は暴力団からカネを借りていたが、今野容疑者は借金返済後も取り立てを続けていたとして平成22年12月、警視庁から暴対法に基づく中止命令を受けていた。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120528/crm12052814430009-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

一時帰宅の男性、遺体で発見 福島・浪江町、自殺か(28日)

28日午後0時半ごろ、東京電力福島第1原発事故で警戒区域に指定されている福島県浪江町の倉庫で、男性の遺体を消防団員が発見した。
 県警は、27日に行われた浪江町民の一時帰宅で行方不明になっていた自営業の男性(62)と確認。首をつった状態で見つかった。「生きていても仕方ない」「夜よく眠れない」などと話していたといい、自殺とみている。
 政府の原子力災害現地対策本部によると、男性は27日午前10時ごろ、荷物の持ち出しなどのため、妻と自家用車で、浪江町の自宅と経営していた商店に一時帰宅。午前10時50分ごろ、男性の姿が見えなくなり、妻の親族が警察に通報した。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012052801001859.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

被害者、容疑者少年の写真公開 聴取時に撮影、ブログに(28日)

横浜市で3月に起きた軽乗用車の窃盗事件をめぐり、40代の被害者男性が警察で聴取を受けた際、容疑者の少年(19)の写真など捜査資料を接写、インターネット上の自分のブログで一時公開していたことが28日、分かった。神奈川県警監察官室が事実関係を調査している。 県警によると、公開されたのは、少年の写真のほか、車の発見現場で捜査員が車内から指紋などを採取する様子などの写真。男性はブログで「厳重な処罰を求める」などと書き込んでいた。県警の要請を受けた男性が既に削除した。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012052801001682.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

セルフ式ガソリンスタンドで盗難相次ぐ (28日)

東京・世田谷区や文京区にあるセルフ式のガソリンスタンドで、自動精算機が壊され、現金が盗まれる事件が相次ぎました。今年4月から多摩市などでも同様の事件が相次いでいて、警視庁は関連を調べています。
 26日午前5時前、世田谷区のセルフ式ガソリンスタンドで自動精算機の鍵穴が壊され、中から現金27万円が盗まれているのを店員が見つけました。防犯カメラには、3人組の男が車で乗りつけ、犯行後1分ほどで立ち去る様子が映っていたということです。
 また、同じ日の午前4時半ごろ、文京区のセルフスタンドでも自動精算機が壊され、現金65万円が盗まれているのを店員が見つけました。
 4月末から5月初めにかけて多摩市や町田市でも同様の事件が少なくとも5件相次いでいて、警視庁は関連を調べています。(28日11:12)

| コメント (0) | トラックバック (0)

関越道バス事故 運行会社の社長を逮捕、運転手も再逮捕(28日)

関越自動車道のバス事故で、群馬県警は、バス運行会社「陸援隊」の社長が、事故を起こした運転手にバス事業の名義を貸していたなどとして、道路運送法違反の疑いで逮捕し、名義を借りた運転手も再逮捕した。
逮捕された陸援隊の社長・針生 裕美秀(はりう・ゆみひで)容疑者(55)は、事故を起こし、自動車運転過失致死傷の罪で起訴された河野化山(こうの・かざん)容疑者(43)に、2011年8月ごろから2012年4月にかけて、陸援隊の名義を貸して、無許可でバス4台を運行させていた疑いが持たれている。
また、河野容疑者も2011年12月、中国人旅行客など20人を相手に、無許可でツアーを開催したとして、道路運送法違反の疑いで再逮捕された。
群馬県警は、28日朝から針生容疑者の自宅などの家宅捜索を行っていて、針生容疑者のずさんな会社運営が、安全管理の不備につながったものとみて、実態解明を進める方針。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00224189.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

備前長船など日本刀12本盗まれる 大阪の骨董品店(28日)

28日午前3時10分ごろ、大阪府豊中市千里園の骨董品店で「店から覆面の男2人が出てきた」と新聞配達中の新聞配達員の女性から110番があった。豊中署によると入り口のドアがこじ開けられ、店内にあった日本刀や現金入りの手提げ金庫が盗まれていた。同署が窃盗事件として捜査している。
 豊中署によると、盗まれた日本刀は12本(計約1500万円相当)。1500年代の「備前長船清光」など、1本約300万円相当の名刀が含まれていた。金庫には現金約5万円が入っていた。当時、店内は無人で施錠されていたが、防犯カメラはなかったという。
 男2人が店の前に止めていた乗用車で逃走する様子を、女性が目撃。同署が行方を追っている。店主の男性(62)は「高価な日本刀ばかり狙われたので、犯人は知識があるのかもしれない。売ればすぐに発覚するので、どうするつもりなのか」と首をかしげた。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120528/crm12052814040006-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

取り分わずか2千円! 売春目的で貧困層のタイ人女性を450万円で売買 男女3人逮捕(28日)

タイ人のリス族の女性を売買し、群馬県・伊香保温泉で働かせたなどとして、警視庁保安課は28日、人身売買の疑いで、住所不定、無職、笠原和也容疑者(36)と、いずれもタイ国籍で、住所不定、無職、ラオヤン・マリー容疑者(31)と同県渋川市伊香保にある飲食店「サンシャイン」の経営者、キムラ・アスミ容疑者(41)を逮捕した。
 同課は、笠原容疑者が貧困層のリス族の女性を狙って入国の手引きをしたとみている。ラオヤン容疑者は容疑を認め、笠原容疑者らは否認しているという。
 笠原容疑者らの逮捕容疑は、1月15日ごろ、同市伊香保のサンシャイン近くのアパートで売春させる目的で、タイ国籍の女性(24)を450万円でキムラ容疑者に売り渡したとしている。
 同課によると、女性は450万円の借金を背負わされた上、旅券を没収され、店の近くに住まわされて行動を管理されていたという。1度の売春で得た2万円のうち2000円のみを取り分として与えられていた。
女性はサンシャインが警視庁の立ち入り調査を受けた後、栃木県内の別のスナックに移動させられ、再び売春をさせられていたが、在日大使館に電話をして助けを求め、保護された。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120528/crm12052814140008-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警戒区域にある福島・浪江町に一時帰宅していた男性が行方不明(28日)

福島第1原発事故の警戒区域にある、福島・浪江町に一時帰宅していた男性の行方がわからなくなり、警察などが捜索を続けている。
行方がわからなくなっているのは、浪江町の自営業の60代の男性で、27日、妻と2人で南相馬市の中継基地を出発し、自宅と店に一時帰宅した。
それからまもなく、妻が店で男性を見かけたのを最後に、車を置いたまま、行方がわからなくなったという。
男性は携帯電話などを持っておらず、警察と消防が捜索を続けている。
警戒区域に一時帰宅した人が行方不明になったのは、今回が初めてとなる。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00224161.htmlLogo4_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

陸援隊社長に逮捕状 バス事故運転手に名義貸しの疑い(28日)

群馬県の関越自動車道で46人が死傷した高速ツアーバス事故で、群馬県警は、道路運送法違反(名義貸し)の疑いで、バス運行会社「陸援隊」(千葉県印西市)社長の針生裕美秀(はりう・ゆみひで)容疑者(55)の逮捕状をとった。28日にも逮捕するとみられる。捜査幹部への取材でわかった。
 バスの運転手河野化山(こうの・かざん)被告(43)=自動車運転過失致死傷罪で起訴=にも、個人のバス4台で中国人らを相手に無許可でツアーを開催した疑いがあり、県警は、河野被告も道路運送法違反(無許可営業)で再逮捕する方針。
 県警は28日朝から、陸援隊の関係先を同法違反容疑で家宅捜索している。関越道で事故を起こしたバスは陸援隊のバスで名義貸しにはあたらないが、陸援隊と河野被告の間で名義貸しが常態化していたとみて、関係書類を押収して調べる。同法の名義貸しと無許可営業は「3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金」と定められている。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

福島・鏡石町で男が女性を包丁で切りつけ、屋根の上に居座る(28日)

福島・鏡石町で、男が女性を包丁で切りつけ、屋根の上に居座る事件があった。
捜査員の説得に応じず、屋根の上に座り込む男。
鏡石町に住む60代の無職の男は、27日午前9時ごろ、自宅アパートで同居中の女性を包丁で切りつけてけがをさせ、隣の建物の屋根にのぼり、居座り続けた。
近所の人は「持ってましたね。出刃包丁みたいな」と話した。
事件から4時間後、男は屋根を下りて、捜査員に取り押さえられ、殺人未遂の容疑で逮捕された。
調べに対し、「病気のことで自暴自棄になった」などと供述しているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00224143.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

巡査長が強姦致傷容疑 同僚女性宅に侵入・犯行か 長崎(28日)

同僚の女性警察官のアパートに侵入したとして住居侵入容疑で現行犯逮捕された長崎県警大村署の交通課巡査長岡田章英容疑者(30)について、県警は27日、女性への強姦(ごうかん)致傷容疑も加えて長崎地検へ送検した。県警は、岡田容疑者は大筋で容疑を認めている、と説明している。
 捜査1課によると、岡田容疑者は25日午後6時ごろ、大村市内のアパートで、住人で大村署員の女性(27)の室内に侵入。帰宅した女性に襲いかかり、首に3週間のけがを負わせた疑いがある。女性が抵抗して110番したため、岡田容疑者はひるんで逃走。駆けつけた住人や警察官に取り押さえられたという。
 捜査1課は、110番通報でもみ合う物音が聞こえたことや、現場検証の上で、女性を暴行しようと侵入したと判断したと説明している。
 警務部長らが26日未明に開いた記者会見では「動機については捜査中」としていた。監察課によると、会見の段階では女性を暴行しようとしたことは「把握していなかった」と説明。処分については「事実が固まった時点で厳粛に処分する」としている。

Logo2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

京都のマンションで男性死亡、背中などに刺し傷(28日)

27日午前8時40分頃、京都市左京区浄土寺西田町、「鈴マンション」(5階建て)の最上階にある無職松本重雄さん(70)方で、松本さんが血を流してあおむけに倒れているのを、近くの知人男性が見つけて110番。
 川端署員が駆けつけたが、松本さんは背中など数か所に刺し傷があり、すでに死亡していた。京都府警捜査1課は殺人事件として同署に捜査本部を設置し、捜査を始めた。
 発表では、松本さんは一人暮らし。発見時、玄関は施錠されておらず、室内から凶器は見つかっていないが、財布や携帯電話は残っており、争うなどした跡はなかった。発見した男性は26日午後7~8時頃に松本さん方を訪ねており、府警は、その後に殺害されたとみて、周辺でのトラブルがなかったか調べている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

高速バス事故 怒声飛び社長土下座 説明会4時間(28日)

 関越自動車道の高速ツアーバス事故で27日に初めて開かれた被害者説明会。会場では怒声が飛び、バス会社社長が土下座した。「謝罪が遅い」「補償額の提示がない」。出席した被害者らは納得せず、説明会は予定より約1時間長い約4時間にも及んだ。
 会場となった金沢市内のホテルには27日昼ごろから、遺族ら約50人が来場した。バス会社「陸援隊」の針生裕美秀社長(55)は冒頭、用意した文書を読み上げ、謝罪。「土下座くらいできるだろう」などと怒声が飛ぶと、針生社長ら一同はひざまずき、1分以上頭を垂れた。
 事故でけがをした石川県宝達志水町の男性(64)は終了後「社長の謝罪は通り一遍の内容で、誠意が感じられなかった」と記者団に不満をあらわ。長女(18)が事故に遭った茨城県の桐原政江さん(56)は「説明会にはほとんど納得できない。得るものは何もない」と憤った。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

民家に脚のない猫 6件目、動物虐待か 兵庫(28日)

27日午前11時10分ごろ、兵庫県高砂市高砂町鍵町にある民家の敷地内で、右の後ろ脚がない猫が死んでいるのを、住人の親族が見つけて110番した。
 10日以降、猫やキジバトが首を切られたり、腹を切られたりしているのが高砂市1件、隣接する同県加古川市で4件、相次いで見つかっており、今回で6件目。
 6件はいずれも半径約2キロの範囲で起きており、高砂署は動物愛護法違反の疑いで捜査し、関連を調べている。
 高砂署によると、猫は体長30センチほどで、民家の門から約2メートル入った木の茂みで死んでいた。死後2~4日経過しているとみられ、脚を切断した詳しい原因は分からないとしている。
 現場は山陽電鉄高砂駅から南西約500メートルの一戸建てが多い住宅街。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120528/crm12052800470001-n1.htmMsn_s1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

死体遺棄容疑で2人逮捕 名古屋、男性殺害事件で(28日)

名古屋市名東区の路上で4月30日未明に甲村真敏さん(33)の遺体が見つかった事件で、愛知県警名東署捜査本部は27日、死体遺棄の疑いで男2人を逮捕した。
 捜査本部は甲村さん殺害への関与についても詳しく調べる。
 捜査本部によると、甲村さんは首を細いひもで絞められており、司法解剖の結果、死因は首を圧迫されたことによる窒息死だった。
 ほかに顔に殴られたような痕があり、首や背中の約10カ所を刃物のようなもので刺されていた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120528/crm12052800420000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月27日 | トップページ | 2012年5月29日 »