« 2012年5月24日 | トップページ | 2012年5月26日 »

2012年5月25日

2012年5月25日 (金)

“通り魔事件”で少年を家裁送致(25日)

埼玉県と千葉県で中学生と小学生の女の子が相次いで刃物で切りつけられた事件で、さいたま地方検察庁は、逮捕された17歳の少年を殺人未遂などの疑いで家庭裁判所に送りました。
 この事件は、当時高校生だった埼玉県三郷市の17歳の少年が、去年11月と12月に三郷市と千葉県松戸市で中学3年生と小学2年生の女の子に相次いで刃物で切りつけてけがをさせたほか、自宅周辺でバイクに火をつけたなどとして逮捕されたものです。
さいたま地方検察庁は、25日、殺人未遂や器物損壊などの疑いでこの少年をさいたま家庭裁判所に送りました。
これまでの調べに対して少年は「最初は遊びのつもりで猫を殺していたが、対象が動物から人間、女の子に変わった」などと供述しているということです。
さいたま家庭裁判所は、少年を2週間の観護措置とし、犯行に至るまでのいきさつや動機の解明を進めたうえで、少年の処分を決めることにしています。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120525/t10015387631000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺容疑:身分隠しゴルフ、組長ら4人逮捕 奈良県警(25日)

暴力団出入り禁止のゴルフ場で身分を隠してプレーしたとして、奈良県警組織犯罪対策2課などは25日、指定暴力団山口組直系の倉本組組長、川地敏之容疑者(49)ら男女4人を詐欺容疑で逮捕した。県警は4人の認否を明らかにしていない。
 川地容疑者の逮捕容疑は昨年5月3日、約款で暴力団組員の利用を禁じている奈良県内のゴルフ場で、組長であることを隠して施設を利用したとしている。
 これとは別に、兵庫県警も24日、同様の容疑で山口組直系の岸本組(神戸市)組長を逮捕した。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20120526k0000m040094000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

新宿のホテルでアイルランド人女性が死亡(25日)

東京都新宿区西新宿の「京王プラザホテル」で24日、高崎経済大学(群馬県高崎市)に留学中のアイルランド籍の女子大生、ニコラ・フロングさん(21)が室内で倒れているのが見つかり、死亡していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。フロングさんの死亡状況に不審な状況があり、警視庁は一緒にホテルにいた外国人男性から、詳しい事情を聴いている。
 捜査関係者によると、24日午前3時半ごろ、宿泊中の外国人男性から「一緒にいた女性の具合が悪くなった」とホテル側に連絡があった。ホテルから通報を受けた救急隊が駆けつけたところ、フロングさんが倒れており、搬送先で死亡が確認された。
 フロングさんは23日、都内のライブハウスへコンサートを見に行き、知り合ったこの男性とホテルの部屋に入ったとみられる。ホテルによると、男性は22日から宿泊しており、24日にチェックアウトする予定だったという。
 大学によると、フロングさんはアイルランドのダブリンシティ大学から1年間の予定で留学中で、今年7月末に帰国する予定だった。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120525/crm12052521060022-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

脱法ハーブ店強盗:「商品全部」奪い逃走 東京・町田(25日)

25日午前11時45分ごろ、東京都町田市原町田6の脱法ハーブ店で、開店前の店内に侵入した男が男性店員(19)にのこぎりのようなものを突きつけ「商品を全部よこせ」と脅した。男は同店にあったすべてのハーブ(約150袋)をポリ袋に入れ持ち去った。店員にけがはなかった。被害総額は60万円以上に上るとみられ、警視庁町田署が強盗事件として捜査している。
 同庁によると都内の脱法ハーブ店は82店(18日現在)あり、被害にあった店もそのうちの一つ。同店のホームページによると、商品は1袋(3グラム)4000円前後。
 同署によると、逃げた男は35歳ぐらいで身長約175センチ。坊主頭でサングラスをかけ、上半身に黒い服を着ていたという。現場は小田急町田駅南口近くの繁華街。【松本惇、黒田阿紗子】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20120526k0000m040041000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「こんなことやるな」店を脅して脱法ハーブ強奪(25日)

「こんなことやってんじゃないよ」と脅して脱法ハーブを奪い去りました。
 25日昼前、東京・町田市のハーブ販売店から「強盗です」と通報がありました。警視庁によりますと、押し入った男は、店員の男性にのこぎりを突きつけ、「こんなことやってんじゃないよ。商品を全部よこせ」などと脅し、脱法ハーブ150袋を店のゴミ袋に詰めて奪い去りました。店員にけがはありませんでした。男は35歳くらいで、身長175センチ前後、丸刈りで黒い上着を着ていたということです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子留学生ホテルで死亡 状況に不審点(25日)

24日、東京・新宿区のホテルの部屋でアイルランド人の21歳の女子留学生が倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。
警視庁は、死亡した状況に不審な点があることから、一緒にいた外国人の男性から事情を聴くとともに、遺体を詳しく調べて死因の特定を進めています。

警視庁などによりますと、24日午前3時半すぎ、東京・新宿区のホテルの部屋で、宿泊していた男性から「一緒にいた女性の具合が悪くなった」とホテルに連絡がありました。
ホテルから通報を受けて救急隊員が駆けつけたところ、女性が倒れた状態で見つかり、病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。
警視庁によりますと、死亡したのは、群馬県の高崎経済大学に留学中の21歳のアイルランド人の女子学生です。
警視庁によりますと、女子留学生は23日の夜、都内のライブハウスへコンサートに行き、そこで知り合った外国人の男性とホテルの部屋に入ったとみられるということです。
大学によりますと、女子留学生はアイルランドのダブリンシティ大学から1年間の予定で留学中で、ことし7月末に帰国する予定になっていたということです。
23日の昼間は大学の事務員にライブハウスへの行き方を尋ねていたということです。
警視庁は、女子留学生が死亡した状況に不審な点があることから、一緒にいた外国人の男性から事情を聴くとともに、遺体を詳しく調べて死因の特定を進めています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120525/t10015384661000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25、26日単位・レベル)
犯人に間違いないの!
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120507104553

  三重県名張市でぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡した「名張毒ぶどう酒事件」で、名古屋高裁(下山保男裁判長)は25日、殺人罪などで72年に死刑が確定した奥西勝元被告(86)の再審開始を認めない決定をした=産経新聞電子版
 当たり前ですよ。この事件、警察は相当の詰めの捜査をしているのです。毒物事件捜査の教材となっているのです。
 被疑者が犯行に使用した毒物のニッカリンは昭和35年8月9日に茶畑消毒用として本人自身が100CC入り1本を195円で購入している。周辺の地区では他に購入者がないところまで詰めている。犯行後、川に捨てたから自宅には残っていないのです。
 さらに被疑者は葡萄酒のビンにニッカリンを混入するさい、自分の歯で「せん」を抜いており、その歯形を科学警察研究所で鑑定した結果、「せん」に残された痕跡と被疑者の歯形が一致するなどの証拠まで存在するんです。
 もっと言うならポリグラフ検査ではニッカリンの処分など毒の部分でかなりの反応が出ています。供述も、自分が怪しまれると困るので「妻がやった」などと具体的に供述したり、犯行のヒントになったのは事件記者のドラマを見て完全犯罪を狙ったなどかなり信憑性のある供述をしている。弁護団はブームとは言え、これを「無罪」にしようと売名行為をしてはいけません。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」にする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

巡査、指紋など鑑識資料を裁断…放置発覚恐れて(25日)

福岡県警は24日、同県警中央署の警固交番(福岡市中央区)に勤務する男性巡査(26)が、窃盗事件で採取した指紋などの鑑識資料をシュレッダーで裁断したなどとして、公用文書

毀棄

(

きき

)

容疑で福岡地検に書類送検し、減給10分の1(6か月)の懲戒処分にしたと発表した。巡査は同日、辞職した。
 発表によると、巡査は昨年11月14日に窃盗事件で採取した指紋など計9枚の書類を今年2月15日、シュレッダーで裁断するなどした疑い。県警は送検時に「厳重処分を求める」との意見を付けた。
 巡査は採取翌日の11月15日に同署鑑識係に引き継ぐ際、書類の不備を訂正するよう命じられたが、そのまま放置。今年1月、使用していたバッグに入れたまま警察学校に入校したが、寮で持ち物点検があるとのうわさを聞き、発覚を免れるため同校で裁断した。
 シュレッダーの不具合で5枚しか裁断されず、3月15日に行われた点検で、ロッカーなどから、裁断されなかった4枚が発見された。

| コメント (0) | トラックバック (0)

断ったのに頼まれ…振り込め詐欺で1000万円被害(25日)

東京都世田谷区の一人暮らしの無職女性(63)が、おいを装った男から電話を受けて現金1000万円をだまし取られていたことが25日、警視庁世田谷署への取材で分かった。同署は振り込め詐欺事件として捜査している。
 同署によると、24日午前、女性方に男から電話があり、おいと思い込んだ女性が話をすると、「電車の中に携帯電話やお客さんに渡す小切手の入ったバッグを忘れてしまった。1000万円貸してほしい」などと求められた。
 女性は当初、「ウチにはお金がないから」と断ったが、何度も電話で頼まれたため、近くの金融機関で1000万円を引き出し、自宅を訪れた同僚を名乗る男に手渡したという。
 現金を渡した後、女性がおいの妻に電話し、被害に気づいた。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120525/crm12052516140018-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

週刊ポスト編集部員、大麻取締法違反容疑で逮捕(25日)

自宅で大麻を持っていたとして、警視庁愛宕署が大麻取締法違反の現行犯で、東京都港区三田、小学館の週刊ポスト編集部員、浜田盛太●(=郎の旧字体)容疑者(33)を逮捕していたことが25日、同署への取材で分かった。同署によると、浜田容疑者は容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、23日午前8時55分ごろ、自宅のテーブルの上に、ポリ袋に入った乾燥大麻約0・7グラムを持っていたとしている。
 同署によると、情報に基づいて浜田容疑者を任意で事情聴取した際に大麻を持っていることを認めたため、自宅を家宅捜索したところ、大麻が見つかったという。尿検査でも陽性反応が出たため、同署は今後、使用事実や入手経路などについて調べる方針。
 小学館は「職員が逮捕されたことを厳正深刻に受け止め、対処します」とコメントした。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120525/crm12052517500020-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

拳銃捨てて逃走 男らを逮捕(25日)

先月、東京・中野区で警察官の職務質問を受けた男が拳銃を捨てて逃走していた事件で、警視庁は、逃げていた男と現場にいた暴力団幹部の男2人を、銃刀法違反の疑いで逮捕しました。
逮捕されたのは、住所不定、無職の長谷川直容疑者(27)と、いずれも山口組系暴力団幹部の野村祐司容疑者(30)と石坂純也容疑者(29)のあわせて3人です。警視庁によりますと長谷川容疑者らは、先月17日、東京・中野区の路上に停めた乗用車の中で、拳銃1丁と実弾5発を隠し持っていたとして、銃刀法違反の疑いが持たれています。
路上にいた長谷川容疑者が車に乗り込んだあと、紙袋を持って降りてきたところを警察官が職務質問すると、長谷川容疑者は紙袋を捨てて逃走し、中から拳銃などが見つかりました。
警視庁によりますと、調べに対し長谷川容疑者は「拳銃ははじめから自分が持っていたもので、亡くなった組員からもらった」と容疑を認めているということです。
野村容疑者らは「身に覚えがない」と否認しているということです。警視庁は拳銃の入手経路を調べるとともに、47歳の暴力団組長の男が事件に関わっていたとみて、逮捕状をとって行方を捜査しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1005368361.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

遺体女性の車、車体番号削られる (25日)

愛知県一宮市の女性が福井県の九頭竜湖で遺体で見つかった事件で、女性の車の車体番号が削られていたことがわかりました。警察は何者かが事件の発覚を遅らせようとしたとみて捜査しています。
 今月21日、福井県大野市の九頭竜湖の湖岸に放置された冷凍庫から白骨化した女性の遺体が見つかりました。DNA鑑定の結果、遺体は愛知県一宮市の飲食店従業員・森岡まどかさん(当時27)と断定されました。
 「人気のある女の子、みんなから愛される子」(飲食店の店長)
 森岡さんは去年11月、勤務先の飲食店から帰宅した後行方不明になり、数日後、森岡さんが乗っていたベンツが豊田市内の山中の道路からナンバープレートが外された状態で見つかりました。車体番号はドライバーのようなもので削られ、カーナビもなくなっていました。
 森岡さんは以前にも車を傷つけられる被害にあったと友人に話していました。
 「車にいたずらされたことがあるという話は聞いている」(森岡さんの友人)
 警察は森岡さんが何らかのトラブルに巻き込まれた可能性があるとみて交友関係を中心に捜査を進める方針です。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5037876.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカー追跡バイクが接触事故 3人重軽傷(25日)

24日午後10時50分ごろ、東京都江東区青海の国道交差点で、警視庁東京湾岸署のミニパトカーが追跡していた2人乗りのオートバイが乗用車と衝突、オートバイは転倒し、歩行者の男性会社員(35)にぶつかった。男性は脳挫傷や両足骨折の重傷。
 同署はオートバイを運転していた東京都杉並区の会社員の男(21)を自動車運転過失傷害などの疑いで現行犯逮捕した。
 同署によると、現場は南北約100メートル、東西約50メートルの大きな交差点。ミニパトが赤信号を無視するオートバイを発見、停止するよう呼び掛けたが、オートバイは交差点を周回しながら逃走し接触事故を起こした。
 オートバイの速度は約40キロ。運転していた男は右足首を骨折し、同乗の男(20)も右足を打撲した。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

【名張毒ぶどう酒事件】再審認めず 開始決定取り消す 奥西元被告、特別抗告へ 名古屋高裁(25日)

1961年に三重県名張市でぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡した「名張毒ぶどう酒事件」で、名古屋高裁(下山保男裁判長)は25日、殺人罪などで72年に死刑が確定した奥西勝元被告(86)の再審開始を認めない決定をした。2005年の再審開始決定を取り消し、7度目の再審請求を退けた。弁護団は最高裁に特別抗告する方針。
 確定死刑囚が再審開始決定を取り消された例としては、免田事件(熊本)がある。免田事件の場合はその後、あらためて開始決定が出され、熊本地裁八代支部での再審で無罪となった。
 名古屋高裁は05年に奥西元被告の再審開始を決定。しかし、検察側の異議申し立てで同高裁の別の裁判長が06年に決定を取り消した。弁護側の特別抗告で最高裁は、毒物の科学的検討が尽くされていないとして、10年に審理を差し戻していた。25日の決定は検察側の異議申し立てに対する判断だった。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120525/trl12052510170001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

追突、逃走容疑で巡査部長逮捕 福岡県警(25日)

乗用車で玉突き事故を起こして逃げたとして、福岡県警は24日、久留米署西鉄久留米駅前交番勤務の巡査部長、鎌田新博容疑者(53)を自動車運転過失傷害と道路交通法違反の疑いで逮捕し、発表した。

 発表によると、鎌田容疑者は24日午前8時ごろ、乗用車で出勤する途中、福岡県久留米市安武町の県道で、会社員男性(55)の乗用車に追突し、同乗していた妻(48)に首をねんざする軽いけがを負わせて逃げた疑い。男性の乗用車は衝突の衝撃で、前に止まっていた車にもぶつかったという。「考え事をしていてブレーキを踏むのを忘れた。上司に叱られると思って逃げた」と容疑を認めているという。

 追突された2台は、近くの駐車場に車を止めたが、鎌田容疑者は脇道に入った後に逃走したため、会社員男性が110番通報。目撃情報から鎌田容疑者の車を割り出し、事情を聴いていた。鎌田容疑者は「23日の午後6時から8時にウーロンハイを2合飲んだ」と供述したというが、24日午前9時ごろの呼気検査では酒のにおいは確認されなかった。逮捕前の同日夕の時点でも呼気からアルコールは検知されなかったという。

続きを読むhttp://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Logo2

| コメント (0) | トラックバック (0)

NOSAWA論外また逮捕 自画像に隠して大麻密輸容疑(25日)

メキシコから乾燥大麻を絵画に隠して成田空港に持ち込んだとして、千葉県警薬物銃器対策課などは、大麻取締法違反などの現行犯で、東京都江東区亀戸、プロレスラー、野沢一茂(35)と同居のプロレスラー、大舘昌美(22)の両容疑者を逮捕した。
 同課によると、野沢容疑者は「NOSAWA論外」、大舘容疑者は「紫雷イオ」のリングネームでフリーのレスラーとして、それぞれ活動していた。
 絵画にはそれぞれの自画像が描かれ、乾燥大麻は絵と台紙の隙間に薄く伸ばした状態で隠されていた。
 調べに対し、2人は「絵画はメキシコのファンがくれたもの。大麻が入っていたことは知らない」と容疑を否認している。同課は自分で使用するために密輸したとみて、入手先などを調べている。
 逮捕容疑は23日正午ごろ、成田空港に乾燥大麻約75グラム(末端価格約45万円相当)を手荷物の絵画に隠して密輸したとしている。野沢容疑者は昨年2月にも、仙台市内で酒に酔ってタクシーを盗んだとして窃盗容疑で逮捕されている。

Head_logo1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120524/crm12052419160021-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

充満する高濃度ガス…トンネル爆発事故の原因は(25日)

新潟県南魚沼市の建設工事中のトンネルで24日、爆発事故が発生しました。トンネル内に4人が取り残されているとみられていますが、救出作業は難航しています。現場近くから小山アナウンサーの報告です。
 (Q.この爆発事故の原因は?)
 私は今、事故現場から1キロほど離れたところにいますが、今、規制が張られていまして、我々がこれ以上、中に進むことはできません。4人が取り残されているトンネル。可燃性のガスが漏れ出て、充満しているということは間違いないようです。そこで、なぜガスが漏れ出たのかということですが、今のところその原因は全く分かりません。事故があった工事現場にコンクリートを納入している地元の業者の話によりますと、「今は冬季間の休みがまだ続いているため、トンネルの掘削自体は行われていなかったはずだ」ということを話していました。「工事再開に向けた点検の時期なのでは」ということで、そして、そのトンネル付近には「ガス管などが埋まっていることは、まずあり得ない」ということで、その業者の人も首をかしげているような状況でした。午後5時すぎから投光機を積んだ車が現場に向かっている姿が目立つようになってきました。夜を徹しての救助作業が続くものと思われます。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220524045.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

冷凍庫遺体、挙式目前の女性に何が (25日)

福井県の湖に放置された冷凍庫から遺体が見つかった事件で、遺体は愛知県の27歳の女性と判明しました。女性は去年11月から行方不明になっていて、今年1月には結婚式を挙げる予定でした。
 愛知県一宮市に住む飲食店従業員・森岡まどかさん(当時27)。去年11月から行方不明になっていた森岡さんが変わり果てた姿で見つかったのは3日前のことでした。福井県大野市の九頭竜湖で業務用の冷凍庫の中から見つかった遺体。DNA鑑定の結果、森岡さんであると24日判明しました。今年1月には結婚式を挙げる予定だったという彼女にいったい何があったのでしょうか?
 森岡さんの姿が最後に確認されたのは愛知県一宮市内にある勤務先の飲食店を出ていくときでした。去年の11月24日深夜のことです。いわゆる“キャバクラ”に勤めていた森岡さん。
Q.指名多かった?
 「人気のある女の子だった」(森岡さんの勤務先の責任者)
 その後、森岡さんの行方はわからなくなりました。そして、不審な出来事が相次いで起きました。森岡さんは勤務先の飲食店から車で10分とかからない場所にあるマンションに住んでいました。普段はここの駐車場に止めてあった車が数十キロ離れた愛知県東部の豊田市内の山中で発見されたのです。
 「白のベンツですね。(普段)女性はちゃんと駐車場に車止めていたので」(近所の人)
 失踪の翌日に山の中で見つかった森岡さんの車。ナンバープレートが前後とも外され、タイヤがパンクしていたといいます。さらに、森岡さんの行方がわからなくなった後、交際相手の男性らが携帯電話にメールをしたところ、返信があったといいます。森岡さんからの返信には仕事に行く日付などが記されていたということです。ですが、そのメールも12月の初旬に途絶え、交際相手が警察に捜索願を出しました。携帯は今も見つかっていません。
 一宮市から遺体が見つかった九頭竜湖までは車でおよそ100キロの道のり。遺体の発見者によりますと、冷凍庫は流木とともに湖の岸に打ち上げられていました。ドアを開けると、すぐに白骨化した遺体が見えたといいます。
 「中を見てびっくりして通報した。完全に白骨化していたから臭くもなかったし、何の骨かなと」(冷凍庫を発見した人)
 警察の調べによりますと、遺体の右手首には長さおよそ17センチの金属製ブレスレット、首には長さおよそ40センチのネックレスをしていました。また、ハート型の汚れた時計も落ちていたということです。冷凍庫は高さ80センチ、幅74センチ、奥行き55センチで、20年以上前に製造され、現在同じ型のものは製造・販売共にされていません。
 今年1月に結婚式を挙げる予定だった森岡さん。
 「キャバクラも辞めるって話をしていた」
Q.結婚を機に?
 「そうですね。みんなの話を聞いてキャッキャ笑っている子。明るい子。信じられない、ショックですね」(森岡さんの友人)
 警察は森岡さんの交友関係を中心にトラブルがなかったか捜査しています。(24日22:25)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5037865.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月24日 | トップページ | 2012年5月26日 »